◆新着記事

  • 12/12 スパロボT : 2019年3月20日発売決定。 今回も限定プレミアムサウンド版あり。  
  • 12/08 TやDD、X-Ωの情報をお届けの生スパロボチャンネル、12月11日(火) 21時より放送決定。  
  • 12/03 スーパーロボット大戦V、PSアワード:ゴールドプライズを受賞したらしい。  
  • 11/27 スパロボT : なんか現時点で思いついた雑感的なあれこれ。  
  • 11/27 スパロボT : 公式サイト正式オープンほか、初報まとめ記事公開など。  
  • 11/22 スパロボT : 生放送以外の追加情報あれこれ (うますぎ、ファミ通など)  
  • 11/20 シリーズ最新作 『スーパーロボット大戦 T』 PS4/Nintendo Switchにて2019年 発売決定!  
  • 11/20 スマホアプリ新作、SRPG型の『スーパーロボット大戦 DD』発表!2019年配信予定。  
  • 11/06 11月19日(月) 21時よりスパロボチャンネル配信決定。  
  • 09/14 一週間の延期を経て、『Nintendo Direct 2018.9.14』朝7時より放送決定。  

  • スパロボT : 生放送以外の追加情報あれこれ (うますぎ、ファミ通など)

     2018-11-22
    edit
    スーパーロボット大戦T | 公式サイト
    https://sorewaterada.suparobo.jp/

    「スーパーロボット大戦T」第1弾PV - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=YPThsaYrwBw






    ◆ うますぎWAVE より


    ・Tは“Terra”のTだよ。寺田じゃないよ。
     宇田Pには「UTAだからUXなんだろ」とか言ったりしてたけどTeradaじゃないよ。
    ・キャッチコピー「それは地球(テラ)だ」、ぶっちゃけ通ると思ってなかったけど通っちゃったよ。

    ・話も「Terra」がテーマになっているよ。
    ・太陽系が舞台なのでビバップの世界観が合うのではないか、と。
    ・キーワードは太陽系復讐劇。 他にもあるようだけどネタバレになるのでヒミツ。


    ・Vでヤマト、Xでナディアときた「戦艦枠」、今回はハーロック、みたいな。
    ・プロデューサーどうしで殴り合った結果、アルカディア号は「緑の方」に決定。らしい。

    ・今回の声優陣、スパロボ史上でも稀に見る『ベテラン勢揃い』。
    なにせ釘宮・置鮎氏あたりでも「若手」になるレベルだとか。







    ◆ ファミ通 より

    PVになかった情報としては、とにもかくにもゲシュペンスト。
    パイロットについて詳細は明らかにされていないが、Vのヒュッケ&ガストと同様に新規キャラが搭乗の模様。

    ほか、目新しい情報はなし。







    ◆ 気になる謎のコピーライト表記?


    Twitterでの中で出てきた、スパロボbloggerおなじみTMZ2兄貴のひとこと。




    スパロボにおいて、いわゆる版権表記というのは、登場作品について欠かせないものであると同時、
    例えばスパロボZが「雑誌発表時には参戦作品を一部のみ公開 → 後日イベントのPV上映で全公開」とした時、
    コピーライト表記から未公開作品を割り出す試みが行われるなど、ちょっとした情報が眠っていたりするもの。

    今回そこにおいて、「永井豪・石川賢/ダイナミック企画」という、
    一見ありふれた表示に見えるけれど、実は見慣れない表記があった、という話。



    確かに、従来ならばダイナミック系の表記としては、

    “1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会” (チェンゲ)
    “2004 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・新早乙女研究所” (新ゲ) 
    “2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋” (真マジンガー)
    “2001 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所” (OVAカイザー)
    “2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所” (OVAカイザー暗黒大将軍)

    などなど、このように作品・製作委員会単位での表記になるところ、
    それがない作者/ダイナミックのみという表記は確かに見慣れないし、
    過去のスパロボを見渡しても同様の表記は存在しないので、確かに気になる。



    そこで類似の表記としては、
    VやXに登場したマジンエンペラーGやオリジナルカイザーの管轄であろう表示として、
    永井豪/ダイナミック企画」という形式があったことに注目。
    つまり、出典が作品の枠に捉われないユニットを扱う際、
    こういう表記になると推測できますね。


    それらのパターンに則るならば、
    永井豪・石川賢/ダイナミック企画」というのは、

     1.ゲッターロボ系の
     2.作品の枠にとらわれない扱いのユニット

    を登場させる予定なのではないか?という推測ができるのかもしれない。





    https://www.bandainamco.co.jp/cgi-bin/releases/index.cgi/file/view/6010?entry_id=5449


    …というところで、さらにTMZ氏のツイートより又聞きしたところ、
    「2017年の魂ネイションのリリース資料に掲載されているゲッターエンペラーに同じ表記がされている」とのこと。

    とはいえ、「立体ゲッペラーと同じ表記だからゲッペラー登場か」とは結論づけられないという点にも注意。
    「永井豪/ダイナミック企画」という権利元直轄的な表記でエンペラーG&カイザーと複数が登場していることを考えると、
    類似のこの表記からは「何が出てくるか、はたまたジッサイ敵か味方か」すら何も分からないにも等しいと言える。


    ちなみにスパロボVのときは、6月にゲーム発表 → 10月にマジンエンペラーG電撃公開&V登場と発表、
    そして翌年発売…という感じだった。



    まあ、過度に期待せず、今後の情報解禁や発売後に何かサプライズでもあればいいなーと軽く期待するくらいで待っとこう。




    関連記事
    タグ : スパロボ情報

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1905-e073a062

    ブログパーツ