◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • 剣鉄也登場!マジンエンペラーG!主人公機公開!まさかのヒュッケバイン&グルンガスト出演! 驚きのスパロボチャンネルV情報、簡単まとめ。

     2016-10-31
    edit
    SRW_V_PV01_1_011.png  SRW_V_PV01_1_219.png
    SRW_V_PV01_2_286.png  SRW_V_PV01_1_220.png


    SRW_V_PV01_1_014.png  SRW_V_PV01_1_017.png



    無事放送日を迎え、そして終えた、
    秋のスパロボ生チャンネル第二弾・スパロボV大特集回。

    先んじて先週末に公開された「マジンエンペラーG」の衝撃が大きかっただけに、
    今日はそんなに腹と胸の膨らむ材料が残っているのか、スパロボV発売日くらい出れば儲けもの程度の構えで、
    「まあ少なくともエンペラーGのパイロットとか分かるんだから最低限それだけでも満足や」くらいに思っていたら、
    「サプライズとはこういうことだ」とばかりに畳みかけてきて、嬉しい驚きが満載も満載、実に大満足の生放送であった。






    (※追記:
    マジンエンペラーGについて判明している情報をまとめたエンペラーG特化の記事はこちら。↓ 
    パイロットはやはり剣鉄也! 偉大な勇者の血を引く新たな皇帝『マジンエンペラーG』の判明情報まとめ。|のこのこや
    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1857.html )









    SRW_V_PV01_1_116.png  SRW_V_PV01_1_121.png
    SRW_V_PV01_1_123.png  SRW_V_PV01_1_130.png

    SRW_V_PV01_1_136.png  SRW_V_PV01_2_147.png





    ・のっけから最新版PVを公開、真っ先にグレートマジンガー&剣鉄也の登場確定でボルテージMAXに。

    ・そしてマジンエンペラーGのパイロットもグレート同様に鉄也さんで確定でガッツポーズ。
     ・ていうかこれもう鉄也さんが「版権作品側主人公」くらいのデッカい扱いですよね。


    ・まさか今この時点で公開するとは思っていなかった、オリジナル主人公&ロボに驚き。
     ・ロボデザインは「ラインバレル」などの清水栄一 氏、キャラデザは魔装Fやスパクロの渡邊亘 氏。


    ・そして驚きの極めつけ、25周年記念として、ヒュッケバイン&グルンガストが特別出演決定。
     ・ただしパイロットは今作オリジナルで、設定的にもOGや第四次&Fなどとの繋がりはない。
     ・よって「テスラ・ライヒ研究所開発」から「ニコラ・ヴィルヘルム研究所」など微妙に変わっている。ある意味そのまんまだけど。
     ・ヒュッケバインのカラーリングはOG版ではなく第4次基準。 


    ・スパロボV、発売日は2月23日。意外と早かった。
     ・通常版のほか、原作楽曲で楽しめる限定版「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」も発売。
     ・ほか通常・限定両方に附属する初回封入特典あり。
      ・「序盤からヒュッケ&ガストが使えるコード」だが、無くてもちゃんと本編上で両機とも参戦するのでその点は安心。


    ・ヒュッケバイン&グルンガストの出演は、BB側ではなくバンダイナムコ側からの打診。
     ・とくにヒュッケバインのカラーも含め、塚中Pからの強い後押しがあった模様。
    ・今回はマジンガーや甲児より鉄也の方が早く出てくる。
    ・クロスボーンガンダムも早めに登場。


    ・ほか、PVでは、アスラン&∞ジャスティス単機化(第三次Zではストフリの武器演出で出てくるのみ)、
    プル登場、ザビーネ登場、キンケドゥ&F91登場などがシナリオに影響を与えそうな目新しい判明点としてある。






    等として、とりあえずのまとめとしておきたい。
    ホント驚きでお腹いっぱい、ゲームへの期待で胸いっぱい。

    このさ…「サプライズ」と、発売前情報からプレイするまでに胸に抱く期待と、
    プレイしてからの実際の楽しさと驚きを夢見るのと、つまりこういうのがまさに求めていたものなんですよね。
    「発売までにロクな情報を見せません、なぜならネタバレだしプレイしてのサプライズですから」とかいって、
    単に無闇に何も見せないだけというのは違うんですよと声を大にしたい。


    寺田Pがオモチャコーナーで楽しそうだったのは良いけど、
    まだ「他部署の商品展開も絡んでるからしょーがなく見せるけどネタバレだからな」とかいう感じがひしひしと伝わってきて、
    やはりまだ依然として広報への不安が残るのは変わらず。まあ今回ほどの見せられる内容は後にも先にも無いにしても、
    今回の反響をマジメに捉えて、OGの方もネタバレがネタバレがと見せたがらない方向性一辺倒じゃなくなるよう、
    本社側プロデューサーがその辺ビシビシひっ叩いてドンドン広報姿勢を再検討していって欲しいところ。

    今日に至るまでの流れ(エンペラーG先出し → 主人公機の公開+さらなる驚き)の完璧さも含め、
    今回のPVはここ数年どころか10年近くの中でもさすが25周年というだけあって最高レベル。
    与えてくれた「驚き」による期待を、今作だけでなく次回以降へも向けて、じっくり後は待つのみ。






    647.png



    そしてあれですね。
    ホビーコーナーで見せてくれたゴライオンがとんでもなくカッコよかったことも忘れずに記しておきたい。








    スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG 約175mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュアスーパーロボット超合金 マジンエンペラーG
    約175mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


    バンダイ 2017-03-31
    売り上げランキング : 5

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    以下、関連する画像をいくつか並べ。
    詳しくはまた別の記事でやりたい。





    SRW_V_PV01_1_143.png SRW_V_PV01_1_144.png
    618.png 619.png

    SRW_V_PV01_1_148.png SRW_V_PV01_1_149.png


    ・男性主人公「叢雲 総司」、CVは桐本拓哉 氏。
     ・スパロボにおいては、OGではロブ(ロバート・ハジメ・オオミヤ)、魔装機神ではギド役などで出演経験あり。
     ・ホビーコーナーの後の興奮具合が完全に「大きなおともだち」だったのが印象的。納得のロブ。

    ・女性主人公「如月 千歳」、CVは神田朱未 氏。
     ・おじさんたちの勢いに完全に押されていた。

    ・主人公は「男女から選択する」方式とのこと。
     ・選ばなかった片方が作中に登場するかは不明?








    SRW_V_PV01_2_162.png  SRW_V_PV01_2_174.png
    SRW_V_PV01_2_166.png  SRW_V_PV01_2_170.png






    SRW_V_PV01_2_190.png  SRW_V_PV01_2_195.png
    SRW_V_PV01_2_191.png  SRW_V_PV01_2_194.png
    SRW_V_PV01_2_199.png  SRW_V_PV01_2_209.png


    ・キャラエディットシステムまで復活! …とはいかなかったのは残念だけど、
    グレースやパットを足したような雰囲気の女側など、これはこれで楽しみ。

    ・スーツが第四次&F主人公の再現なのもいいね。

    ・男をグルンガストに、女をヒュッケバインに、という乗り換えができるのかは言及されず。 してみたいのだけれど。






           


    11月1日より予約開始中。





    関連記事



    コメント
    ヒュッケバイン復活! 復活!! 大復活!!!
    これが一番のサプライズですね、何はともあれおかえりなさい。
    OGでもヒュッケバインの名を冠した新型機が登場するなど起爆剤になってくれると嬉しいです。

    マジンエンペラーGでも述べましたが戦闘のプロで偉大な勇者でもある剣鉄也の声付き作品での復活は素直に嬉しいです。
    設定は真マ+ZEROにスパロボオリジナルを組み込んでいくのでしょうか?

    新規のオリジナルは主人公機が個人的にはイマイチですね……
    個人的には初期からLサイズなスーパー系を使ってみたかったクチなのでw
    そこは初回特典のグルンガストで我慢ですか。
    キャラは男主人公のほうはやさぐれたクロウみたいな雰囲気が割りと面白そうなのと(声だけど)ロブがスパロボの主役にに抜擢されたことに深い感慨を覚えていますw
    女主人公は可愛いですけどあまり印象は残ってないです、

    今回の特報は良い意味でのサプライズだらけだったので、OGのほうもこれの爪の垢を煎じて飲めと言いたいです。
    ただ隠すだけじゃあサプライズにはならない、ユーザーが驚きと喜びが同時に抱いてこそのサプライズであると。

    長文失礼しました、更新頑張って下さい。
    【2016/11/02 19:02】 | アッカナナジン #- | [edit]
    いつもコメントと応援ありがとうございます、励みになります。
    現在、魔神エンペラー&鉄也さんで燃え尽ききっている状態なので、もーちょい頑張らねばw


    「グルンガストだけでなく、それ以上に特殊な事情・経緯のあるヒュッケバインが版権作品に特別出演」
    「あらたな魔神皇帝が、今ふたたびスパロボで誕生する」「α外伝で多大な印象を残した鉄也さんが主役級の紹介」
    などなどのインパクトがてんこ盛りだった今回のPV、
    スパロボシリーズをプレイし始めたのが旧シリーズ末期~α初期の自分のような世代層にとってはすごく刺さりそうですねw


    主人公が選択式になったのは、固定化されていったZシリーズからの立ち返りという面もありそうで良いんですけど、
    機体にも選択の余地というものがやはりほしいなーというのは、贅沢ながらも実際そう思うところはありますよね。
    (どちらが主人公かで後継機レベルでは変わるとかありそうだけど、そちらではなくスタートラインとして)

    「自分で名前や色を換え、パイロットも自分の手を加えられた“僕だけの主人公機”」という要素のあったヒュッケ&ガストも、
    どうせならもう一歩すすめて今またエディットキャラを乗せられるようにして、
    固定主人公×分身としての主人公という二段構えだったらなおよかった…というのはさすがに贅沢でしょうけれども。
    たとえばファイアーエムブレム覚醒のクロム&ルフレ(マイキャラ)のような。


    他部署との連動やバンナムPの好アイデアという要素がよく働いた結果が今回の形に繋がった、というのもありそうですし、
    これからもどんどん上・横・下からガンガン突っついていって良い連鎖を狙っていって欲しいところですね。




    【2016/11/06 22:39】 | のこや #- | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1856-5762f1e7

    ブログパーツ