◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • 第2次スパロボZ 再世篇 : プレイ中の呟き。13話~17話。

     2012-04-08
    edit
    第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇




    現状やっぱり日に5話ペース。
    いいさいいさのんびりでいいさ。ゆっくり行こうぜ。
    クリアした人もこの亀の歩みの記録を見てニヤニヤするがいいのぜ。

    長いルート分岐の後の合流でメンバーが一気に増えて更に楽しくなってきた。
    破界篇ではコマギレすぎる分岐ルートが不満点だったので、その辺りが改善された今回の感触は良い。
    合流して賑やかになり、キャラ同士のクロスオーバー会話という楽しみも出てきて進める意欲が増してきた。


    でもやっぱ、あっちスーパー多過ぎ、こっち少なすぎ(というか居ない)状態と、
    スーパー系の配分バランスは偏ってるとしか言いようがないので1機2機くらいこっちにも欲しかった。
    そこが今のところの少ない不満の一つか。


    そんなこんなで以下ネタバレ注意。

    ◇第13話 『 戦雲の扉 』
    ◇第14話 『 与えられた力 』
    ◆第15話 『 マン・アズ・ビフォー 』
    ◆第16話 『 次元の心央 』
    ◆第17話 『 朱禁城の花嫁 』


    13話でオリジナル勢力が動きだし、14話で別ルートと合流、
    15話ではクロウ復帰と共に因縁の相手が登場、16話ではオリジナル展開でまた大きく動き、
    17話では原作エピソードを順当に消化しつつもウイング好きとして胸を熱くしたり……などなど序盤の大きな山っぽい。

    破界篇終盤でゼロが託されたZEXIS召集コードと、それに伴い発動するエルガン代表の仕掛け。
    そして立場の確保と戦力結集と、前もって振ったネタが活きてくるのは順当ながらも悪くない。




    クセモノ揃いのオリジナルでの波乱の展開を越えた後の、ギアスとウイングのクロスオーバーで送られる17話、
    五飛が中華連邦でギアス展開との絡むのは想像の範囲内だったけど、それでも喜ばざるを得なかった。
    嫁を亡くしている五飛の口から出る「結婚は永遠の約束だ。それを軽んずることは許さん」という言葉は重く、
    星刻のシェンフー(神虎)と五飛の神龍が並び「神が遣わした龍と虎」として国を救うとはやるじゃないかコンチクショウ。
    Lといい、五飛自身のキャラがちゃんとクローズアップされることが多くなって嬉しいことよ。






    <オリジナル系>

    ・13話にて、Z主人公が一人セツコ&バルゴラ加入。
     機体性能は今いるリアル系の中でも上位の方、セツコの能力も高め、SP回復に援護攻撃、サイズ補正無視と良好。
     さすが主人公だ。

     …と思っていたら、数話後に速攻で離脱。お、俺の改造費が!
     あとやっぱせっちゃん不幸属性すごいな!


    ・ランドは反対ルートにもいない様子なので、登場はまだまだ先かな?
     Zでは4周中3周使ったので楽しみである。


    ・そして15話、我らが100万Gの借金男改め貧乏クジサラリーマン、クロウさん復帰。
     破界篇では格闘・射撃でそれぞれ武器性能が微妙に違っていたが、今回は両方を併せたようなオトク仕様に。
     それに加え、本人も援護攻撃・連携攻撃・強運で相変わらず使いやすい。最強兵装SPIGOT-VXも2種類あるからもう。
     それにしても彼の借金芸は神の領域。



    ・オリジナル敵、聖インサラウム王国始動。
     破界篇ではパールネイル、エメラルダンときて、今回はサフィアーダとディアムドと、やはり名は宝石系か。
     聖王に対して割と期待してたんだけど軟弱な坊ちゃんだし、アギラとアードラーを足して割ったようなババアはいるし。
     早くぶちのめしたい。


     ところで勝てない相手でもないし、ステージ上では勝った相手に実質負けたような扱いをされるのは嫌いです。
     負け惜しみを言うのは十歩譲っていいとしても、自分の手で出した結果が無視されるな扱いだと甲斐がないじゃない。



    ・クロウの過去の汚点、特殊部隊ファイヤバグも登場。
     イロモノの塊のような連中だったことは意外だが、まぁ別の意味で最低野郎どもっぽくはある。
     使用するアクシオカスタム・バーグラーが妙に強くてなんかムカつくぜ!
     PVでは黒いパールネイルに乗っていたマリリン・キャット隊長だけども、
     そのうちマリリン・キャットテールとかそんな感じにでもなるんでしょうか。

     しかしコンバットパターン・ファイズの原型って
     「敵を中央に固定」→「火器を集中」→「最後に中央突破」というファイヤバグの戦術だったのね。
     なるほど呆れるほど有効。



    ・ちなみに13話の撤退ボスは、ウイング+援護ケルディム、それぞれ5段階改造の最強武器で撃墜。
     このSRポイントはほぼ完全に改造前提だと思う。
     せっかく撃墜したのにの本気出してねーから実質お前らの負けです残念でしたーみたいな扱いにしないでください。
     ホント。




    <リアル系>


    ・なんかトロワが勝手にどっか行った。
     …のとほとんど入れ替わりに五飛&シェンロンが復帰。
     ユニット的な使い勝手としては、お願いだからドラゴンハングをもう少し良性能にしてくださいと言いたくなるが、
     シナリオ上でいい扱いをされたので目をつぶろう……と思ったけどやっぱどうにかしてください。
     せめてEN40でなく20~30でいいと思いますホントマジで。


    ・ルート合流にともない、リアル方面の人員としては、ガンダムDXやキングゲイナー、マクロスFの一部が加入。
     使いたいけど枠が限界である。


    ・サテライトキャノンのシステムが一部変更されたDX。
     今の時点では最大チャージ1なので使い勝手はほとんど大差なし。Gファルコンでどう変わるやら、期待。
     そして何気に目前に横5マスの範囲が追加されて、微妙に使いやすくはなっているMAPサテキャ。
     H&Aを駆使すれば活かせなくもない…?

     エアマスターやレオパルドは別行動中、そしてジャミルさんは一体どこへいったのやら。


    ・射程は全領域対応、通常兵装の燃費も良く、ENも低くなく、高位武器はサイズ補正無視のあるキンゲは優秀。
     フォトンマットとオーバースキル、切り払いでなかなか生存力もある…けど、
     今回敵がかなり当ててくるので過信は禁物。回避運用にはかなりの運動性強化が必要。

     二刀流の追加は嬉しいけど、スピード感よりもやたら重みのある一撃を強調しているのが気になったりする。
     ちなみに射程1~4のEN15でなかなかの性能。

     それにしてもゲイナー君はいい加減デフォルトでゲームチャンプ技能でいいと思う。


    ・マクロスFより、オズマ隊長とルカを除くメンバーが合流。
     アルトとミシェルはトルネードパックを装備しているので、戦力としてかなり向上。
     ミシェルの長距離援護は今回も頼りになるし、援護防御もバリアもあってフォローに活躍。
     アルト君も幸運があるので、自然にボスキラー役が回ってきそうなので頑張ってもらいたい。

     今回眼鏡は割れるのか、どういう条件なのかが気になる。
     アーマードクランとかその辺もあるし…




    <スーパー系>


    ・慢性的特機不足に悩まされていたが、合流により一気に大増員。これで思う存分使えるぜ!
     マジンガーにグラヴィオン、ダイガードにトライダーにザンボット、アクエリオンにガイヤーにバルディオス。
     鉄人にダンクーガ。あっちはなんという潤沢なスーパールートか…

     合流で解消されたとは言っても、分岐中のバランスの悪さは否めないので、1機くらいはこっちに寄越してほしかった。
     ガチの反政府活動ばかりだったから難しいのかもしれないが。


    ・全部書くとキリがないので、まずは新加入や優先して使う予定の機体から。
    ・バルディオスはスーパー系の割に高い命中力、2Lサイズの攻撃力、ヒットアンドアウェイの機動力、
     そしてデフォルト所持の援護攻撃で使い勝手バツグン。

    ・ソルグラヴィオンはSGブリンガーを使いやすく、
     個々の弾数は少ないものの弾数制の武器が多く、継戦能力は悪くない。
     底力Lvが低いので集中砲火を受けると意外ともたないので、そこを強化しつつ使うか。
     ゴッドΣグラヴィオンはいつになるのかしら。


    ・社長技能でPPボーナスのあるトライダーと、合体攻撃のあるザンボットはセット運用で。
     わんぱくアタックの燃費が良く威力も高いので、柔い雑魚から堅めの敵、ボス相手まで広くこなせる。


    ・ダイガードはまず地形適応の補正を最優先にA-アダプター支給。足の遅さを補うためにバーニアも。
     グレートパニッシャーは今はないものの、弾数とEN消費がバランスよく揃っているため、
     弱点を補えばけっこうな使い出がある。


    <ボーナス関係>

    一気に大量加入してメモるのも大変。


    ザンボット3 月が出ていると必ずムーンアタックがクリティカルに。
    トライダーG7: バード・アタックの攻撃力+300、射程+2。
    シャトル: 補給を受けた側の気力低下が無くなる。
    ゴッドマーズ: 『六神合体』を気力制限なしで使用可能になる。
    コスモクラッシャー: 移動力+1、トリプル・レーザーの攻撃力+500。

    シェンロンガンダム: ドラゴンハングの射程+2。
    ガンダムDX: 最大EN+150。

    ダンクーガノヴァ: 移動力+1、最大EN+100。
    マジンガーZ: EN回復(小)がEN回復(中)に強化。
    ビューナスA: 修理装置の範囲+2。
    ダイ・ガード: 対フラクタル・ノット兵器の弾数+1。
    キングゲイナー: 特殊能力『オーバースキル』の強化。
    パンサー: 移動力+1、最大HP1000、装甲値+500。
    ソルグラヴィオン: 自ターン開始時、自分及び隣接機のEN10%回復。
    グラントルーパー: 補給を受けた側の気力低下が無くなる。
    アクエリオン: HP回復(中)追加

    VF-25G ミシェル機: スナイパーライフル(精密)の威力+500、射程+2。
    ケーニッヒ・モンスター: 最大HP+500。装甲+400。
    クァドラン・レア: ピクシーフォーメーションの威力+400、CRT+30。
    マクロス・クォーター: 機体搭載時の回復量が100%になる。

    蜃気楼: 全射撃武器の攻撃力+300、EN+100。

    ブラスタ: 移動力+1、EN回復(小)追加。 
    バルゴラ・グローリー: 移動力+1、EN回復(小)追加。



    そのままの機体もあれば、効果の強化、違ったものへの変更など各種さまざま。
    DXはGファルコンでチャージ短縮されることもあってかEN増加へ。
    ソルグラヴィオンの範囲EN回復は面白い効果だ。トルーパーは完全に補助よりっぽい。
    ノヴァは破界篇時のボーナスがほぼ無意味だったからか、Fダンクーガとほぼ同じものへ。良。
    マクロスF系は前編と傾向は同じながらもどれもパワーアップ。
    蜃気楼はガウェインとC.C.暁を足したような強力ボーナスで、戦闘やMAP殲滅能力が向上著しいのが嬉しい。
    ドラゴンハングはなんかもーちょっとこう、他のありませんか。







    今のところ、まだ登場していない作品が多くありつつも、
    それが気にならないのだからまあ楽しめているのではないだろうか。

    オリジナル関連に関しては、現状判断評価保留。
    現時点ではお前らシャキっとしろという感覚が強いし、オチを見ないと何とも言い難い。




    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/806-aaf870c9

    ブログパーツ