◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • 【3DS】 ブレイブリーデフォルト、体験版第三弾"バトル編"を6月27日より配信。今回も意見募集あり。

     2012-06-27
    edit
    ブレイブリーデフォルト | SQUARE ENIX
    ◇ブレイブリーデフォルト | SQUARE ENIX
    ◇『ブレイブリーデフォルト』特設ページ | SQUARE ENIX MEMBERS





    ブレイブリーデフォルトの体験版、第三弾"バトル編"が6月27日より配信開始。
    バトル編と銘打たれた通り、前回は僅かだけだった戦闘面を中心とした内容になっている模様。
    新キャラのイデアと共に、4つのジョブから2つを選んで今作独自のシステムを交えてバトルに挑む。


    ◇「BRAVELY DEFAULT」体験版第3弾は6月27日に配信開始。新キャラ「イデア・リー」のARムービーや...


    また、今回の体験版配信後にも、前回と同様、特設ページで意見を募集するとのこと。
    製品に反映できる機会としてはこれで最後になるらしいので、しっかりプレイしてみたい。


    今年発売の完全新規RPGとして、ダイレクトでもそこそこ大きく扱われるなど、なかなかに注目が大きい本作。
    それに堪え得る内容になっていることを祈りたい。



    (※以下、体験版の内容や攻略ポイントについて追記。)



    ◆プレイ上のポイント

    ・ティズとイデアの二人組で、それぞれナイト・モンク・黒魔道士・白魔道士の4つからジョブを選択して開始。
    ・開始すると会話イベントを挟みながらの5連戦となる。会話中にXボタンで最初からやり直しが可能。

    ・今作独自のシステム、ブレイブ&デフォルト
     行動ポイント"BP"を溜めたり使ったりすることで、連続した行動が可能になる。
     BPは-3 ~+3の範囲で変動し、マイナスの間は防御も含む行動が一切できない。

     デフォルト : 防御態勢をとり、ダメージを減らすとともにBPを+1溜める。
     ブレイブ  : BPを使用し、連続行動する。最大+3回まで。つまり最大合計で4連続行動が可能。

     
     ブレイブによる行動数増加はBP0以上(行動可能)であればいつでも可能で、
     溜めたポイントを使って増やしたり、またポイントを前借りして行動を増やすことも可能。
     ただしマイナスになるまで借りた場合は、0に戻るまで一切行動できなくなるので駆け引きや役割分担が大事。
     当然、敵も使ってくる


    ・敵を全員同時に倒すと獲得資金に、
     1ターンで戦闘終了すると経験値に、
     ノーダメージで戦闘終了するとJPに、それぞれボーナスがつく。



    ◆第一戦 : ウルフ×3

     HP150前後。
     特別な行動は何もしない典型的なザコなので、もはや攻略法すらない。
     しかしそんな相手でもこちらの行動の選択の幅はある。

     ブレイブを使って行動回数を増やし、
     ナイトならアビリティ"踏み込み"を使って3匹連続で始末する、
     モンクならアビリティ"練気"で攻撃力を上げ、連続で全員殴るなどで楽に倒せる。
     しかしFF3のようなHIT数制になっているのでダメージにバラツキがあり、一撃で倒せないこともあるから注意。
     黒魔道士なら全体魔法3連発で一気にとか。



    ◆第二戦 : ウルフ×2、ソードゴブリン×3

     ソードゴブリンはHP180くらい。
     デフォルト( 防御してBP+1 )はしないが、ブレイブを使って2~3回連続で攻撃をしてくることもある。
     強くはないが鬱陶しい。

     防御してBPを溜めつつ様子を見て、すぐに行動できる奴から倒すか、
     ウルフを倒しつつ同様にゴブリンの様子を見ながら見ながら戦うなどすればいい。



    ◆第三戦 : ゾンビ×3

    HPは300以上? 高いHPと打たれ強さ、特殊攻撃"毒爪"による毒が厄介。
    行動パターンもこれまでのザコと違い、まず防御&BP溜め → 次のターンに4連続攻撃 を繰り返す。
    迂闊に手を出すと、防御に阻まれたり、無防備なところに3×4連続攻撃を食らうハメになったりする。
    幸いにして素早さは低いので、同ターン内なら確実に先手を打てるのが救い。


    対処法としては、1ターン目はこちらもデフォルト防御でBPを溜めること。
    2ターン目からは、ジョブによって対応が異なる。
    黒魔道士ならブレイブ全振りで敵全体にファイア連発でノーダメージ撃破が可能。
    ナイトなら、大人しくデフォルトで耐え忍ぶか、討ち漏らしが出そうな場合の掃除をする。
    モンクなら練気で攻撃を上げ、"剛撃"や通常攻撃で2体くらいは倒せる。運に左右されるのでナイト同様耐えてもいい。
    白魔道士なら、実はケアルでダメージを与えられるので、黒魔同様にブレイブ全振りでケアル連発で撃破が可能。

    またポーションやハイポーションでダメージを、フェニックスの尾で即死ダメージを与えられる。



    ◆第四戦 : アクアランタン、フレアランタン

    HPは各200くらい。
    アクアは1,2ターン目は防御してBPを溜め、3ターン目にブリザラを4連発。
    フレアは1ターン目からブレイブ×3で4連続攻撃をしてくる。双方、それを繰り返し。
    ブリザラは1発で単体100ダメージ、フレアは全体に30ダメージの"焚書"か物理攻撃を使う。
    素早さも高いらしく、行動ターンだとほぼ必ず先手を取られる。
    弱点はそれぞれ逆属性の火と氷。

    対処法としては安全策か速攻策。
    1ターン目を防御してフレアの連続攻撃をやり過ごし、
    2ターン目以降行動の止まってるフレアを倒し、アクアについても2ターン目で倒せそうなら倒してしまう。
    しかし3ターン目にはブリザラ4連発が来るので、無防備に受けることがないよう注意。

    速攻策としては、1ターン目からフレアの攻撃全無視で一気に両方とも叩きのめすという手段もある。
    フレアは防御しないので、こちらのブリザド1発やナイト・モンクの攻撃2回以内で確実に倒せるし、
    アクアは防御していても柔らかいので、同じように多くても2,3発の攻撃で倒せてしまう。

    時間をかけたくないなら速攻がオススメ。



    ◆最終戦 : 黒魔道士オミノス、シロケット

    オミノスがHP800~900、シロケットがHP200くらい。
    オミノスは行動可能になると、2,3回ブレイブし、3~4連続で魔法攻撃を使ってくる、の繰り返し。
    シロケットはデフォルト防御→2回行動を繰り返す。物理攻撃のほか、どちらかのHPが減っているとケアルラで回復。

    ボスポジションだけあって、パターンを把握せずに戦うと負ける可能性もある強敵。
    とはいえ決まった行動を繰り返すだけなので、わかってしまえば対応は簡単。


    最初のターンはシロケットは防御しているし、オミノスは3,4連続で魔法を使ってくるので大人しくこちらも防御。
    そして次のターンで防御が解けたシロケットを倒し、回復を封じる。
    以後はオミノスのBPが0に戻るタイミングに注意しながらコツコツと攻撃を重ねればOK。
    とにかくシロケットのケアルラで300以上回復されるのを防ぐのがカギである。
    オミノスが動くターンは防御でやり過ごし、溜まったポイントを使って動けないオミノスを殴ろう。
    決してBPマイナス状態で無防備に連続魔法を受けないように。


    速攻戦法として、
    最初のターンにモンクがブレイブ×3 → 練気 →剛撃 →剛撃 →剛撃で一気にオミノスを削り倒すというのも。
    ただし練気は確率で失敗するし、剛撃は命中率が低いので避けられやすいし、完全に運頼みの闘い方である。
    運が悪いと剛撃が全弾避けられたりもするし、1発でも外せば倒せないことも多いので、オススメではない。






    気付けばジョブを変えつつ10巡くらいはやっていた今回の体験版。
    喩えて言うなら、料理の一皿として一見の見た目と雰囲気と舌触りはいいが、
    その後食べ始めると味が出てくるまでにやたら長くかかるような、そんな感じの戦闘。


    最初の方に感じた不満や不親切さ、操作しにくさも回を重ねるうちに慣れ、敵の行動パターンを掴んでいくことで、
    元来「パターンを覚えて対処する」タイプのRPG戦闘が好きな自分はなかなかに楽しめた。
    やればやるほど面白さがわかる類の戦闘かもしれない。


    しかし慣れたとはいえ、UIの不満や不親切さ、操作しにくさが消えるわけではないし、
    戦闘のシステムやウリはパッと見ですぐに分かるのだけど、実際に触ってみるとテンポや流れの悪さで
    「やりたいことは分かるけど~」というような前置き付きでの評価にならざるを得ない。

    1作品通してずっとずっとこなしていくことになる戦闘に欠陥が多ければ、ゲームそのものの評価にも直結する。
    触って伝わりやすい面白さ、感触の良さ、快適さは絶対に必要だろうと思う。発売までの最優先事項。
    しかし果たして、10月発売までにどれほど手を付けられるものやら。いっそ延期しても許す。



    ここでは並べなかったが、様々な難点・不満点は大きな問題ばかりと言わざるを得ないので、
    開始された意見募集にこれでもかと叩き込んでおきたいと思う。また前回同様ブログにも上げたい。
    クラブニンテンドーでの体験版アンケートも開始されているので、そっちも使おう。



    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/960-6d5bc522

    ブログパーツ