◆新着記事

  • 03/13 スパロボT : CM第二弾公開。 東方不敗やユリカの姿も登場!  
  • 02/13 『 Nintendo Direct 2019.2.14 』 朝7時より放送決定。  
  • 02/13 スパロボDD : 第二弾PV、公開中。  
  • 02/08 2月7日の生スパチャンふりかえり。  
  • 02/06 すまほげカテゴリができました。  
  • 02/06 生スパロボチャンネル : 2月7日21時より放送決定。  
  • 01/19 スパロボT : 第二弾PV公開中! オリジナル主人公や、真ゲッタードラゴンも正式発表。  
  • 12/22 生スパロボチャンネル、次回は年明け1月11日21時から。スパロボTの新PVも公開。  
  • 12/12 スパロボT : 2019年3月20日発売決定。 今回も限定プレミアムサウンド版あり。  
  • 12/08 TやDD、X-Ωの情報をお届けの生スパロボチャンネル、12月11日(火) 21時より放送決定。  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    【3DS】 アライアンスアライブ : 予約受け付け中の商品ページの説明がすごくわかりやすかった。

     2016-10-30
    edit
    アライアンス・アライブ【2017年発売予定】 【予約特典】浜渦正志 全曲書き下ろし スペシャルサウンドトラックアルバム ダウンロードコード powered by レコチョク 付


    THE ALLIANCE ALIVE -アライアンス・アライブ-
    http://alliance-alive.jp/




    フリューより3DSで来年春発売予定のRPG『アライアンス・アライブ』について、現在予約の受付が開始中っぽい。
    と、この記事で取り上げたのは単にそれだけを伝えるためではなく、その商品ページの内容が目に留まったから。

    作品の概要説明から参加スタッフ、簡単なシステム紹介など、第一報現在時点での情報が凝縮&整理されていて、
    「これを見れば作品のウリが一目で分かる!」とばかりの親切な商品説明となっていたからである。



    中でもスタッフ一覧&実績についてはありがたく、
    「いろいろなスタッフが参加しているのは分かったけど、どの人が何をやった人なんだろう?」というのが一目で分かる。

    主要スタッフ

    シナリオ:
    村山 吉隆 (代表作:「幻想水滸伝Ⅱ」)

    ゲームデザイン:
    小泉 今日治 (代表作:「ロマンシング サガ2」)

    アートディレクター:
    浅野 雅世 (代表作:「サガ フロンティア2」)

    キャラクターデザイン:
    平尾 リョウ (代表作:「ファイナルファンタジーⅩⅡ」)

    背景美術:
    筒井 美佐子 (代表作:「ファイナルファンタジーⅠⅩ」)
    今川 伸浩(代表作:「MOTHER3」)
    佐々木 玲奈(代表作:「ベイグラントストーリー」)
    吉岡 愛理(代表作:「サガ フロンティア2」)

    モンスターデザイン:
    小島 雄一郎(代表作:「サガ フロンティア2」)
    佐藤 智之(代表作:「キングダム ハーツ」)
    下釜 陵志(代表作:「ファイナルファンタジーⅩⅠ」)
    佐々木 倫子(代表作:「聖剣伝説3」)

    ムービーディレクション:
    山形 周平(株式会社レイラインスタジオ)

    絵コンテ:
    甲斐田 亮一(代表作:「ファイナルファンタジーⅩⅠ」)

    コンポーザー:
    浜渦 正志(代表作:「サガ フロンティア2」)

    サウンドエディター:
    齊藤 賢一(代表作:「ロマンシング サガ -ミンストレルソング-」)

    タイトルロゴデザイン:
    川口 忠彦(代表作:「ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~」)

    開発:株式会社キャトルコール

    プロデューサー&ディレクター:
    松浦 正尭(フリュー株式会社)


    Amazon.co.jp: アライアンス・アライブ
    【予約特典】浜渦正志 全曲書き下ろし スペシャルサウンドトラックアルバム ダウンロードコード powered by レコチョク 付
    http://amzn.to/2f2HdQB



    ほか、個人的に目に付いた点として、雑誌情報の方はあまりチェックしていないのでそちらで触れられているかは知らないが、
    戦闘について「最大4倍速の早送り機能を搭載したテンポ重視のシステム」という部分を知ることができたのは有難い。
    あとは難度的に「ザコは適度にピーキーで短くも歯応えのある戦闘を、ボスはじっくりとした緊張感のある戦闘を」、
    といった感じになってくれていればいいのだけれども。 予算と時間とレジェレガの反省点が十分にあることを祈る。


    私事として、最近はブラウザゲームの「インペリアル・サガ」をプレイしているのでサガシリーズをやりたくなっていたところ、
    最大5人パーティで陣形・技の閃き要素があるコマンドバトルRPGであるこのアラアラが出るというのは渡りに船。
    サガフォロワーを公言しているようなものだし、今回はストーリー要素も力を入れているようなので、実に期待・大。
    「ふつうのRPG」としても自由度やイベントシーンの作り方、冒険感にこだわっているっぽいらしいし。

    アライアンス・アライブ 公式(@alliance_3ds) | Twitter
    https://twitter.com/alliance_3ds


    その辺の開発のこだわりやアピールポイントについて頻繁に語ってくれる公式アカウントは、興味があればフォロー推奨。










    B01M2Z4K07アライアンス・アライブ【2017年発売予定】
    【予約特典】浜渦正志 全曲書き下ろし スペシャルサウンドトラックアルバム
    ダウンロードコード powered by レコチョク 付

    フリュー 2017 春

    by G-Tools


    関連記事
    タグ : ゲーム情報 3DS

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1852-474f7b11

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。