◆新着記事

  • 08/02 スパクロにて『無限のフロンティア』イベント開催中! に思ったことあれこれ。  
  • 07/25 スパロボV&X、ニンテンドースイッチとSteamに移植版発売決定! Vは10月3日発売。  
  • 03/13 スパロボT : CM第二弾公開。 東方不敗やユリカの姿も登場!  
  • 02/13 『 Nintendo Direct 2019.2.14 』 朝7時より放送決定。  
  • 02/13 スパロボDD : 第二弾PV、公開中。  
  • 02/08 2月7日の生スパチャンふりかえり。  
  • 02/06 すまほげカテゴリができました。  
  • 02/06 生スパロボチャンネル : 2月7日21時より放送決定。  
  • 01/19 スパロボT : 第二弾PV公開中! オリジナル主人公や、真ゲッタードラゴンも正式発表。  
  • 12/22 生スパロボチャンネル、次回は年明け1月11日21時から。スパロボTの新PVも公開。  

  • eショップ配信中の3DS新作ソフト紹介ムービー、6月28日まで。

     2011-06-26
    edit
     


    6月8日より、ニンテンドー3DSのeSHOPにて、
    ゲームイベントE3で出展されていた新作ゲームの紹介動画が配信中。


    ストリーミング配信でなく、3DS内 ( のSDカード ) に保存する形式なので、いつでも好きな時に気軽に見られ、
    また立体視に対応しているので、平面のムービーでは表現しきれない魅力も余すところなく伝わってくる。


    臨場感の向上と、やはり遠近感・奥行き・位置感覚が直感的にわかるのがすばらしい。




    配信ラインナップは、
    ■ スーパーマリオ (仮)
    ■ マリオカート    (仮)
    ■ どうぶつの森   (仮)
    ■ ペーパーマリオ (仮)
    ■ ルイージマンション2 (仮)
    ■ ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
    ■ スターフォックス64 3D
    ■ 新・光神話 パルテナの鏡
    ■ バイオハザード リベレーションズ
    ■ メタルギアソリッド スネークイーター 3D


    という10本。





    配信の期限が6月28日(火) までなので、まだ見ていないという人は、急いで確保するべし。










    ニンテンドー3DS フレアレッド
    ニンテンドー3DS フレアレッド
    任天堂 2011-07-14
    売り上げランキング : 22

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    任天堂公式ライセンス商品 コンパクトポーチ for ニンテンドー3DS レッド ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D STARFOX64 3D(スターフォックス64 3D) スーパーポケモンスクランブル 任天堂公式ライセンス商品 ピタ貼り for ニンテンドー3DS





    ↓~以下、それぞれへの感想とか。~↓ 


    ■ スーパーマリオ (仮)
     
     今年発売予定

     「スーパーマリオらしさにこだわった」というように、
     マリギャラのような3Dステージと、横スクロールのマリオを3Dに起こした感じのステージが見受けられる。

     立体視の魅力と特性をふんだんに活かし、画面奥から飛び出してくる物体やキラー、
     吹き上がる炎など、明らかに平面画面とは違う! というのがよくわかる動画。

     しっぽマリオやブンブンなど3の敵など、マリオ3とマリギャラを足したような雰囲気は、
     FCからSFCのマリオを体験してきた世代にとってはとても嬉しい。

     今のところ、これらの紹介ソフトの中で一番期待の一作。





    ■ マリオカート    (仮)

     今年の年末ごろに発売予定

     3D状態でも60fpsのとてもなめらかな映像に、
     グライダー(通称スーパーマリオカイト)による空中や水中要素、
     車体やタイヤ、オプションなどのカスタマイズ要素など、今までに無かった部分が面白そう。

     64以降ほとんどマリカはやってなかったけど、今なら対戦環境も充実してるし、久々にやってみたい。



    ■ どうぶつの森   (仮)

     たぶん来年発売。
     
     自分は今までのシリーズをやったことがないから多くは語れないけど、
     この箱庭的ゲーム性は、「手元の世界をリアルに覗き込む感覚」が味わえる立体視との相性はとても良さそう。

     DSで国内500万売ったゲームだから、そのままみんなが買う…ということはないだろうけど、
     この魅力をよりよく伝えることが出来たなら、こっちも人気は出そう。




    ■ ペーパーマリオ (仮)

     いつ出るんでしょう。
     …というのはさておき、ペラいキャラが3D世界を動き回る異質さが、立体視によって見事に際立っている。

     厳密な2Dではないけども、立体視は2Dにも相性がいいんじゃないかなーと思うのです。
     階層的な表現を活かした2Dスパロボをいずれ見てみたい!


     …話が逸れたけども、これら任天堂のソフトはどれも「立体視のお手本」といった感じ。
     他社はこれに追いつかなければいけないのは大変だなーと思うけど、是非切磋琢磨してほしい。




    ■ ルイージマンション2 (仮)

     来年の早い時期に発売予定。らしい。

     ゲームキューブの時代から立体視の研究をしていて、
     その題材に使われていたのがルイージマンションの前作であり、
     また3DSの開発においてもルイマンで実験をしていたという。
     それを聞いた海外の開発会社が是非にと興味をしめしたので、商品化の運びになったんだトカ。

     
     公開されたE3でも、なぜか最も3DSソフトでインパクトを与えたというこのルイージマンション。
     前述どうぶつの森とは少し違うが同じように、部屋単位での表現がとても立体視と高相性。
     前作と違い、複数のマンション、様々なロケーションを舞台にしているというのがポイント。


     地下墓地に出現するミイラとか「複数のマンションが舞台」ですまないレベルだと思うけど、
     バリエーション豊かなのはうれしい。




    ■ ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

     既に発売中のこの一作。
     自分はまだ買えてないけど、数々の感想をみるに
     「立体視によって画面内の位置感覚がとても掴みやすい」というのがとてもよく聞こえてくる。

     またジャイロセンサーによる、本体傾けでの照準調整なども好感触らしい。



     …って動画の話と関係ねぇ! まぁいいや、もう発売してるし。

     初週の消化率が90%超とか品切れ祭にもほどがあるので、お願いですからもっと出荷してください買えません!




    ■ スターフォックス64 3D

     7月14日発売。
     64時代にこれでもかというほど熱中したソフトであり、直近のソフトで一番楽しみなソフト。  

     
     当時の雰囲気そのままながら一新されたグラフィックと、立体視による臨場感のUP。
     奥行き・深さの感じられる画面に、自機の横を通っていく建物や、後ろから回りこんでくる敵など、
     それら位置関係がそのままに表現されていたり、ただの見た目向上に留まらない楽しさがありそう。

     
     マリオと並んで、同率一位に楽しみなタイトル。



    ■ 新・光神話 パルテナの鏡

     今年発売予定。いつだろう。

     今回の動画では、ハンマーやビットのような新たな武器も公開され、さらに期待が。
     このゲームにおいては、単純に視覚効果として立体視がとても優れていそう。

     巨大な船に並走して飛ぶピットや、遠くに巨大なメデューサの幻像を臨むシーンなど、
     モノの大きさがさらに際立って見える。



     また同じく新公開のマルチプレイについても興味津々。
     3vs3の対戦で、それぞれ様々な武器を持って入り乱れての戦いがとても楽しそう。




    ■ バイオハザード リベレーションズ

     立体視については、多少輪郭が際立ってるくらいで任天堂製に及ばないものの、
     単純なグラフィックでは今回で随一。

     シリーズ当初のようにホラー風味が強い回帰的な作品ということで、これも興味アリ。



    ■ メタルギアソリッド スネークイーター 3D

     同じく立体視については任天堂製に及ばないものの、
     PS2のMGS3のアッパーバージョンのような感じということで、ファンにはオススメかも。 
     
     グラフィックの精細さについてもPS2よりUPしているらしい。









    と、全部見た後の個人的な感想としては、ぶっちゃけこれらほぼ全部欲しいというくらいに購買意欲がメラメラと。
    任天堂製はいうに及ばず、バイオについても回帰的な作品ということでとても興味。
    しかし全部買っていてはサイフが壊滅必至なので、取捨選択しつつやっていくことになりそう。

    今年にハードを3台も買わなければもっと楽になったものを…そして来年にはWiiU…



    9月までに欲しいソフトがありすぎるという第一の壁をまずは乗り越えて、それから色々楽しみにしたい。
    Wiiの星のカービィとかもあるし。



    ニンテンドー3DS コスモブラック     ニンテンドー3DS アクアブルー


    ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D STARFOX64 3D(スターフォックス64 3D) 戦国無双 Chronicle BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D(バイオハザードザマーセナリーズ 3D) DEAD OR ALIVE Dimensions(デッド オア アライブ ディメンションズ) スーパーストリートファイターIV 3D EDITION


    そういえば既存のソフト、この中で何気にオススメなのが、戦国無双クロニクル。
    体験会の時はクッソミッソに書いたものの、下画面のタッチパネルを活用した武将切替は、
    単調だったゲーム性に変化をもたらし、これまでとは打って変わった戦略性とテンポをもたらしているという。


    ちなみに現在、時のオカリナはAmazon取り扱い復活中。入荷まで少しあるけど、値段も4000を切るなどお手ごろ。

    関連記事


    タグ : 3DS ゲーム感想

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/366-2222ac61

    ブログパーツ