◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • 株式会社プロジェクトソラ、6月30日をもって解散。 ってつまりどういうこと?

     2012-07-12
    edit
    Nintendo Direct 2012.6.22|Nintendo
    ◇Nintendo Direct 2012.6.22|Nintendo



    株式会社プロジェクトソラ

    3DSソフト『新・光神話 パルテナの鏡』を制作した株式会社プロジェクトソラが、
    6月30日をもって解散したことが公式サイトや官報への公示でもって明らかになったという話題。


    そもそもどういった開発体制だったかなど事情を踏まえていれば、「へーそっかー」くらいの話ではあるんだけど、
    内情に特段の興味でもなければ設立の経緯や目的、社の形態などについて誰もが知っているワケではないし、
    「なんで?どうして!?」「桜井さんに何かあったの!?」「スマブラはどうなるの!?」といった混乱・心配もある模様。
    というかヨソの大きなゲームブログ様はそれを煽るんじゃなくて正しい事実を伝えるべきなんじゃないですかね。


    そこで、そういった疑問解消のための一助となるべく、
    「"ソラ"という会社はどういうものか」について、簡単かつ順繰りに説明していってみたい。






    ◆有限会社ソラ と ㈱プロジェクトソラ


    まず誤解しない為に覚えておきたいのは、通称"ソラ"と呼ばれうる会社には、この二つがあること。



    有限会社ソラ
    WiiのスマブラX開発の際に設立。
    曰く「桜井政博がフリーで働くための会社」で、ほぼ桜井氏個人が活動するスタジオ的。
    桜井氏は現在HAL研や任天堂の所属ではない、独立した立場です。これも誤解されがちだけど。
    こっちは変わらず存在。

    (株)プロジェクトソラ
    任天堂の次世代機ソフト(つまり3DSのパルテナ) を開発するために、任天堂と(有)ソラの共同で設立された会社
    一作品ごとのプロジェクト単位で開発者を募集・契約し、開発が終われば契約は終了、チームも解散するという形。
    パルテナの開発は、そういった形態のもと、中核の桜井氏と契約社員としての所属スタッフによって行われていた。
    今回解散したのはこっち。 

    ちなみにスマブラXも同様に、㈲ソラを中心に開発者を募る形で制作されていた。



    ◆つまりどういうこと?


    つまり「パルテナ開発のために建てた会社が」「パルテナの開発を終えた後」「解散した」という簡単なお話。
    シンプルにぶっちゃけると「目的を達成したので次に行った」ってとこですね。
    会社が解散とか清算とかいうとなんだかネガティブ~なイメージを抱く人が多いようだけど、
    別にそれ自体が悪い意味を持つものではないというわけです。つまるところ会社の目的次第。
    (株)プロジェクトソラについての話は何の問題もなくおおむねここで終わり。



    そして桜井氏が次に手がけるのは、WiiU/3DSのスマブラ新作。
    ならそっちはどうなるの? どこが作るの?プロジェクトソラが作るんじゃないの? というのが次の話。
    半分オマケ。




    ◆スマブラはどうなるの?



    前回のニンテンドーダイレクト後の記事でも紹介したように、
    スマブラ新作は有限会社ソラと、バンダイナムコゲームズ・バンダイナムコスタジオとの共同開発

    つまり、「ソラ・桜井氏×プロジェクトソラ」という開発体制の後ろ半分が入れ替わり、
    「ソラ・桜井氏×バンダイナムコ開発班」になったということになるわけです、と。


    【WiiU/3DS】大乱闘スマッシュブラザーズ新作、開発会社&スタッフ発表!
    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-948.html


    あらためて引用すると、
    「当初はスタッフ公募による開発を予定していたが、二作品を同時に開発することと、
     少しでも早くお届けすることを考えた結果、大規模なソフト開発経験とキャラクターゲームの実績があること、
     そして二作同時開発の為の十分な規模のチームを編成して貰えること」
    といった理由であるとのこと。


    2011年のスマブラ制作発表当時より開発体制については臨機応変に一番よい方法を考えるとの発言もあり、
    つまり公募で有志をイチから集めていくよりも、大規模で実績ある所と積極的に提携すべきと判断した模様。
    対談と上記の理由を見るに、開発が長期化しすぎることを危惧しただろうか。

    Google - キャッシュ株式会社プロジェクトソラ - 特別対談 vol.2: 7 まとめ



    以上を踏まえて、目にした疑問に勝手に回答をつけてみる。

    「プロジェクトソラが解散したからバンナムとやるの?」
     → 順序で言えば、バンナムとの共同開発が決定して役目を終えたプロジェクトソラが解散というのが自然では。

    「じゃあこれまでの開発者はどうなるの?クビなの?」
     → もともと「プロジェクトごとに開発者を募集する」ものなので、パルテナが開発終了した時点で契約満了。
       人員そのままでスマブラ開発にスライドするといった予定もなかった。クビとかそういった話自体が全く違う。

    「スタッフいなかったらパルテナの続編とか作れないじゃん!」
     → 開発の態様からしても、元々続編を作る予定はないんじゃないでしょうか。
       そもそも、桜井氏はパルテナ後にスマブラに取りかかるのが決定していたのだし、
       仮に続編を作るとしても、同じく形態からしてスタッフそのままで続投することはないだろうし。
       これもパルテナの続編がありうるか、作れるかとは全く別の話。

    といったところか。



    ◇WEBアーカイブ - 株式会社プロジェクトソラ - 特別対談:はじめに 〜 1 桜井政博がフリーになってしたかったこと
    ◇WEBアーカイブ - 株式会社プロジェクトソラ - 特別対談 vol.2:はじめに 〜 1 『スマブラ』を2作同時に開発する

    対談記事はHP閉鎖準備のためすでに消えているので、アーカイブから発掘。
    取得されてないページはGoogleキャッシュで見るなりなんなり。





    これまでにある情報を並べただけで簡単に経緯を窺い知ることはできるので、それを一言にまとめると。


    「別に悪い話じゃないんだからムダに心配するこたぁなくね?」


    ということで一つ。



    ぶっちゃけ問題といえば、社長が訊くとか対談記事とかが好きな自分にとって、
    プロジェクトソラ公式サイトの閉鎖に伴って過去の対談が見れなくなるということが一番の問題。
    こちらも役目を終えたということなのだろうか、しかしもったいないので任天堂公式の方に移管してくんないかなあ。




    ※2013年6月追記

    というわけで順調に開発は進んでいるようで、映像とともに正式公開されましたね。



    大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U|公式サイト
    ◇ のこのこや:【WiiU/3DS】スマブラ最新作、映像初公開。 新たにロックマンやぶつ森主人公の参戦決定!


    関連記事


    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/992-e8602038

    ブログパーツ