◆新着記事

  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  

  • スパロボ発の“魔神皇帝”ふたたび!?  スーパーロボット超合金 『 マジンエンペラーG 』 公開!

     2016-10-28
    edit
    http://tamashii.jp/item/11620/ (公式サイトへ)



    スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/11620/



    本日10月28日正午過ぎ、にわかに発表された商品に騒然となったMyTwitterTL。
    なんと、「新たなるマジンガー」が突如としてお披露目されているではありませんか。




    新たな魔神、
    新たな皇帝、その名も“マジンエンペラーG”






    http://tamashii.jp/item/11620/  MEG03.jpg (公式サイトへ)





    しかもよくよく見れば、なお驚きなのがその商品ページにあるその一文。
    2017年発売予定のスパロボ最新作PlayStation® 4/PlayStation® Vita用ソフト
    「スーパーロボット大戦V」で衝撃のデビューを飾るマジンエンペラーGを最速立体化!
    つまりスパロボVを待つものにとっては、完全新規の登場ユニットについての情報が、
    しかもスパロボで初のデビューを飾るという機体が不意打ちで飛び込んできたのだからそれは驚くというものである。
    これぞまさに、驚きとともに作品への期待を喚起してくれる嬉しい「サプライズ」。




    秋の生スパロボチャンネル第弐弾! その前に…… | スパロボ公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」
    http://blog.spalog.jp/?eid=863699

    31日のスパロボ生配信でホビー部の人がきて何を話すのだろうという点にささやかな関心があったけれどもこれで得心。
    なるほどこの機体についてとり上げるのだなと納得する次第。そして実際、その後に更新されたスパログにて寺田P曰く、
    魂NATION内で行われる座談会で少し触れたのち、やはり31日の生配信にてさらに詳しい情報を公開するとのこと。


    なお、発売は2017年3月予定、予約は10月31日から解禁とのこと。
    果たしてスパロボVはそれまでに出るのか否か。



    (※追記:
    いろいろ判明した分をまとめた最新の方はこちら →↓ 
    パイロットはやはり剣鉄也! 偉大な勇者の血を引く新たな皇帝『マジンエンペラーG』の判明情報まとめ。|のこのこや
     http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1857.html )










     ▼ スパロボVに向けて。


    さてこの「マジンエンペラーG」なる機体。

    最初のぱっと見の印象が「グレートの発展的なマシン?」であり、
    また「真マやSKLがスパロボでメインになりだしてから使う機会のない鉄也さん、そろそろ使いたい」
    という点がスパロボVにおける願いとしてあったので、こんなロボを見せられたらば期待がますます膨らむというものである。


    スパロボVにおけるマジンガーは、「真マジンガー 衝撃!! Z篇」の参戦と、
    「真マジンガーZERO vs暗黒大将軍」からは機体のみが登場という形になっている。

    「ZEROvs暗黒大将軍」の方では剣鉄也の乗るマシンとして「グレートマジンカイザー」が登場していたこともあるし、
    衝撃Z篇の先の話をZERO要素を取り込んでスパロボオリジナルにやるのかな、鉄也さん使えないかなーと思っていたし、
    マジンガーZEROだけでなくそのグレートマジンカイザーも機体として登場させ使わせてくれないかなと期待していたところ、
    そこで「スパロボ発の第二のマジン」としてこんなロボットがいきなり出てきたとなったらこりゃもうどうなるかわかんねえな!
    というドキワクが止まらないのが自分の今のテンションとなっております。



    エッジのある腿や前腕、腰のバックル的部分や頭部、ブレスト板などがまさにグレートを連想させるし、
    附された「G」の一文字からしても、「グレート版“皇帝”の真打ち登場か!?」という期待はどうしても膨らんでしまう。

    さらに同じ皇帝でも、従前の「カイザー」ではなく「エンペラー」と冠されたという点、
    「同じく“皇帝”の格であるが、カイザーの後を追うものではなく肩を並べるもの」という気概が籠もっている…
    …とかだったらいいなあと思いますね。




    と、「スパロボ発の魔神皇帝ふたたび」という風情のこのエンペラーG。
    カイザーの登場により、グレートはゲームとしてのユニット性能上はどうしても一歩譲ると見られてしまったり、
    グレートカイザーにしても、燃えかっこいいものの後追い感の強さは否めなかったところ、これが鉄也さん機になるのなら、
    新たなる、そして名を異にする「皇帝」の出現によってついに完全に肩を並べるかもしれないというのは、
    マジンガーとグレート、グレートとマジンカイザーなどのこれまでの対比構図に新たな一石を投じることになるのかも。
    とはいえ、真マジ&ZEROの今回は通常のマジンカイザーは登場しない(だろう)けれども。



    しかしZEROの「剣鉄也」はキャラ設定が「 ( -ネタバレゆえ割愛- ) 」だったり、真マジの鉄也は故人(一応)であるため、
    仮に乗るとするならば、いったい誰なのか想像もつかない「ブレード」の正体となる謎の人物あたりだったりするのだろうか。
    まあ、ふつーに甲児くんの乗る新マシーンだったりそれ以外が乗るという可能性もあるけども、甲児くんにはZEROがあるし…
    この記事、ほぼ99%「グレート版魔神皇帝」という確信と願望こみでそれ基準に語ってるけど、違ったらどうしましょう。

    まあ何にせよ、Vに留まらず今後のスパロボ全ての楽しみも増えるというものである。






     ▼ デザインを見てみよう。

    スーパーロボット超合金 マジンエンペラーG | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/11620/

    スーパーロボット超合金 マジンガーZ~鉄(くろがね)仕上げ~ | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/10987/

    スーパーロボット超合金 グレートマジンガー~鉄(くろがね)仕上げ~ | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/11418/

    スーパーロボット超合金 真マジンガーZ | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/1701/

    スーパーロボット超合金 マジンカイザー | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/10473/

    スーパーロボット超合金 マジンカイザーSKL ファイナル・カウントVer. | 魂ウェブ
    http://tamashii.jp/item/11162/


    過去の系列商品も参考にしつつ、あらためてエンペラーをじっくりと見てみる。

    やはりフォルムというか各部の印象からは「グレート」が一番近く、そしてその発展系のような印象を受ける。
    また、カイザー(OVA)やSKLとも比べると、意匠においてはそれらほどの曲面構成や彫りからなる有機的な禍々しさはない感じ。
    それら怪物的マシンよりも、どちらかというとマジンガー・グレート・真マジらの方に近く、それでいてヒロイックな雰囲気である。

    そしてやはり目を引くのが、黄金色のスクランダーと、そこから伸びるマントを思わせる紅黒のウイング。
    引き締まったマッシブさと確かなアクセントはありながらも主張しすぎない本体と、英雄的な印象を際立たせる翼が合わさり、
    質実剛健さと絢爛さを同時に両立させ兼ね備えたこの威容、仮に「偉大な勇者」の血を引くものだとしたら、
    まさにそれに相応しいように思える。勇者的・王者的な出で立ちというイメージを強く受ける。


    悪魔的なSKLとは実に対照的。背中合わせに立たせてみたいなあこれ。









     ▼ 余談。

    「武装の構成がグレートっぽく、中の人がいわゆる“戦闘のプロ”である」カイザーとしてはSKLがあったり、
    また名前としてはそのものズバリの「グレートマジンカイザー」が既にあったりなど、この度のエンペラーGも含め、
    「グレートな魔神皇帝」というのは発想としては現状けっこう数多くある感じになっていたりもするのであった。

    マジンガーZERO出典のZEROが今回登場するのだからグレートマジンカイザーの方も出てもおかしくないけどもいかに。






    関連記事



    コメント
    かつて、α外伝4コマでジロンがグレートに∀の髭を付けて
    「マジンカイゼル!」だとかやったら
    鉄也に追っかけられるというのがありまして・・・
    あれから十数年。グレートの強化版たる機体が正式に登場することになった。
    今回のマジンエンペラーGは天獄篇やBXへのアンケートで「鉄也さんの出番をもっと!」との声がありそのため発案されたと推測します。

    かつてマジンカイザーが発案されたのはダイザーでのデュークのオリジナルキャストが鬼籍に入られたため
    ダイザーの音声付きスパロボ登場が厳しくなったためで、
    当時はオリジナルキャスト重視が強かった(ボルテスVの健一役の白石ゆきなが氏は新ロボ出演キャスト締め切りギリギリだっとの逸話が)
    ことと、マジンガーチーム弱体化の懸念から
    (新はマジンガーZがマジンパワーで攻撃力アップするが燃費が厳しいとか)
    マジンカイザー発案に至ったのです。
    そして、いずれあのグレンダイザーギガがピックアップされる時が来るかも。
    【2016/10/29 09:49】 | にゃんぱす~ #RmVAfd/w | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1851-5f8f4e68

    ブログパーツ