◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    シアトリズム ファイナルファンタジー、プレイ中&現在の感想。

     2012-02-18
    edit
    シアトリズム ファイナルファンタジー
    ◇『THEATRHYTHM FINAL FANTASY 』 SQUARE ENIX公式ページ

    518269886.jpg
    パッケージの穴から覗く顔アイコン。かわいい。




    というわけで購入&帰宅後、一心不乱にプレイしております。
    現在シリーズモードをプレイし、なんとか1から13までこなしたところ。 
     (※作品別に OPテーマ→バトル・フィールド・イベント→EDテーマ とプレイするモード

    何時間も何プレイもぶっ通しでプレイできるのは自分的には珍しいことで、
    身体的にもメンタル的にも体力が落ち込み気味の最近ではかなり稀。 何というか中毒的な魅力がある。


    このゲーム、プレイ中の操作はほぼ全てをタッチで行うのだけど、それだけならタッチメインの作品にはよくあること。
    だけどシアトリズムはそんな操作の一つ一つですらも気持ちよく、触れているだけで楽しさがある。
    選択画面でアイコンをタッチすればまさに触れたような感覚を味わえる動きを見せ、
    リズムパートでもタッチで鳴る効果音どれもが軽快かつ綺麗で、音楽を彩りながらもリズムを取る手助けをしてくれる。
    タッチ効果音はプレイの邪魔になりはしないか?と事前映像の時は心配だったが、全くそんなことはないし、
    もはやそれ前提で身体がゲーム感覚を覚えていくくらい。もちろん要らないなら消せるし、音量調整も可能。
    開発会社のインディーズゼロはDSでの開発実績に定評のあるところなので、さすがということか。


    判定もそんなに厳しくないので、音感なしの音ゲー下手な自分でもそれなりに格好ついたプレイができるのは実によい。
    最初の方はアイコンを見ながら操作のタイミングを意識するばかりにズレることも多かったけど、「基本」難易度でのシリーズモードをクリアするうちにだんだん馴染んで、無理なく自然にノのれるようになってきた。重ねるうちに脳ミソにそれっぽい回路ができていった気分。


    シリーズモードをクリアしたことで、プレイした各曲がチャレンジモードでも自由選択が可能になり、
    「基本」の上の「熟練」難易度にも挑戦できるようになった為、やり込みとしてはここからが本番といった風情。
    まぁ、相変わらず「究極」難易度はクリアできる気もしないけども。 成長すればできるようになるだろうか?

    他、体験版ですでにBMS(バトル)、FMS(フィールド)については経験し、その時点でのめり込んではいたけど、
    残る一つのステージ、EMS(イベント)についても、実際製品版でプレイしてみるととても好印象。
    「なんで体験版でやらせないの?自信がないの?」と勘繰っていたのは全くの杞憂だった。
    縦横無尽にカーソルが動き回っていて操作が煩雑になりやしないかと心配だったのもそんなことはなく、
    基本のタッチ・ホールド・スライドに集中していればよく、バックに流れるダイジェストシーンに浸りながらのプレイが○。
    バックグラウンドムービーを気にするあまりミスってしまうのもご愛嬌。



    そして長く続けてダレずにプレイできるのには、いくつか理由があると思う。
    リズムパートに付随するRPG的なパーティ編成やアビリティ装備、成長・育成要素がうまくアクセントになってくれてる。
    初期に選べる1~13の主人公たちを好みに合わせて選ぶもよし、プレイするシリーズに合わせてキャラクターを入れ替えるもよし、バランスの良いメンバー・技能構成にするか、それぞれのモード・目的に最適化して組むか、とにかくお気に入りで行くか、考えるのもまた楽し。
    そして成長させ、新たなアビリティを覚えていくのを見守っていく楽しさがある。

    そうしてキャラクターやアビリティを換えればリズムパートにも反映され、違った動きを見せてくれて視覚的にも楽しい。
    また曲をクリアすることで加算されていくポイント:リズポには「シリーズ関連のキャラをパーティに入れる」や
    「全員男性」「全員女性」「何も装備しない」「アビリティをうまく使う」といったことで加算されるボーナスがあり、
    それを狙うことでも自然と変化が生まれていくので、飽きさせない仕組みが出来上がっているのがすごい。
    クリアの敷居を下げ、なおかつスコア向上の意欲を妨げず、それそのものも楽しみであるという、プレイヤーとキャラクターの二重の成長要素はよくできた構造…な気がする。褒めすぎかもしれない。



    またさらに、高難易度要素&すれちがい活用のシステム「闇の譜面」
    それぞれ譜面がランダムで生成され、クリアするたびに新しいものが手に入り、自分の所持する譜面を他人と交換できる上、
    こちらをクリアすればサブキャラクターを仲間にするためのアイテムを入手しやすいなど、楽しさと実益を兼ね備えたもの。
    前述のキャラクター成長や編成をそのまま反映するので、これまたやり始めればキリがないようなシステム。



    さらにさらに、これから定期的に追加されていくという楽曲のダウンロードコンテンツ。
    さっそく現在配信中のは全て購入・ダウンロードし、その中でのお気に入りは4の「最後の戦い」と7「星降る峡谷」。
    残念ながら容量の都合で収録選外になった曲は多いが、データを配信しSDカードに保存することで曲を増やせるため、
    今の時点でも意欲的に色々お届けしていきたいとの意欲がうかがえるこれは先が楽しみな要素の一つ。
    主だった曲を全部網羅するまでは続けていただきたい!





    長々と綴ってきたけども、結局のところ言いたいのは単純なひとこと。


    懐かしい! 楽しい! 気持ちいい!


    触って懐かしく楽しく気持ちのいいゲームなので、FFファンの人、リズムゲームが好きな人にはぜひオススメ。
    「FFは一部しかプレイしたことが…」という人でも、自分のプレイした作品をとっかかりに新たな作品に触れ、
    その一端を味わえるので、むしろそういう人にこそやって欲しいかもしれない。
    自分もFF11等はやったことがないけれど、「ロンフォール」の曲はとても印象に残った。




    シアトリズム ファイナルファンタジーシアトリズム ファイナルファンタジー

    キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス] (初回生産限定版:ARカード同梱) NEWラブプラス (通常版) 初音ミク and Future Stars Project mirai (通常版) 特典 ミニトートバッグ ミライ ノ トート付き 任天堂公式ライセンス商品 ピタ貼り for ニンテンドー3DS 新・光神話 パルテナの鏡

    by G-Tools



    まあ何というか、自分がSFC~PS1時代のスクウェアっ子だと改めて痛感する今日この頃である。

    ところであれだよ。この勢いでまたナンバリング移植とかリメイクとかやったらきっと売れるよコレ。ていうか買うよコレ。
    まずは手始めにPSやWS、GBAなど様々な媒体で展開、今はiOS向けにも配信しているFF1・2とかどうでしょうスクエニさん。
    パッケージでも配信でもいいからさ!

    あと5のリメイクもさ!
    FF3DSみたいなリメイクでも、PSP124みたいな移植のどっちでもいいから…というか両方くれ!

    つーかFFCCシリーズはどうなったオラァ!!


    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/727-ad3ec9ce

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。