◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    新型機“NX”あらため『 Nintendo Switch 』ついに公開! 発売は2017年3月予定。

     2016-10-21
    edit



    Nintendo Switch | 任天堂
    https://www.nintendo.co.jp/switch/index.html







    というわけで、10月20日23時より公開された新映像にてついにベールを脱いだ新型ゲーム機、
    開発コード“NX”あらため、『Nintendo Switch』がついに正式公開! 発売は当初告知どおりの2017年3月の予定。
    NXあらためニンテンドースイッチ略してNS。なんて呼べばいいんでしょうね。とりあえずNSかスイッチで。
    あんまりにも焦らすもんだから延期も覚悟していたけど、そうでなくてよかったよかった。











    しかしてその実態は、据置機と携帯機のハイブリッドというべきもの。
    セパレートなコントローラをタブレット状の本体に着脱、持ち運びができる携帯型ゲーム機でもあり、
    そして充電&出力ドックにセットすれば据置ゲームとして動作し、それぞれの形態をシームレスに“スイッチ(切り替え)”する、
    なるほど新しくありながらもWiiUにあったコンセプトをさらにもう1歩2歩も進めた雰囲気が伺える。







    483.png  484.png

    ニュースリリース : 2016年10月20日
    https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html


    ちなみにニュースリリースによれば

    Nintendo Switchは、家庭用据置型テレビゲーム機でありながらご自宅か外出先かを問わず、テレビモニターの前を離れて本体を持ち出して遊ぶことができ、一人でも大勢でもどこででもお楽しみいただける、かつてない娯楽体験を世界中の皆様にご提供いたします。

    と、あくまで「家庭用・据置型TVゲーム機」とのことで、
    真正の携帯ゲーム機であるニンテンドー3DS系列とはまた流れを異にするものである模様。

    しかし、当初は据置(GC)・携帯(GBA)に対する第三軸とされていたDSが結局は携帯機のスタンダードになったことを思うと、
    こちらも今後の趨勢によっては如何なる流れになるか未知数な気がしなくもないので、「携帯機はまた別」なのであれば、
    そちらの展開も尚のことより一層の気合とパワーを込めて送り出していってほしいものである。


    ほか価格やソフトラインナップ、仕様についてはまた後日発表とのこと。
    まだ隠している部分が多そうなので、さらなる情報公開が今から待ち遠しい。












     ▼ 気になるところを見ていこう。

    というわけで、動画や公式サイトの紹介を見ながら、主に本体まわりの目に付いたところをチェックチェック。
    形状については、発売までにデザインが変更される可能性もあるので仮くらいに見ておいても良さそうだけれども、
    今だからこその楽しみということで。



    484.png


    ・ディスクメディアではなく、ゲームカード式である。

    ・着脱可能のセパレートなコントローラーは『Joy-Con』というらしい。
    ・本体離脱時にコントローラーを付けられるグリップは『ジョイコングリップ』。そのまんま。
    ・従来型に近いコントローラーの名前は、WiiU同様『Pro コントローラー』らしい。新プロコン。

    ・四方向ボタンに左右スティック、ABXYボタン、L/Rボタン、ZL/ZRボタン、+-ボタンなど、一通り確認できる。










    483_20161022204623997.png  478.png


    ・プロコン、ジョイコンともに、左はスティックが上側、右はスティックが下側の配置に。
    ・また、スティックはフチに対して中側が平たく凹んでいるタイプ。










    487.png



    ・プロコンにもジョイコンにもあるけども、左側のこの■ボタンっぽいのはなんでしょう。シェアボタン系?










    476.png 478_20161022205115ca1.png


    ・本体後ろにスタンドあり。
    ・イヤホン端子は上側。










    479.png


    ・個人的に嬉しい&大事な点。本体から外してグリップに付けずセパレートな状態でも使用可能らしいこと。
    ・Wiiであったリモコン&ヌンチャクの姿勢フリースタイルという長所が、標準コントローラー環境で復活したといえる。










    493.png 500.png


    ・実際こういう風に積極的に使うかはともかく、「分離した左右それぞれを1コン2コンにできる」というのは目からウロコ。
    ・左右でスティック位置の上下が互い違いである、という点にまた別の意味を同時に持たせるという発想があろうとは。
    ・積極的に使うかはともかく、持ってない友達とも「ちょっとやってみよーぜ」的に気軽に体験に巻き込むことはできそう。










    488.png

    ・ジョイコン接続時は発光する部分があるイメージなので、グリップは中空ではなく中に何かしらは詰まっている模様。

    ・そういえば、分離した左右コンの動力はなんだろう。電池?バッテリー?









    468.png 472.png


    ・ドック横の端子(USB?)の大きさも参考にしつつ、乱暴に本体の大きさも推計してみる。
    縦10cm強~11cm弱×幅17㎝前後といったところ、WiiUゲームパッドよりだいぶスマートな感じ、というところだろうか。
    液晶の大きさはWiiUゲームパッド(6.2インチ)と同じくらい(6インチ前後)?


    ・ニンテンドー3DSLLの閉じた状態のサイズがゲームパッドの液晶より少し大きいくらいなので、
    3DSLLを持っていれば、それより一回りくらい大きいものとして本体サイズを想像しやすい…かもしれない?

    (New3DSLLは縦93.5mm×横160mm、3DSLLは縦93mm×横156mm、
     スイッチは縦100~110mm×横170mm前後?)









     ▼ ソフト関係を見ていこう。


    ・とりあえず、映像としては「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」
    「3Dマリオ」「マリオカート」「バスケゲーム(NBA?)」「スカイリム」「スプラトゥーン(新作?)」などが確認できる。




    494.png


    ・マリオカート。WiiU版「8」とはまた違うようで、
    「アイテムを2個スタックしている」「キャラクターがテレサ」など確認できる。








    503.png 509.png


    ・3Dマリオ。
    ・ヤッホホゥヤッホーゥ的な三段ジャンプ、幅跳びをしているところがアクションとして見て取れる。

    ・最初に映っているところはアクションステージではなくそこに繋がっている拠点や街的なものだろうか。
    背景の大きな月が印象的で、従来のキノコワールドとは異なる感じ。ギャラクシー系?

    ・あとさりげな~くamiibo映ってますね。








    520.png 479_201610222152162d7.png


    ・そしてスプラトゥーン。
    ・衝撃のE3デビューから発売ときて今まで時間もそんなに経っていないのに、すっかり“顔”の風格あり。

    ・イカそれぞれで微妙に髪型が違っていたりするのが注目ポイント。 次はその辺のカスタマイズ要素があるのか。
    ・ズボンというかパンツというかスパッツというか、フクの下側もそれぞれで長さが違ってたりするし。




    473.png 478.png


    ・そして気になる点。 本体を置いてプロコンで操作しているという点が当然印象に残りますね。
    ・プロコンなどでも操作できるようにはなるとして、その場合、MAP表示はどうなるのか、ジャイロ操作は、などが気になる点。

    ・そして大がかりな観客動員のある大会に臨む的な様子をみると、Eスポーツ的なゲームシーンを意識している気配も。









    onvert_20161022224127.png
    https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/img_161020/partners.png
    https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html


    ニュースリリースにある協賛・協力企業の一覧画像(一例)。
    アクティビジョンにベセスダ、フロムにグラスホッパー、ガンホー、インティに日本一、プラチナ、スパイクチュンソフトその他。
    いろいろ並んではいるけども、実際どの程度リリースしてくれるかは…どうなんでしょうね。
    日本一なんかはまず並んでいることがオドロキだったりしますけれども。

    まあ、非常に率直に「オーソドックスな1画面型ゲーム機」として使えるだろうし、
    「ソフト開発のしやすさ」も意識しているらしい向きがあるようなので、
    開発上の障壁というのは前世代までより減っているのだろうから、
    多少にくらいは期待してもいいのでしょうか。



    個人的には「モンハンの新作を3DSとスイッチでマルチ発売、クロスしてマルチプレイ可能」
    とかあればいいなーとか思いますけども。いちおう3Gと3GHDでマルチプレイできたような、あんな感じで。








     ▼ ほか、気になる点、疑問点。


    ・タッチ操作の存否
    ・ジャイロセンサーの存否


    映像においては分離時も含め、徹底して「ボタン型のコントローラー操作」だけを映しているなど、
    おそらくは意図的/意識的にフォーカスから外しているであろうと思われる、これらの要素について。
    「スタンダードでノーマルなボタン操作で楽しめるよ!自称ゲーマーの皆サンも怖くナイヨ!」的メッセージをビンビン感じる。



    その一方で、WiiやDS、WiiUなどの操作系が気に入っていた自分のような人間などにとっては、
    果たして操作にタッチスクリーン要素はあるのか(あるとすれば静電容量式か)、
    ポインタやジャイロなど動作検知等による操作要素はあるのかというのがやはり気になるところ。

    タッチ操作はインターネットブラウジングや多機能アプリ、文字入力などの快適性にも関わる部分だし、
    ジャイロ操作があるとないとでは、映像にあるイカについてもゲーム感覚が全く変わってくるので至極大事。

    …とはいえ、そういえば既に「ジャストダンス」シリーズの新作の発売が予定されているので、
    おそらくモーション操作にも対応しているとは思われるけれども。



    もしジョイコンにリモコンプラス相当の機能があるのなら、
    Wiiでは旧来のリモコン・リモコン+モーションプラス・リモコンプラスとバージョンアップは重ねれど統一環境とはならず、
    WiiUでは「対応」こそしていたものの「コントローラーとして標準」にはなりきっていなかったという状態から、
    「みながモーションプラス相当の環境を持っている」という状態がようやく基本になると言えるので、
    是非とも相当のモーション操作環境が整っていて欲しいところ。










    ・TVとスイッチ本体で二画面はできるのか

    となると、続いて気になるのがこの点。
    スプラトゥーンなんかはTVにメイン画面を、パッドにMAPを映すなどしてゲームに役立てていたけども、
    それが無くなるとなるとゲーム性や利便性に変化が出てくるのがこの点。

    できそうな感じにはあまり見えないけども、
    WiiUとゲームパッドの「そこいらの液晶TVより遙かに遅延レスで映像を伝送できる」謎技術がどっかに生きていてほしい願い。








    ・ドック側の機能の程度

    それなりのサイズがあり、USB端子っぽいものが見える充電ドック。
    TVへの出力装置も兼ねているこれにはどの程度の機能や内容物があるのか、というのも気になる点。
    おそらく外付けHDDなどはこちらに接続するのだろうし、有線LAN端子の存否はいかに。










    ・携帯機として使う場合「縦持ち」はできるのか?

    携帯時にはタブレットかスマホかっていう見た目になるのだから、「縦持ち」での使用はできるのかというのも気になる点。
    仮に縦持ち+タッチ操作ができるのなら、スマホアプリ系からの移植の途というのも広がりそうだし、
    縦画面にして中央で区切って疑似二画面に…とかできたりしないだろうか。






    ・VCはどうなるか

    コンテンツ面で気になるのは、やはりバーチャルコンソールの対応。
    WiiUでは「Wiiから移行したVCをWiiモードでならそのまま継続してプレイ可能」ではあるけれども、
    そろそろアカウントに記録されている購入情報と連動させてWiiUと3DS、Wiiで分かれている環境を一本化して共有したくもあるし、
    購入済みのデータになんかこー、もういっこエミュレータを噛まして動作を統合でもできないかとか、
    Wii版のみVCにありWiiU版では出てないVC(アーケードなど)にあるプレイ障壁とか、その辺の整理とか、
    もろもろキレイになってほしいという、そういう願い。




    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1847-557bd8b0

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。