◆新着記事

  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  

  • OGMD : WEBラジオ番組『ボイス・スパログ』第2回が配信開始。今回はお便り返しメイン。

     2016-09-21
    edit




    Webラジオ 熱血!必中!ボイス・スパログ! | スーパーロボット大戦 公式サイト[SRW]
    http://suparobo.jp/topics/voicesupalog/index.html


    今回はゲームソフト発売後にお送りしているWEBラジオ番組『ボイス・スパログ』、
    視聴者からのお便りにも答える第2回が本日配信開始。



    というわけで、お知らせついでのリスニング・メモ。
    ( ※ 9/23、番組を視聴した感想部分を追加して更新。)



    ・メインパーソナリティ
    浅野真澄 (テンションテニア寄り)
    寺田 貴信 (プロデューサー)
    原 道太郎 (青二プロダクション 音響制作)



    ・ダークブレインの次はザンエルを出そうというのは早期から考えていた。
     ・スカルナイトやデブ公などを出してほしいという声も若手から上がってきていた
    ・ライターとの相談の中で、「ザンエルは当初本来ロアの味方であったけれども敵になるという展開はどうか」
    という案がでてきた。知ってる人は「あれ、ザンエルって敵だったんじゃないの?なんで味方なの」みたいな形にした。


    ・三幹部以外にその部下も出そうと考えたりしたが、予算の問題でカット。


    ・スカルナイトはついで録りではなくちゃんと決めた。


    ・オーバーカイザーソード、PS2当初は大張氏のコンテが凄すぎて再現が不可能だったが、
     今回コンテの再現度をUPした結果、ああなった。


    Q.青いラフトクランズ、今回登場してないけどなんで?
    A.結論から言うとグランティードをメインにする話の都合上、話がブレないように自機版ラフトクランズは出さなかった。
     あとグラフィックを作る余裕が無かった。
     アル=ヴァンのラフトと同じ(使い回し)で出すのもどうなの?という点とグランティードを立てる点とが半々。


    Q.GCで初登場したジークとサリー、PVでは敵だったが本編では一度も戦わなかったけどなんで?
    A.話を考える前にひとまず敵verを作りはじめて、その後に話(2人が敵にならない展開)が出来た。


    ・(韓国のファンより) キャラの正確な年齢やプロフィールが明らかになっていないので知りたい。
    A.身長とか年齢は設定されている。 が、アニメの時(OVAと思われる)に公表したら、
     結構「そういう設定だったとは思わなかった」と内からも外からも言われたりしたので(想像にお任せする感じになってる)



    Q.なんで魔装Fのサキト君は、マサキたちと一緒に地上に上がってこなかったのか?
    A.最初はレイブレードとサキトを出す予定だった。が、諸々…作ってると間に合わないぞ…ということで没。
     名残として、アケミたちの会話に出てくる「行方不明の生徒」というのはサキトのことである、というのがある。
     そこで名前を出して後で登場させないということもなんなので、詳しくはそこでは触れていないし、知り合いにするかも未定。


    ・今作のマサキは当初、サイバスターが使えないので、デュラクシールに乗って出てくることを考えていた。諸事情でボツ。
     なのでサイバスターのイミテーション・リチュオル・コンバーターの設定を前倒しにして従来通りサイバスターで登場。


    ・なお、もっと当初は、マサキが帰還するのではなく、サキト、シュウ、アーマラで登場する構想だった。がボツ。
     そこからマサキがデュラクシールで登場する考えも出たがボツ、現状の登場の仕方に落ち着いた模様。


    ・3回目決定。




    ▼ 聞いた感想


    えーとですね、聞いてていくつか思ったことがあるんですが、まずひとつ目。


    ・ライターとの相談の中で、「ザンエルは本来ロアの味方であったけれども敵になるという展開はどうか」
    という案がでてきた。知ってる人は「あれ、ザンエルって敵だったんじゃないの?なんで味方なの」みたいな形にした。



    まずこの件。 どうにも不可解なんですけど、そもそも「ザンエル(XN-L)」の名前って、ラスボス戦以外で出ましたっけ?
    「フェノッサに搭載されている神体」の話はあっても、ザンエルの名、またはそれに結びつく情報って無かったと思うんですけども。
    「ザンエルという存在がロアの味方側に位置していた」という情報がラスト以外ゲーム中でプレイヤーに示されることがない以上、
    グレイトバトル経験者であっても「あれ、OGではザンエル味方側なの?」と不思議に思う構造は成立しませんよね。

    正直、制作者の声を聞くことで「ナマイキ言ってスンマセンッしたァッ!!」ってなるくらいのことは期待してたんですよ。

    以前の記事でも「企画段階での意図と、結果として出来上がった製品の実際の内容の乖離を把握してないのでは」
    という疑問を呈したが、これでその疑念がますます強くなってしまった。







    ・「予算」「作業量」「時間」など、繰り返し強調される「リソースの限界」について。

    単に「振り分けられるリソースにも限界がある」という話は、当然理解できるんですよ。
    何においてもそうだし、これまでのスパロボだってその制約から逃れたことなんてない。
    しかし、この点についても、思ったことがいくつか。

    「味方バージョンを作るとそれだけ手間がかかって、他に圧迫される部分が出てくる。だからガリルナガンは(敵Verの)反転」
    などなど、それ自体は別に文句もないけれど、それだけ作業量が限界なんです~と言う割には無駄が多すぎません?という。

    「え、それなら前作でいちおう味方としても使う機会があったデュラクシールを使うことに何の不都合が?」というのと、
    「そんなにカッツカツなら、何でRシリーズとか量産型ヒュッケバインとかの頭身作り直しと戦闘アニメ調整とかしてんの」という二点。


    頭身の上がったR-1とか、カッコよくてイイですよね。
    量産型ヒュッケバインMk2なんてまるで別物のようになって、実は密かに好きな自分としては嬉しい点でもあるんですよ。
    でもそんなに作業量が限界なんです、というなら、これらに振り分けるのなんて優先順位間違えてない?という思いを拭えない。
    Rシリーズ個々を作り直すよりも、その手間があるならSRXの武装に「SRXフルバースト」でも追加して欲しかった。

    まあプレイヤーごときには分からないことで、
    複数体の頭身とモーションを作り直しても新規アニメひとつにも及ばないのかもしれませんけれど。



    159.png

    http://www.carddass.com/crusade/item/og16th.html
    OGクルセイド新弾ムーンデュエラーズ編のカードにまさに「SRXフルバースト」のカードとか作るくらいならさあ、
    本編にもくれよ、っていう。でなければサイバスターに擲斬撃か虚空斬波のひとつでもくれよ、って。
    発売前なら無邪気に喜んでいたけど、結果として今では「そんな無駄手間より他にすることがあるのでは」と思えてしまう。
    「敵verから作り始めたら本編では敵として戦う機会が無くなったジーク・サリー」みたく、
    開発初期に「これらとりあえず作り直しといてー」っていう感じだったんですかね。



    そしてもうひとつ。
    「味方バージョンのデュラクシールを作らなきゃいけないからそんな余裕なくてボツ」とは言うが、
    ガリルナガンを反転して使い、また基本的・全体的にほぼ前作からの流用されている中で、
    なぜデュラクシールは(いちおう味方として使える機会もあったのに)使い回しではいけないのか?という疑問。
    ズシンズシンと重々しく歩くのはマサキのイメージじゃないから~とかかもしれないが。

    また「マサキとサイバスターはセットのイメージなのに他の魔装機に乗るってどうなの~」とか
    「まあ、超魔装機ですし、そんなにほいほい出てきても~(by原)」などとは言うが、
    魔装Fではセニアが乗ったり、そもそもマサキはジャオームやザインなどに乗ったこともある上、
    サイバスターの運用が元の通りにはできなくなってるという都合は理解されているのだから問題あるとも思えない。
    それをせずサイバスターを使わせるなら、前作そのまま未調整ではなく、いっそ弱体化させてでも変化がほしかった。

    まあ使いたいと特段に強く思っているわけではないけれども、「OG本編上では前作で戦い死に別れたフェイル殿下と」
    「魔装2では精霊界の修行でマサキと霊となったフェイルが再会、対話し、再び理解し合えた」「そのマサキが殿下の機体に乗る」
    というのは、そういうアイデアがあったと聞くと、それをしなかったのがとても惜しく思えるのであった。




    ・次回作、大丈夫?

    最後にして最大、すべてはここに集約される「次回作は大丈夫なのか」という不安。
    今回そんなに予算が厳しいのかといっても、第二次OGの大・大・大延期からすればある意味では自業自得な感はあるが、
    その中で製作が大変であったとしても、その結果を内容という形でプレイヤーとして見ることになりたくはないのである。
    「延期のツケを生産するためのOGSに対するOG外伝」のように、「大延期の第二次OGに対するDPやMD」のようなもので、
    まごう事なき本編である次はそれなりの予算が…と考えようにも、今回もいちおう「本編」と謳われていたことは事実。
    (とはいえ予算・採算的にはホントに「外伝」レベルだった疑いが強いけれども)


    第二次OGでは作業量の増大と延期に見合うほどの売上げも出てなかっただろうし(30万未満)、
    さらにほぼ半減の今回の結果(約15万)かつ、今回の内容の上でもなお「予算が…」という状態で、次回はどんな有様になるのか。
    やはり不安を募らせずにはいられない。



    ・ついで話

    現状、キャラクター辞典の掲載情報が貧弱すぎるのだから、
    年齢その他の設定くらい、「新規ファンのために」載せてあげたっても別にいいんじゃないでしょうか。
    シリーズ中で辿った簡単な経緯も記載するとか。

    そういえば僕なんかは身長設定が一部載っていたOVA当時から情報を追いかけているから当たり前のように知っているけど、
    それ以降のファンや、新規ファンとかはそういう情報を知る端緒すら与えられていないんですよね。
    身長だってイメージと違おうがなんだろうが、あるならあるで、情報格差解消のため設定資料集にでも載せてしまえば良いのに。
    イメージと違うと内からも外からも言われたから~なんて、言われて気にするべきところはそこじゃあないと思うんだな。










    第1回を今の今まで聞いていなかったのでついでに

    ・少なくとも2回はやるよ(3回目決定)

    ・しょーもないクッソみたいなラジオ(by原道太郎)

    ・原道太郎氏、第二次OGの企画を聞かされた時にカルヴィナ来るかな?と思ってキャストを考え、
    別のアニメのオーディション素材を録る時についでに浅野真澄にサンプル的に原稿を渡して読んでもらい、寺田Pに渡した

    ・竹田氏の外伝『告死鳥戦記』の案として、カルヴィナの「ホワイト・リンクス」時代を出そうというものはあった(ボツになった)

    ・OGや魔装機神は原氏が一部キャスティングを行っている

    ・カルヴィナの初期パートナー、スタッフからはカティアにしたいと言われ、Jのライター鏡氏にもその方がいいと言われた。
     ・が、勝ち気なテニアの方が前向きに話が進むんじゃないかと思ってテニアにした。


    ・カロ=ランは前作でいうコンターギオ(cv:島田敏)と同じ「困った時の敏だのみ」で決まったらしい。



    ▼ こっちの感想。

    思うんですけど、スタッフの意見や鏡氏のアドバイス通り、「序盤のカルヴィナのデフォルト相手」はカティアで良かったんじゃ。
    勝気さや元気さで前向きに話が進んでいくんじゃないか~との目論見だったようですけど、実際にできたものを見てみるに、
    元気さを殺されてばかりの印象が残っていて、別に何も全く前向きになっていなかったような気がするんですよね。


    153.png
    こんな顔の印象ね。


    ならば、脆さの裏返しとして明るく振る舞っているようなところのあるテニアよりも、
    アドバイス通りに、冷静かつカルヴィナの語気に対抗できるような弾力のあるカティアの方が、まだ良かったんじゃないかと。
    そんでテニアは、序盤内向きなトーヤとメルアを引っ張って地上で周りと絡んでいく方向で良かったのではと。
    「声がぴったり相性がいいと思う」という点で推すには、結果としてできあがったシナリオが弱いんじゃないかと。
    そういう感じ。


    あと2回目からは実際注意でも入ったのかおとなしく進行するようになってましたけど、
    自虐ネタだろうとはいえ「しょーもないクッソみたいなラジオ」とかいうのは言わない方がいいと思うんですよね。
    「物好きしか聞いてない番組」くらいならともかく、「お? ヌシゃぁリスナーの耳にクソ塗り込んどるつもりなんか? お?」
    ってなもんで、聞いてる側も巻き込んで不必要な貶め方をするのはあまり良くないことだろうと思います。はい。




    関連記事


    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1840-573478d2

    ブログパーツ