◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • オーフェン解放者の戦場やRoATX2巻など、最近の購入物。

     2012-03-31
    edit
    548967841.jpg



    先日、Wii用にUSBキーボードを注文したついでに、
    どうせなら新刊と今までの買い逃しの分を挽回しようということでいろいろ購入。
    好きなシリーズの最新刊やら好きな作家作品の最終巻やらを集めてホクホク顔。


    ちなみに買ったキーボードはこれ。ケーブルが短いことを除けば概ね問題は無し。

    iBUFFALO フルキーボード USB接続 日本語 112キー 【PS3,Wii】動作確認済 ブラック BSKBU02BKiBUFFALO フルキーボード USB接続 日本語 112キー
    【PS3,Wii】動作確認済 ブラック BSKBU02BK


    バッファロー 2008-10-10
    売り上げランキング : 48

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【初回限定版】

    完全新作新シリーズの第二巻。
    「原大陸開戦」がオーフェンを筆頭とする戦術騎士団の壊滅、それに伴う政情の激変でまさに激動の始まりだったが、
    煽動者リベレーターの来訪という大きな動きはあるものの、「戦場」との言葉とは裏腹に話のテンポとしては少し地味め。
    しかし質は違えど面白さは変わらない。


    前巻では兄マヨールの記憶と目からキャラ造詣を深めていったベイジットだったが、今回は本人の視点で、
    優れた才知を備えながら、魔術に劣る、その一点だけで評価されてきたことへの根深い嫌悪が鮮烈に描かれている。
    彼女と行動を共にする革命集団についても、短い出番ながら強烈にキャラを立たせており、ベイジットの視点を通して愛着すら湧いてくる。そしてそれらが充分に浸透したその上で、彼らを練達した強靭な魔術士の暴威に曝させることで、一連の展開でベイジット達の描写を深めるだけでなく、外部から見た魔術士の脅威を印象付けることで劇中の「魔術士以外」の立場が抱く思いについても読む側に否応なく呑み込ませている。
    どうしても読者は主人公たち魔術士側の立場よりになるし、外部からの圧力や迫害に対しては理不尽に思える。
    それを外側の立場に感情移入させてからその視点で魔術士を視ることで、賛否はあれど一定の理解を刷り込むつくりは、
    狙っているのかどうかは知らないしそもそも狙いがあるのかも知らないけど、なんだかすごいとおもう。



    他、今巻最初の方に「クリーチャー」という言葉が出た時、目を見張ったファンは自分だけではないはず…と思いたい。
    旧シリーズからの読者にとっては、それはただの「化物」的な意味でなく特定の何かを指すものであり、
    それが今また登場し話に「繋がった」ことで、言い様のない興奮を覚えるものだろう。と思う。
    そーだ、そーいえばそーだった。かつて女神を目にし、人間でありながら人間を越え魔術を越え、来たるべき厄災に対抗しようとする試みは昔から存在してたんだった。しかも、皮肉にもヴァンパイアライズと似たものとして。
    かつてドラゴン種族からは魔術を取り込んだ人間種族、そして神人種族からは巨人化という事象をある意味で結果的に取り込んだようなものである「クリーチャー化」、厳密な意味は違えど「他者の形質を取り込んで強大化」するという人間の特質が表れているようにも思える。



    今回もっとも印象に残ったのはまずはその辺りだろうか。
    詳しく感想を書く機会があればまたいずれ。






    スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2)




    そんな2人のMyホーム(4)
    わたしのお嬢様 メイド服のお嬢様編 上巻
    わたしのお嬢様 メイド服のお嬢様編 下巻 ドラマCD付


    アニメ放送&配信中のポヨポヨ観察日記の作者「樹るう」氏の他誌での連載作品、完結巻×2。
    それにしても、4コマ作家は並行連載することも多いとはいえ、ポヨ、これら、さらに他の連載も並行してたとは恐ろしや。

    天才芸術家の父親と、そのマネージャーで有能大和撫子な娘、そして周囲の人間たちのドタバタ劇である「Myホーム」。
    20世紀初頭(たぶん)のロンドンを舞台に、良家のお嬢様とメイドの波乱万丈な生き様をコミカルに描く「わたしのお嬢様」。
    ポヨや猫漫画が今は一番有名な気もするけど、それ以外も面白いものが揃っているよと10年来のファンとしては勧めたい。
    とは言っても、Myホームはクレヨンしんちゃんと同じ雑誌に載っていたから知ってる人は多そうだけども。


    10年近く前、初単行本だったらしい「出たとこファンタジー」に偶然出会って以来のファンなのでガンガン話題にしたい。
    …とは言っても去年発売だった分とかを多く買い逃しているのはいかにも手落ち。続けて揃えていかねば。



    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/787-787a9ada

    ブログパーツ