◆新着記事

  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  

  • 『スプラトゥーン2』進化したイカたちが2,017年夏登場!

     2017-01-20
    edit


    Splatoon2|Nintendo Switchソフト|Nintendo
    https://www.nintendo.co.jp/software/switch/splatoon2/index.html





    衝撃デビューからはや2年。
    E3初公開の時から「こりゃァただ者じゃねえぞ…」という雰囲気を漂わせていたものの、
    まさかいきなり150万タイトルに一気に成長するとは思わなかったスプラトゥーン。
    その待望の『2』がニンテンドースイッチ向けにこの夏発売決定。


    ブキの追加やフェスの開催を当初予定を大きく越えるまで続けたお陰でつい最近のような気もしていたけれど、
    もう2年なんですよね、早いものだ。 (5月発売なので厳密にはまだ2年ではないけれど、発売時には越えているとして)












    今回の設定としては、
    「前作から2年後、ハイカラシティから2駅のところにある新たな流行の中心地・ハイカラスクエア」が舞台となるとのこと。
    スペシャルウェポンは全て一新され、サブウェポンにも新たなものが登場するほか、既存武器種の新アクション追加、
    また当然ある新ステージの登場や、既存ステージにも新たなギミック追加など、色々と新鮮に楽しめそう。

    そしてスイッチの特性を活かして、ローカルで集まっての対戦プレイにも対応しているとのことだが、
    個人的に気になる点としては「ヒーローモードの延長または発展として“協力”マルチはあるのだろうか」というのがある。
    その辺りは今後の情報公開に注目というところだろうか。


    スプラトゥーンは公式アカウントが精力的かつユーモアたっぷりに活動しているので、
    情報としてはそちらを参照すれば大体のことは分かるが、それでも一応自分の視点を交えて、
    イカより自分の注目&変更点について。


    Splatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP) | Twitter
    https://twitter.com/SplatoonJP





    ▼ 操作方法の変化

    Wii Uとはハードやコントローラーの特徴が変化したこともあり、操作方法については若干の変更が加わっている模様。
    右スティックが下になったことで、ジャンプボタンはXからBボタンへと移行、また2画面ではなくなったことにより、
    空いたXボタンにマップ表示の機能が当てはめられたとのことである。





    Wii Uでは「主画面と手元画面を同時に見ることは(通常は)できない」ことにより、
    主画面から目を離しての手元MAPの確認に伴うリスクなどがゲーム性に絡んでいたが、
    1画面になったとしても、主要画面とMAPを同時に見ることができない仕様が維持されるのであれば、
    ゲーム性はほぼ同様になる…といったところだろうか。


    そこまでやるヒトがいるかはともかく、
    1ではやろうと思えば「手元の画面をカメラで写して主画面の横に表示する」こともできはしたので、
    「一画面での切り替え」にすることでそれを防止できたりもする…のだろうか。






    ▼ ローラー新アクション:縦振り




    今回、ローラーは新たに「タテ振り」というアクションを習得。
    ジャンプしながら振ると「タテ振り」になり、ジャンプせずに振ると従来どおりの振りである「横振り」になる模様。
    タテ振りの方が横振りよりもタメがあって若干時間がかかるようなので、最初は慣れが要りそうだ。

    動画を見るにかなり遠くまで一直線に塗れるようになっているので、進行ルートの瞬間的な確保や、
    イリョク設定次第ではスナイピングのような中距離キルにも役に立ちそう。実際どうなのだろう。
    また、「地上で振り入力をした瞬間にジャンプする」ことで前作のような感覚でジャンプ横振りはできるとの体験勢の声あり。

    ほぼ全てのローラーがタテ振りできるとのことなので、仮に「ダイナモタテ振り」できるとしたらどんなことになるのか。恐ろしい。
    フデ系はどうなるんだろう?






    ▼ チャージャーの新アクション:チャージキープ





    チャージャーは、新たに「フルチャージした状態のまま、少しの間だけイカ移動ができる」ようになったとのこと。
    だいたい2秒くらいが限度のようだ。





    ▼ 体験会でのブキセット




    ローラーはサブウェポンが新たに「カーリングボム」となり、
    スペシャルウェポンも一新とあって、1とは全く別のブキセットのようになっている感じ。

    スピナーやスロッシャー等のこれまでにあったブキ種も2に登場するとのことなので、
    ガラッと変わるであろう全体的なセット構成を楽しみに今後の情報を待ちたい。
    シャープマーカー系はどうなるかなあ。








    体験会の開発者登壇・紹介ステージイベントも要チェックや。







    関連記事


    タグ : ゲーム情報

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1871-3e038a5b

    ブログパーツ