◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • モンスターハンター3G プレイ記録 : 上位クエストの洗礼編。

     2012-03-02
    edit
    MH3G.jpg
    ◆CAPCOM:モンスターハンター3(トライ)G 公式サイト
    ◇CAPCOM:モンスターハンター3(トライ)G 公式Webマニュアル




    ( ゚Д゚)  <  上位だー



    ( ゚Д゚)  <  てはじめにジャギィ駆除だー



    ( ゚Д゚)  <  あ、ドスジャg……



    (;゚Д゚)    ………!?



       (((;゚Д゚)))   ガクガクブルブル





    上位クエスト入りたて、ひと山越えたハンターたちを待ち構える心理的トラップ。
    既にプレイ済みの方々にはお察しの通り、例のあそこです。はい。




    ■ジャギィノス10匹の討伐


    いやあ…おかしいとは思っていたのさ……
    「上位では想定外モンスターが乱入しますよ!」ってまっさきに説明されてんのに…
    よりによって雑魚掃討の依頼なのに「狩猟環境不安定」がないなんてさ……
    でもその時の俺は、違和感を覚えるよりも、上位フィールドに感じる新鮮さに心奪われていたのさ…
    ザコ敵を一撃で倒せない!見たことのない鉱石が採れる!虫がいる!まるで始めたてのころに戻ったようだ! ってさ…



    そこに来たのがあれですよ。 恐暴竜イビルジョー。 なにあれ。




    ドスジャギィを一撃で踏み殺し捕食。もはやちょっと大きいトカゲ程度の認識でしかなかったけども一応は大型獣、
    それが目の前で小型モンスターどころかエサのように扱われる様を見て、うっかり本気で怖いと思ってしまいましたとも。
    ラギアクルスとの初遭遇と似たようなシチュエーションではあったものの、インパクトはその何倍も。
    慌ててエリアから逃げ出し、息を潜めるように残りのジャギィを狩ってクエストは達成。
    そして残る一分で、これまでと一線を画すイビルジョーの巨体とその暴れる様を目に焼き付けておくのでした。
    その暴虐で恐怖を刻み付けてくれたその様、まさに恐暴竜



    この感情を例えるならあれですね。

    ブロリーを目の前にしたZ戦士の気持ちがよく解りました。





    あ、あと「絶対にこやし玉は常時携帯しよう」との意識も刻み込んでくれました。







    ■vsクルペッコ亜種

    気持ちを切り替えてのロアルドロスに続く亜種戦パート2、クルペッコ亜種。
    装備はだいたいいつものようにフロギィ装備、武器は……なんだっけ………とりあえずなんか太刀。

    火打石を使って炎を操る原種と違い、電気石で雷属性へと変わっている亜種。てか電気石ってなんだよ。
    「咆哮に束縛効果」「しっぽ振りに風圧効果」「新たに閃光で目くらまし攻撃」などが追加されているものの、
    基本的には原種とほぼ同じ対応策で十分な紅ペッコさん。だが唯一にして最高に厄介なのが、他モンスターの呼び出し。


    またお前か イビルジョー。


    とりあえず慌てず騒がず、こやし玉を投げ込んで別エリアにお引越し頂きながらペッコ殴りを続行。
    その後も何度か呼ばれるものの、その度に追い払いつつ、無事に討伐完了。
    スムーズに狩るには音爆弾での召喚妨害が大事そう。


    しかし、空を飛ぼうとした亜ペッコ先生がジョーさんに叩き落とされたりしていたのはちょっと面白かった。
    その後何度か戦った時も、くちばしを破壊されたりブレスに巻き込まれたりと、自分が呼んだモノの暴威にさらされる始末。
    同士討ち?を見守り続けたりしても面白そうだ。


    ■ドスシリーズ、ロアルドロス、ボルボロスとかその他。

    この辺りの既存モンスターについては上位でも下位とそんなに変わらない感じ。
    しかし動作が早くなったり、間隔が狭まって隙が減ったり、攻撃力は勿論高かったりで、
    戦っててやはり下位で始めたての頃を思い出してなかなか新鮮だった。

    けどもアオアシラにはちょいと困った。
    依頼クエストでは絶対に2頭同時な上に、分断してもしてもすぐに合流してツッコんでくるからもう。つがいかお前ら。
    幸いに体力は低いようなので、全力でまずは1匹を始末することを心がければ…楽?なんだろうか?

    他、港でリオレウスとも戦ったりしたけども、怒り時の行動がやたら早い気がしてなにこれこわい。




    ■リオレイア亜種

    これまでにいくつかの亜種と戦ったけれども、それらは自分的には原種と大差ない感じだった。
    しかし、今までと異なり、ガラリと変わった立ち回りを要求されたのがこの桜花竜・リオレイア亜種だった気がする。
    何度か狩った今ですらもまだ苦手。

    突進からの即サマーソルト、捻りを加えての斜めサマー、炎を吐きながらの噛みつき、溜めの少ない広範囲ブレスなど、
    新たな攻撃方法や行動パターンが、どれもこれも原種に慣れきった身に突き刺さる。

    突進に対しては常に回り込む、ブレス噛みつきは自分から見て左の範囲が狭い方に退避、
    斜めサマーはそれらしき予備動作が見えたらまっすぐ離れる……などを意識してはいるものの、やはりどうにもさっぱり。
    罠や爆弾を駆使して速攻で片付けるくらいしか自分にはできなさそうだ。おいおい慣れればいいか…







    というわけで出会った二つの関門、
    恐怖と暴虐の権化イビルジョーと、亜種の厄介さを身に染みて分からせてくれた桜花竜。
    レイア亜種は苦戦しながらも狩ること自体には不都合はなかったものの、
    イビルジョーは大きな壁となって心にのしかかる。


    こうなると、意地でもそれを拭わなければならないのが男の子というもの。



    次の目標は、今この時点でできる限りの備えでイビルジョー討伐だ!!



    というわけで、「上位入りたて(☆6)時点でできる装備と道具でジョーを倒す」ことを胸に、次回へ続く。





    モンスターハンター3G ザ・マスターガイドモンスターハンター3G ザ・マスターガイド
    電撃攻略本編集部

    モンハンぴあ (ぴあMOOK) モンスターハンター3G 3DS版 GREAT TRIAL BOOK カプコン公認 (Vジャンプブックス) モンスターハンター3G モンスターハンター3(トライ)G ルーキーズ・ガイド (エンターブレインムック) モンスターハンター3(トライ)Gオフィシャルハンターズガイド (カプコンオフィシャルブックス)

    by G-Tools




    ところで最新の攻略本って今どれなんでしょう。
    ゲームプレイが面白いと、攻略本も読んで楽しみたくなってくる。


    看板モンスターのブラキディオスにまだ会えてないし、早く会いたいのう。


    関連記事


    タグ : MH3Gプレイ日記

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/720-0b7cc11b

    ブログパーツ