◆新着記事

  • 03/13 スパロボT : CM第二弾公開。 東方不敗やユリカの姿も登場!  
  • 02/13 『 Nintendo Direct 2019.2.14 』 朝7時より放送決定。  
  • 02/13 スパロボDD : 第二弾PV、公開中。  
  • 02/08 2月7日の生スパチャンふりかえり。  
  • 02/06 すまほげカテゴリができました。  
  • 02/06 生スパロボチャンネル : 2月7日21時より放送決定。  
  • 01/19 スパロボT : 第二弾PV公開中! オリジナル主人公や、真ゲッタードラゴンも正式発表。  
  • 12/22 生スパロボチャンネル、次回は年明け1月11日21時から。スパロボTの新PVも公開。  
  • 12/12 スパロボT : 2019年3月20日発売決定。 今回も限定プレミアムサウンド版あり。  
  • 12/08 TやDD、X-Ωの情報をお届けの生スパロボチャンネル、12月11日(火) 21時より放送決定。  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    モンスターハンター3G プレイ記録 : ウワサのポンデライオン編。

     2011-12-29
    edit
    MH3G.jpg
    ◆CAPCOM:モンスターハンター3(トライ)G 公式サイト
    ◇CAPCOM:モンスターハンター3(トライ)G 公式Webマニュアル




    絶賛進行停滞中のMH3Gですコンバンハ。
    いややってないわけじゃないんですよ。プレイ時間は50時間に届いてるんですよ。でも進まないんですよ。
    無駄に好みの防具を揃えようとしたり、武器を網羅しながらやろうとするといくら金と素材があっても足りないわけですよ。
    村と森を徘徊しながら採取ツアーに行くのが楽しいわけですよ。
    もうちょっと…もうちょっとだけ…


    と、延々と村&森&採集&コレクションプレイを満喫したりはしているものの、
    何体か新たに大型獣を相手にしたりはしているので、プレイ記録はそこを区切りにつけてこうと思います。
    今回はポンデポンデとまともに本名を呼ばれることのないロアルドロスと、その後に出てきたドスフロギィ攻略。

    何がポンデなのかなーと不思議に思いつつも、これまた初心者の壁らしきロアルドロスに挑んでみた今回。




    ああ…こりゃどう見てもポンデライオンだわ…






    CA3F0947.jpg CA3F0948.jpg

    前回で作ったハンター装備に、ハンマーから手慣れた太刀・鉄刀【神楽】に持ち替えて挑んだロアルドロス戦。



    登場した瞬間ちょっと笑いましたね、正直。
    ロアルドロスちゃんマジポンデライオン。可愛くないけど。
    強いけど。でかいけど。こわいけど。転がるなコノヤロウ。


    前回のクルペッコ同様、今回のポンデちゃんも倒されることこそ無いものの、回復薬を使いきってのギリギリクリア。
    頭を振わせてからの横転がクセモノで、連続攻撃重視な太刀なので攻撃を重ねようとする内に轢かれることしばしば。
    水飛ばし攻撃や飛込み、噛みつきや尻尾などは直線的なので、最初はともかく見慣れてからはそう食らわなかったが、
    やはり横転が課題。 欲をかいて攻撃せずに、初心に戻ってヒットアンドアウェイを心がけるべきか。
    もしくは、攻撃をする際に頭を斜め前方から狙うようにして、攻撃範囲から回避一発で確実に離脱できる位置を取るか。


    そして今回のキモは、何と言っても初の本格的な水中ボス戦だろう。
    MH3の時は水中操作がうまくいかず、大きな壁となってここで積む人すらいたという話だが、ここはこれMH3G。
    ターゲットカメラによって、敵位置の把握や方向修正も思いのまま。 しかしなるほど、タゲカメなしではキツイだろうなぁ。
    基本的に敵モンスターの体中央にカメラが向くようになっているため、頭や尻尾を狙いたい時は多少の修正がいるけど、
    カメラ方向と移動方向が密接な水中でこそターゲットカメラの真価が発揮されていると思う。

    そのターゲットカメラの助けもあって、水中での戦闘はむしろ陸より楽なくらいだった。
    あくまで地面という平面上を動く陸とは違い、水中では三次元的に動けるため、上から下から攻撃は思いのまま。
    ロアルの攻撃も、陸での横転がりほど避け難いものはなく、地上より直線的な動きであったためにむしろ戦いやすかった。

    とはいえ、ウチケシの実を切らす、毒ナイフもうまく使えない、回復も底をつくなど、全体としてはかなりの苦戦だった。
    初見だし、こんなもんだろうか。 だが悔しい。ぐぬぬ。
    あ、あと敵の狙いを引き付けてくれるチャチャには大変助けられました。





    というわけで無事にロアルを狩り、一気に☆3のクエストが解禁。
    次の目標も示され、向かうは砂原、ボルボロス!!

    …とはあっさり進まないのが俺。クエスト埋めからかかることに。
    ロアルドロスの捕獲、水没林の虫退治、ドスフロギィの狩猟など。





    ●ロアルドロスとの再戦・捕獲。
    反省を活かし、きっちり毒ナイフは使う・ウチケシを切らさない・ヒットアンドアウェイを心がける。
    特にH&A戦法については全般を通じての基本らしいので、ここらできっちり叩き込む。
    というわけで、否が応にもその戦法をとらざるを得ない大剣の使用を開始。

    体験版で大剣は慣れていたし、上記の注意事項も心がけたこともあって、
    それなりに苦戦はしたものの初戦ほどズダボロになることもなく、捕獲は成功。毒ってどれくらい効果あるのかしら?


    それはそうと大剣。
    きっちり抜刀攻撃→回避運動→納刀の動きを心がけなければならないものの、
    高い攻撃力で薙ぎ払えること、溜め攻撃が決まった時の気持ちよさなどもあって、これもなかなかお気に入り。
    雑魚相手なら横薙ぎで一網打尽だ! ただやはり、溜めすぎて攻撃を食らったりすることもあるのは反省。


    ●ドスフロギィ狩猟。
    ロアルドロスへの苦戦もあって、入念に準備して挑んだドスフロギィ。
    しかし基本がドスジャギィとほぼ同じ動きで、毒噴霧についても前方にいなければ問題はなく、
    部位破壊で毒袋を壊せば少しも脅威にならない。

    拍子抜けするほどあっさり勝利。
    これでフロギィ装備が作れるぞ!








    というあたりで一区切り。

    CA3F0952.jpg


    ハンター装備ではまだ心許ない、攻撃力ももう少し欲しいということで、ジャギィ装備を生産&強化&採用。
    けっこう可愛いじゃない。 ジャギィのイメージとは裏腹になかなかおしゃれ。


    前回の記事でも書いたように、大剣・太刀・ハンマーの装備を収集しながら、しばらくは大剣メインで活動。
    次の目標は、今度こそボルボロス……ではなく、ここらでいっぺん腰を据えて、欲しい装備を一通り揃えることに専念。

    港のクエストも利用し、シナリオではまだ解禁されてない「凍土」への採取ツアーも活用してみようかな?







    関連記事


    タグ : MH3Gプレイ日記

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/655-e5c10293

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。