◆新着記事

  • 12/12 スパロボT : 2019年3月20日発売決定。 今回も限定プレミアムサウンド版あり。  
  • 12/08 TやDD、X-Ωの情報をお届けの生スパロボチャンネル、12月11日(火) 21時より放送決定。  
  • 12/03 スーパーロボット大戦V、PSアワード:ゴールドプライズを受賞したらしい。  
  • 11/27 スパロボT : なんか現時点で思いついた雑感的なあれこれ。  
  • 11/27 スパロボT : 公式サイト正式オープンほか、初報まとめ記事公開など。  
  • 11/22 スパロボT : 生放送以外の追加情報あれこれ (うますぎ、ファミ通など)  
  • 11/20 シリーズ最新作 『スーパーロボット大戦 T』 PS4/Nintendo Switchにて2019年 発売決定!  
  • 11/20 スマホアプリ新作、SRPG型の『スーパーロボット大戦 DD』発表!2019年配信予定。  
  • 11/06 11月19日(月) 21時よりスパロボチャンネル配信決定。  
  • 09/14 一週間の延期を経て、『Nintendo Direct 2018.9.14』朝7時より放送決定。  

  • スーパーロボット大戦V、PSアワード:ゴールドプライズを受賞したらしい。

     2018-12-03
    edit




    おめでとうございます。


    さてこのPSアワードなるもののゴールドプライズというのは如何なるものか。
    PS機種で発売されたゲームソフトの出荷実績に応じて表章されるというもので、ゴールドは50万本がライン。
    とはいっても日本国内だけでなく、2013年にSCEジャパン→SCEアジアとなってからは「アジア圏での実績」となっていて、
    ちょうどVから海外(アジア)展開を本格化させ始めたスパロボがめでたく受賞とあいなった模様である。



    「2017年2月発売なのに2018年の受賞??」と不思議に思うかもしれないが、
    PSアワードでは「その年以前に発売されたソフトでも、その年に新たに記録を達成した場合も表象される」らしく、
    つまり海外(アジア)展開が功を奏して、発売から1年以上をかけて合計50万本のラインを突破したのでしょう。

    そして「海外展開が功を奏して」となぜ言えるのかというと、
    スパロボが国内で初動以上にジワ売れすることはまずないから、
    まあ自然と、新規のアジア展開が成功したんだろう、という推定になるわけです。





    バンナムのプレスリリースを漁ってみたりはしたものの、
    個別シリーズの出荷数などには辿り着けなかったので推測になるけれど。

    国内の売上としては初週が18.9万(メディアクリエイト基準)、2週目が21.5万ほどであり、
    だいたい“このあたり”に落ち着く初週率を70~80%と仮定し、かつDL販売分も足して、甘めに見て25万以上。
    そこから金賞ラインの50万と差し引きしたのが海外(アジア)出荷販売分、と大雑把ながら推測できることになります。

    概算を重ねているのでズレはあるだろうけども、
    ざっくりだいたい1:1の半々、つまり国内だけの倍ちかい結果を出せたということに。
    ぶっちゃけた話、国内売上としてはずっっっっと右肩下がりを続けているスパロボにとって、
    1作品につき50万本のラインを越えることができたというのはとても大きいことであり、
    いつ袋小路になるかとヒヤヒヤしてたファンの身としても一安心というところ。

    第4次~Fで1本につき40万~50万、αで70万、インパクトや第三次αが60~65万で、
    第二次αやMXが50万強、Zが約50万とかそのへんで、50万ラインというのは本当に久々に目にする数字。


    (OGもMDからアジア展開しはじめたはずだけどこっちは…まあ…いいか…)



    となるとやはり「海外市場ウケ」というのも考えないワケにはいかないだろうし、
    実際、新作スパロボTのGガンダム他も「海外の反響が大きい作品」というのがチョイスの理由にある模様。

    V~X~Tの方向性、オリジナルマジンカイザー復活やスパロボオリジナルゲスト参戦なども見るに、
    「~2000年のあたりを輝かしい思い出として胸に刻んでいる世代」を狙うor掘り起こすという路線は見てとれるし、
    もはや老いつつある国内ファン層や、国外市場ウケするタイトルがちょうどその辺で重なっているのかな、という感じ。
    なので個人的にはその辺に焦点が合って別に困ることはないので全く構いやしないのですが。


    ・参戦作品を無闇な詰め込み方しない
    ・一スパロボとしての完成度(まとまり)を重視する
    ・参戦が続いてる作品はひと味違ったスパイスを

    くらいをしてくれれば(第三次Zの反省をしてくれれば)、
    あとは作品ごとの評価以外に個人的にはあんまり言うことはないし。





    ……とは言っても、メイン格のスパロボが「00年前後の黄金時代」を焦点にするなら、
    かつての三本柱構想でいう「新しめのもの中心」の違った作風、すなわちエーアイ系もほしいところ。
    いやほんとUX~BX系の味わいもほしいんですよホントマジで。


    でもそっちはDS系が機種展開的に終わりかけの谷間の状態+これから国外展開というのも考えづらいし、
    アジア圏でのサービスを見込んでいるDD系に流れていく可能性がありそうなのはどうにも困りもの。
    宇田PはPS4のフルメタを担当し、エーアイもそれに製作参加していたということもあるし、
    このあたりは開発ラインの整理や変更が大きくなってそうなので期待薄かもしれない。
    しかしなんとかこっち系の新作もほしい…という贅沢な悩み。


    あとあれですよ、景気のいい結果を残せるようなら、
    過去作のリメイクや移植も積極的にやったり、DDで作り溜めた資産を流用したりとかしてくれてもいいと思うんですよ。
    PS~PS2やGBA~DS~3DSの時代がたまたま過去作へのアクセス環境に恵まれていただけだろうけども、
    やはり埋もれさせていく一方というのはしのびない。 ので、こっちの路線も頑張ってほしいところ。
    そういえばVやXの移植とかは考えてないのだろうか。


    祝いついでに「なんとかシリーズ間で縦横無尽にアクセスしやすい環境ができてほしい」という願望を吐露しつつ〆。







    関連記事


    タグ : スパロボ情報

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1908-7591bede

    ブログパーツ