◆新着記事

  • 03/13 スパロボT : CM第二弾公開。 東方不敗やユリカの姿も登場!  
  • 02/13 『 Nintendo Direct 2019.2.14 』 朝7時より放送決定。  
  • 02/13 スパロボDD : 第二弾PV、公開中。  
  • 02/08 2月7日の生スパチャンふりかえり。  
  • 02/06 すまほげカテゴリができました。  
  • 02/06 生スパロボチャンネル : 2月7日21時より放送決定。  
  • 01/19 スパロボT : 第二弾PV公開中! オリジナル主人公や、真ゲッタードラゴンも正式発表。  
  • 12/22 生スパロボチャンネル、次回は年明け1月11日21時から。スパロボTの新PVも公開。  
  • 12/12 スパロボT : 2019年3月20日発売決定。 今回も限定プレミアムサウンド版あり。  
  • 12/08 TやDD、X-Ωの情報をお届けの生スパロボチャンネル、12月11日(火) 21時より放送決定。  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    スパロボOGジ・インスペクター第21話『眠れ、地の底で』 

     2011-03-15
    edit
     


    どう見ても、残る敵の分量的に1話じゃアースクレイドル編終わらねぇだろうなぁと思ってたらやっぱり終わらなかった21話。
    しかしその分、戦闘を詰め、ロボの設定と特性を活かしに活かして見せてくれた今回。


    ゼンガー達やオウカの決着は次回だろうから力を温存するかと思ったら、このアニメにそんな発想はなかった。
    まさかの15,6話なみに力の入った一話だった印象。





    あと今回、見所として短いながらもマイマイの出番が外せない。色んな意味で。




    R-GUNパワードガンナーとかすごいご褒美だね!

    21A-014.jpg




    ↓ ~以下本文~ ↓ 


    23話まできているのに今更21話かよというツッコミは禁止ですよ。


     


    ●大事なこと

    今回のマイマイ : ( ゚∀゚)o彡゚




    21Mc.png




          ( ゚∀゚)o彡゚






    ・前話の続きから、アースクレイドル直近に迫ったクロガネ部隊と敵軍の戦闘より開始。

    21B-078.jpg 21B-079.jpg 21B-081.jpg


    早々に合体したSRXとエクスバインボクサーのダブルブレードキックによる、敵戦艦の一蹴両断


    21A-059.png 21A-063.png
    21A-066.png 21A-067.png



    AMガンナーがR-GUNを乗せてのR-GUNガンナー(仮)によるハイ・ツインランチャーとGインパクトキャノンの合体攻撃など、
    最初から大盤振る舞い。

    小型化SRXというコンセプトのボクサー(厳密にはそれはMk3でエクスバインではないけども)と、
    元はR-1用だったPTキャリアから改造され、R-1とR-GUNとのドッキングも可能なガンナーの、
    それぞれ縁ある機体との合体連携プレーは登場当初からのファンとしてもうれしい限り。






    ・何とかメイガスの門に到達し、
    21A-090.png 21A-102.png 21A-089.png


    スレードゲルミルをダイゼンガーに任せ、


    21A-094.png 21A-101.png 21A-111_20110318151610.png



    クロガネのドリルでこじ開けて内部に突入。


    21A-113.png21A-115.png21A-116.png21B-117.jpg



    後続のヒリュウPT隊も追いつく。

    21A-116.png

    そしてビルガーは前話からジャケットアーマーを脱いだまま。

    ゲームでは瞬時に再生してるけど、実際パージしたらやはり脱ぎっぱなしらしい。そりゃそうだろうけど何か新鮮。


    次のゲームでは重装甲と高機動で別形態になったりしませんかね?






    ・クレイドル内部に待ち受けるのは、まずはアーチボルドとオウカ姉様。

    21B-145.jpg 21A-147.png

    再洗脳され、完全に戦闘マシンと化した姉様は容赦なくアラドたちを襲う……んだけど、


    21A-122.png 21A-120.png 21A-149.png




    その格好はなんですか。

    百歩譲って半裸はいいとして、その腋スタイルに何か意味あるんですか?あるんですか!?




    21A-163.png 21A-227.png 21A-228.png



    まあ格好はともかく強さは本物、強化ラピエサージュを駆り、瞬く間にビルガーファルケン、フェアリオンズを叩きのめす。















    ・一方のアーチボルドはグラビリオン。

    21B-132.jpg 21B-133.jpg 21A-148.png


    「ソルの次は何だ?シグマか?アルティメットか!?」との予想をよそに普通のグラビリオン。


    それにしても、屋内でメガグラビトンウェーブは使えないにしても、
    10話であれほど苦労させられたグラビリオンを五分以上に押すSRXの頼もしさ。

    そして同時に、同様にSRXを相手にしながらHTBキャノン以外が決定打とならなかったマシンセルの恐ろしさ。




    21B-129.jpg 21B-130.jpg 21B-152.jpg



    「カトライアを撃ったのはそこにいるエルザム自身」
    「僕に仕事を依頼した連邦の高官はL5戦役で既に死んでいる」
    「故に、既に復讐は果たされている。僕を相手に恨むのは筋違い」

    と、胸の悪くなるような屁理屈を言ってのけるアーチボルド。


    そしてレーツェルの返す言葉。


    「人間を人形のように操るものは、その報いを受けることになる!」
    「貴方もかつては、多くの人間を操る側の人間だったでしょう!」
    「だから報いを受けたのだ。父も、私も!」
    「私にカトライアの仇を討つ資格はない。故に私は、エルザムとしてではなく、レーツェルとしてお前を討つ!」





    21A-153.png 21A-154.png


    「何ですかその屁理屈は!」
    そうだけどお前が言うな。


    15話の斬艦刀シールドといい、このマントシールドといい、ゲームにはシールド防御がほぼ無いのが非常に残念。
    切り払いも。あればいいのになぁ(チラッチラッ




    ・レーツェルの一喝を皮切りに、本格的な激突開始。


    21B-177.jpg 21B-179.jpg 21B-176.jpg


    「ブレード・キィィィィック!!」
    「ブレ~ド・きぃぃ~~っく!」


    何してんですかアーチボルドさん。


    しかし何度もよく聞くとこれ、キックでなく「ブレード・ビーク」って言ってるのだろうか、アーチさん。
    ネタバレインスペクターの更新お願いしますよマジで。



    21B-184.jpg 21B-183.jpg 21B-185.jpg

    SRXに掴みかかり、胸部装甲を排除して大きなビームを放つ。そんな使い方もあったんですね。


    が、SRXは下半身をパージして回避。

    オープンゲット!





    21B-190.jpg 21B-189.jpg 21B-188.jpg

    そしてカウンターのバンプレビームを機に一斉砲撃、着実に追い詰める。



    21B-191.jpg 21B-192.jpg

    「行け、ライ!決着は自分の手で付けろ!」
    「すまん!」


    とキメた直後、




    21B-193.jpg


    捕獲。そして人質。


    ちょっとしたギャグのような流れにより、熱くなった展開に一服の清涼剤。

    それにしてもグラビリオンは、胸が開いたり腕が伸びたりなんともギミック豊富。









    21B-200.jpg 21B-202.jpg 21B-204.jpg

    「構わず撃て!」と叫ぶ弟、
    「今一度、血塗られた手で引鉄を引こう!」と応える兄。


    狙撃を変形のスキマを活かして回避 → グラビリオンに直撃

    こんなとこまでギミック活用満載。





    21B-208.jpg 21B-209.jpg 21B-211.jpg

    例によってガーリオンで逃走を図るアーチボルドを有線チャクラムで絡めとり、
    執念と怨念すら感じる動きで手繰り寄せ、



    21B-213.jpg 21B-214.jpg 21B-217.jpg

    奇しくもライの義手と同じ左手をコックピットに叩き込む。(通称ハイゾルパンチ)




    21B-223.jpg

    「永久に眠れ…地の底で」


    執念の一撃で仕留め、因縁の決着。


    ゲームOG2ではライディース→レーツェル援護で兄貴がトドメ、アニメではライディーストドメであるが、
    個人的にここはよい変更点。


    今回の台詞にもあるように、
    「カトライアをこの手で撃ち、多くの人間を使い戦乱に加担した身で仇を討つ資格はない」と自認、
    私情を捨てビアンの遺志を継ぎ影に動く為に名を偽っているという身で、
    結局自分でトドメを刺せてしまうのはいかにも都合がいい気がしていたので、エルザムに近く、同じくエルピス事件により人生が決定付けられた当事者の一人であるライディースが終止符を打ったのは妥当にしてより良い点だと思う。



    21B-233.jpg

    キャストトップも弟と兄のワンツーで、納得の主人公回。







    22.png


    「アースクレイドル…地の底に眠る、悲しくも懐かしい記憶。
     次回、『散りぬべき時知りてこそ』世の中の、花も花なれ、人も人なれ」



     
    関連記事


    タグ : OGIN アニメ感想

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/203-682e7530

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。