◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • OGMD プレイ後感想 : エース&カスタムボーナスについて。

     2016-07-30
    edit
    http://srwog-md.suparobo.jp/
    スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
    http://srwog-md.suparobo.jp/





    ▼ エースボーナス

    撃墜数が50を超えたパイロットが「エース」として認定され、
    初期気力+5、獲得資金1.2倍ほか、それぞれのキャラクター固有の効果が付与される「エースボーナス」。
    今作OGMDにおいては多くのキャラが前作までとは異なる効果に変更されており、全体的にかなりバリエーション豊かに。
    純粋に強力なものへと変わったキャラから、前作までの効果+αとなったキャラ、条件付きで強力な付加効果を得られるキャラ、
    役に立たないけど面白いキャラ、ひたすら役に立たない効果のキャラまで、多種多様。

    個人的に好きなのはレーツェルの「周囲1マス以内に黒い機体がいる場合、ターン開始時に集中がかかる」というもの。
    黒い機体を好むキャラ自身の設定と、「集中を持っていない」という穴を丁度埋められるカユいところへ手の届く要素、
    信頼補正のかかるギリアム&ゲシュRVや、その強さで使う人も多いであろう零式などで条件も満たしやすいなど、
    面白さと実用性を兼ね備えた効果のボーナスとして一際印象に残る。


    ただ、強ければ嬉しいし、強い上に面白ければ言うことはなく、
    弱くても面白ければ許せてしまうが、面白くない上に使えない効果のキャラはどうにも如何ともしがたい。
    上記に名前を出したギリアムは「ターン開始時に10マス以内のキャラに偵察をかける」などという効果で、
    とくに役に立たないどころかむしろ邪魔になったりもしてレーツェルとは明暗が分かれてしまった感じだし、
    「HP30%以下で1回だけ気迫」のヒヨコ君や「HP20%以下で闘志」のアルバイター氏などは使いどころがほぼ無いと言ってよく、
    「移動力+1、空地形の相手にCRT+30%」というマサキなどは加入以後、空地形にいる敵が1体しか登場しないという始末。
    レオナの「念動力Lv+1」は、見切りと合わせれば疑似天才っぽくできた前作の「最終命中回避+10%」の方があの一族っぽいし、
    L9キャラとL8以下キャラで設定上区別されている感があるし念絡みで出番も無いのに「何故そんな効果」という疑問が出るし、
    (例えばZシリーズのタケル的に、クスハ辺りが「"念動力"が"強念者"に変更」とかだったらナルホドと思うだろうけども)
    アヤの「自分を起点にMB発動時、気力低下が0になる」などそんな機会も無ければ今ひとつ意味も分からない、等々。
    「集中力によるSP消費削減効果+10%」て、ヴィレ隊長よりアヤの方がそれっぽくない?って気もする。
    「そんなんなら変に変更しなくていいよ…」というキャラもままいるのが痛し痒しというところである。



    リョウトの「命中+10%、自部隊の射程+1」やユウキの「自部隊の射程+2」、ラミアの「海以外適応S化」など、
    強力になったキャラは全く嬉しいことには変わらないものの、どうしてもボーナス内容の格差が気になってくるのも確か。
    全般的にはようやく面白い方向で変わっていっていると思うので、これからの動向にますます期待したい。







    ▼ カスタムボーナス

    一方、機体改造を全項目10段階済ませると自動的に付与される、
    選択制の汎用ボーナスとは別の各機体個別に設定されているボーナス「カスタムボーナス」。

    「こっちはあまり言うこと無いな…」と思ったけども、
    全5段階改造でカスタムボーナスを獲得できるようになったZ3や、
    10段階だけでなく5段階でも機体ボーナスがパワーアップするUX/BX系列のように、
    こっちも5段階改造で獲得できてもいいのでは?という辺りはあるかもしれない。

    特にZ3では5段階でボーナス獲得できるようになったことは、
    各機体の効果を確かめる&活用するため積極的なボーナス獲得のためのモチベーションにもなってとても良かったと思うので、
    是非こっちの方も良いところはどんどん倣っていってもらいたいところだ。


    ただ言っても詮無いであろうことでも一応言うとすれば、
    こちらOGの方はZシリーズと違って、個性的な効果のボーナスもとりたてて無ければ実際突飛な効果も設定しにくいであろうし、
    ならいっそL~BX系列のような機体ボーナス制度になりゃしねえかなあ、というのが第二次OG前から思っていることとしてある。
    とはいえOGではアビリティ制度というものも出てきているし、カスタムボーナスで変わることはないだろうから、
    やはりまぁせいぜい「5段階改造でボーナス獲得でもよくない?」くらいしか言うことはないのであるけれども。



    あ、ひとつあった。
    「ALL武器がALLW武器になる」とかいう少しも得しないボーナス効果とかいいから、
    リーゼに「武器地形適応S化」を返してあげてください。

    技能は統率くらいしか見るべきところがない上に精神も年々パッとしなくなっていき、
    そのうえ機体にも秀でたところが無くなっていく一方でマジかわいそうです。




    関連記事
    タグ : OGMD感想

    コメント
    最近のキョウスケの不遇振りは凄いですね…
    OG1~外伝の扱いが嘘のようです。
    個人的にはOG外伝までの強みをまんま戻しても良いと思いますが。

    あ、念動力→強念者になるのはリュウセイやブリット、リョウト辺りもそうなって欲しいです。
    【2016/07/30 21:44】 | アッカナナジン #- | [edit]
    枠の緊縮や攻撃力などの下方修正の影響を受けているのはみなそれぞれ同じではあるものの、
    「よりによってそこを減らされるか」というものを取られ、さらには弱体の度合が大きい改造ボーナスも合わさって余計に印象的。
    今やオクト小隊の方が4人中3人加速を持っててよっぽど強襲型小隊してますからね…
    かたやATXは非常勤のアリエイルだけっていう。



    OGではサイコドライバーという単語も未だ出てこず、
    一部のキャラが強念であると稀に触れられるのみで、どういった概念なのか言及されることもほぼないので、
    今後シナリオ中でサイコドライバー(強念者)についてが掘り下げられるならば、
    そういう点もどっかしらで性能に反映されないかなー、と思いますのう。

    せっかくZで超能力→超A級超能力とか、螺旋力∞とかいう表現もされたりしてることですし。



    【2016/07/31 01:01】 | のこや #- | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1825-d9732d52

    ブログパーツ