◆新着記事

  • 08/02 スパクロにて『無限のフロンティア』イベント開催中! に思ったことあれこれ。  
  • 07/25 スパロボV&X、ニンテンドースイッチとSteamに移植版発売決定! Vは10月3日発売。  
  • 03/13 スパロボT : CM第二弾公開。 東方不敗やユリカの姿も登場!  
  • 02/13 『 Nintendo Direct 2019.2.14 』 朝7時より放送決定。  
  • 02/13 スパロボDD : 第二弾PV、公開中。  
  • 02/08 2月7日の生スパチャンふりかえり。  
  • 02/06 すまほげカテゴリができました。  
  • 02/06 生スパロボチャンネル : 2月7日21時より放送決定。  
  • 01/19 スパロボT : 第二弾PV公開中! オリジナル主人公や、真ゲッタードラゴンも正式発表。  
  • 12/22 生スパロボチャンネル、次回は年明け1月11日21時から。スパロボTの新PVも公開。  

  • 【PSP】FF4ジアフター月の帰還、カイン編軽くまとめ。

     2011-04-29
    edit
      
    ひっそり書き進めていたカイン編。
    セオドア編の直接の続きで、これをクリアしないと終章には進めない、ストーリー的には本丸の章。
    Wii版ではセオドア編と一緒に「本編」としてまとめられていた。


    Lv上限が高かったり、敵も強かったり、イベント的には一大山場だったりと、見るべきところは多い。


    内容は、
    ● この章のバンド
    ● 稼ぎポイント
    ● 限定要素とか
    ● しっぽモンスターや他
    ● チャレンジダンジョン
    ● その他ポイント

    など。




    ◇ 総合的な注意点とか

    ・レベル上限はなんと50。
     その分チャレンジダンジョンの敵も強く、そしてレベルを上げるのが大変。
     

    ・シナリオ自体は短く、進行はほぼ一方通行。
     一度通ったダンジョンへの再度の訪問はできないので、取り逃しのないように。
     ミストの村の民家、地下水脈の隠し部屋などを忘れないこと。


    ・お待ちかね、「謎の男」の正体発覚。ぶっちゃけバレバレだったけど気にしない。
     成長率が変わるこれ以降、気兼ねなくレベルを上げられる。

     この章のラストボスは謎の男が一人で戦うことになるので、確実にクリアするならある程度のレベルは欲しい。
     30くらいあれば十分だけど。

     …が、実は初期Lvの15でも割と何とかなる。後述。


    ・Wii版ではセオドア編と統合されてた影響で、セオドア編にはチャレダンは存在せず、
     代わりに、この章に相当する部分の前半でミスリル系防具が無造作に手に入ったり、
     セオドア編の分もアダマンタイトを入手できるよう調整されていた。

     今回PSP版では携帯版同様にセオドア編と分割されてるのに、アイテム配置はWii版と同じ。
     つまりミスリル系防具が序盤で余分に、アダマンタイトがこの章では二つ、セオドア編と合わせて三つ手に入る。






    ◇ この章のバンド



    バンド名使用者1使用者2使用者3備考
    真クロススラッシュカインセオドア 自動取得。消費20はカインには重いが、
     (たたかう)(たたかう) 待機時間が短い主力バンド。
        
    セイントダイブカインローザ  聖属性の全体攻撃。
     (ジャンプ)(白魔法) 使い勝手では真スラに劣る。
          
    エイミングトラストカインシド  
     (ジャンプ)(しらべる)  
         
    ディバインヒールセオドアローザ 全体にHP回復+α。月齢により効果が変わり、
     (白魔法)(白魔法) 新月の時の全体エスナが効果的。
          
    ロケットウェポンセオドアシド  単体攻撃。
     (たたかう)(しらべる) 機械特効だが、この章にはいない。
         
    エックスチェイサーローザシド 即死効果付加の単体攻撃。
     (狙う)(しらべる)  



    メンバーそれぞれに存在し、割と豊富。
    携帯版ではエイミングトラストは終章以降だったが、Wii版と今回はここから使用可能。




    ◇ 稼ぎポイント



    ・謎の男のこともあり、シナリオ中に上げるよりはクリア後の方が良い。
     なので、さっさと駆け抜けて謎の男をクラスチェンジさせてしまおう。1時間もあればクリアできるし。


    ・シナリオクリア後が本番。  
     …だけど、この章に手軽なレベル上げ場所は基本的にない。
     チャレンジダンジョンの深部は敵が強すぎる割に見返りが少ないので、稼ぐなら入った直後の浅い層。
     もしくは、敵が弱い割にそこそこの経験値があるワールドマップで。

     チャレダン前半は、深部よりはマシとはいえ十分敵は強い。
     なので、ワールドマップで安全に上げるか、そこそこ育ったらチャレダン前半で稼ぐかが良いと思う。
     ワールドマップ上の敵では、意外なところでゴブリンキャップは経験値が高いので積極的に倒そう。
     ブリーズビーストみたいに経験値の少ないハズレもいるが。

     全員均等に上げるよりも、まずは他のキャラを戦闘不能にしてカインやセオドアからレベル上げ、
     ついで残るローザ・シドをあげる方がいい…気がする。
     カインとセオドアを上げきる→ ローザシドを40くらいまで上げる→ チャレダン制覇→ ローザシドを改めて上げる、
     みたいな感じで。
     



    ◇ しっぽモンスター、他



    ・この章のしっぽモンスターは、
     下弦の月の時にデビルロード前半部に出現する「グレイクアール」。 HP1万。
      下弦の月で威力を増した2回連続物理攻撃と、カウンターなどで使ってくるブラスターが脅威。
     この章で最大の攻撃力の物理攻撃はそれだけで痛く、ブラスターもあわせて総崩れにされかねない。
     素早さの高いセオドアとカインの真クロススラッシュなどで速攻したいところ。
     
     シナリオ前半のデビルロード通過時には、カイン一人ということもあってまず歯が立たない。その時はスルーしておこう。
     討伐はシナリオクリア後、全員揃ってから。


     終章での「グレイのしっぽ」の交換品は「こうれつリング」
     装備していると後列からでも前列と同じダメージを与えられるというもの。


    ・また、セオドア編のしっぽモンスターである「雷竜」はこの章にも登場。
     チャレダン最深部に月齢問わず出現するので、狙うならセオドア編よりもこっちがいいかも。



    ◆ チャレンジダンジョン


    単純にエントランスからラストフロアに向かって進み、ボスを倒して報酬を貰うシンプルスタイル。
    だがレベル上限が高い分ザコ敵も強く、ボスも低レベルでは太刀打ちできないほど強い。
    主なダメージ源となるセオドアとカインの二人だけでもLvを上げてから挑むといいかも。

    途中、道が2ルートに分岐するが、最後には合流する。
    なのでどっちを通っても問題はないが、それぞれに宝箱があるので、1回は両方通っておこう。


    他、道中の宝箱にはオーガキラーやアイス系防具などがある。忘れずに。
    特にオーガキラーはシドの補強にうってつけ。


    BOSS:カーズドラゴン
    第一形態:HP10000
    第二形態:HP20000 弱点:聖属性

    一度倒すと変身してパワーアップする二段構え。
    両形態とも通じて炎系攻撃が多いので、前衛三人にはアイス系防具を割振って、炎耐性をつけておくこと。
    そして両形態ともカウンターが怖いので、最小の手数で最大のダメージを狙う。
    シドとローザは攻撃参加させずにアイテムや魔法で補助に徹する方がいい。店売りのクモの糸もバンバン使おう。
    第一形態の間に、ヘイストやシェルなどで補助を固めおくといい。


    第一形態:
    通常:物理攻撃(ニ連続)、ファイラ
    カウンター:炎(残りHP比例)、ファイラ、物理攻撃(ニ連)、呪い(単体or全体)

    厄介なのはカウンターの炎と呪い。
    「炎」は残りHP比例なので、生半可な攻撃だとカウンターで全滅の危機すらあり。
    セオドアとカインの真クロススラッシュで大きく削っていこう。

    「呪い」は単体がかかっただけならエスナ一発で治るから楽だが、全体にかかった場合は少し厄介。
    新月の時ならセオドアとローザのディバインヒールで一気に治癒できるが、それ以外なら地道に治す。

    前述のように、相手にクモの糸を使って遅くして、第一形態の間に補助で固められるなら固めておこう。
    シェルも一回では効果は薄いが、上限の4回まで重ねがけするとかなり軽減してくれる。


    第二形態:
    通常:物理攻撃(ニ連続)、全体ファイガ
    カウンター:死の宣告(誰もかかっていない場合)
    誰かかかっていたら:ファイガ(全体)、呪い(全体)、物理攻撃(ニ連)、ダークブレス
    カインのジャンプを食らうとカウンターで「くろいきば(即死)」

    と、第一形態に輪をかけてカウンターが激しい。
    ダークブレスはHPが減りだしてからの使用で、黒い牙と死の宣告はリフレクで跳ね返せるのが救い。

    …ということは、リフレクで跳ね返し続ければカウンターを死の宣告だけに抑えられるということでもある。
    それを活用する場合は、前述のように第一形態の時にかけておこう。
    ただし、リフレクを覚えるにはセオドアとローザのLvが40以上必要なので結構大変。

    それをしない場合は地道にカウンターに耐えつつ削るお仕事。
    基本的には第一形態と同じだが、死の宣告がかかっているので急いで倒す。

    聖属性弱点のため、カインにドラグーンランスを装備して真クロススラッシュ連発オススメ。
    こちらのレベルが高ければ、6~8000は持っていける。
    セオドアが覚醒を使えばさらに威力は上がるが3ターンで効果が切れたあとの瀕死状態には気をつけよう。




    ・クリア報酬
    戦利品
    エリクサー
    ソーマの雫
    銀のリンゴ
    アダマンタイト
    エッチな本
     
    デモンスレイヤー
    オベリスク
    スレッジハンマー
    エルフィンボウ
    ダイヤの兜
    ダイヤの小手
    ダイヤアーマー
    ダイヤシールド
    光のローブ


    デモンスレイヤー(剣)とオベリスク(槍)は、カインのドラグーンランスより攻撃力こそ高いが、能力補正では劣る。
    なので、カインはそれらよりもドラグーンランスを使い続ける方がオススメ。全能力+5は強い。
    セオドアは力+5のオベリスクで。

    スレッジハンマーは攻撃力は高いが両手持ちなので、盾がなくなる分防御が脆くなる。
    オーガキラー+盾で攻防バランスよくか、スレッジで攻撃よりかはお好みで。

    ただし、素早さの低いシドには防御回数の減少は影響が大きいので、個人的には盾を装備させたい。
    特にチャレダンボスは強いので、攻撃には参加しづらいとは言ってもアイテム役として生かしておきたい。





    ◇ その他ポイント

    ・「カイン」視点と「謎の男/セオドア」視点が交互に切り替わりながら進む。
     アイテム・装備は両方で共有なので、カイン側の装備を剥がしてセオドア側で使うことも可能。
     カインのウインドスピアは割とレアなので、欲しければ貰っておこう。代わりに適当な武器を装備させておけばよし。
     ミスリルソードとか余り気味になるし、その辺を持たせておけばOK。
     全部はがすならば、二度目のバロン城に入る前が最後のチャンス。


    ・シナリオ途中ボスのオクトクラーケン。とうとうオクトマンモスとクラーマンモスが混ざった。
     触手がそれぞれ炎・氷魔法を使って攻撃してくるので、数を減らしてから本体を叩く。
     ただし全部倒すを再生されるので、1,2本は残しておく。
     あとはクモの糸+本体に集中攻撃。覚醒クロススラッシュとかで。

     またFF4全般に言えることだけど、アイス系装備とフレイム系装備を組み合わせると
     両方の属性に強くなるのでどんどん活用しよう。アイスアーマー+フレイムシールド、
     もしくはフレイムメイル+アイスシールドなど。
     

    ・シナリオ最後の謎の男vsカイン戦。
     ある程度はレベルがあった方が安定はするが、実は謎の男は初期レベル15でもなんとかなる。
     相手にクモの糸でスロウは基本として、消耗したらハイポーションで適宜回復。
     相手がジャンプしたらタイミングを合わせて自分もジャンプして回避するなどの工夫をすれば十分勝てる。



    ・レベル上げが大変なので、ローザとシドはカンストさせなくても40超えるくらいでもOKかも。


    ・シナリオ的には感動的な場面を演出したいっぽいけど色々ツッコミたいことが多い。




    関連記事


    タグ : 攻略?

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/284-211f2944

    ブログパーツ