◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • 【 Wii U 】 Splatoon / スプラトゥーン : 多くのブキに調整が入る更新データVer2.2.0、10月21日配信。

     2015-10-17
    edit



    『Splatoon(スプラトゥーン)』 更新データ(Ver.2.2.0)配信のお知らせ
    http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/update/index.html


    『Splatoon(スプラトゥーン)』 更新データ(Ver.2.2.0)の詳細内容
    http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/update/index_220.html




    発売からそろそろ半年になるにもかかわらず、まだまだアツさが収まらないスプラトゥーン、
    このたび公式より、10月21日のVer2.2.0のアップデート更新データ配信が告知された。

    項目の多くなかった2.1.0とは異なり、メインブキの大部分に何らかの変化がある大規模更新。
    マッチングもSランク以上どうしのマッチングを強化したり、勝敗時のポイント変動にも手が入っている。
    またブキの調整それぞれの具体的な数値を記載、より具体的な説明を要する際には動画も載せるなど、
    詳細ノートを読むだけでもタイトル自体への尽きぬ意気込みが伝わってくるかのよう。

    様々なものを参考にしできる限りを行っているであろうこのイカからさらにフィードバックを得て、
    さらにその他の多くのタイトルへとノウハウを活かしてほしいところ。



    以下は、ブキ修正点で自分の気に留まったところをあれこれ。


    ・ スプラシューター
    ・ スプラシューターコラボ
    ・ ヒーローシューターレプリカ     
    ・ オクタシューターレプリカ      ▼1発のダメージを36.0から35.0に減らしました。


    ダメージ値にして1という小さな修正に見えるが、実のところは大きな変化。
    攻防UPのない素の状態では3発で相手を殺せることに変わりははないが、
    防御ギア大をひとつつけるだけでそれを4発にできるようになったというのは大きい。

    標準的なシューターといいながら意外なほどに殺傷力が高めだっただけに、
    他のブキでも撃ち合えるが余地を出しやすくなったのは使用者環境にどう響くか。





    ・ シャープマーカー
    ・ シャープマーカーネオ    △1発のダメージを26.0から28.0に増やしました。


    素シューターとは逆に2ほど威力が上がるシャープマーカー。
    防御ギアで減衰されにくくなり、マーカーメインのユーザーとしては嬉しいところ。

    とはいえ連射が速く集弾精度が高い反面、
    1発の威力は高くなく精度の高さゆえエイムが曖昧では殺しきれなかったりするという長所短所は相変わらずだろうし、
    殺しにかかる時の角度やタイミング、狙いの正確さもこれまで通り以上に気を付けて上達していきたいものだ。






    ・ N-ZAP85
    ・ N-ZAP89              △発射中の歩行速度をこれまでと比べて約11%速くしました。
    ・ デュアルスイーパー
    ・ デュアルスイーパーカスタム   △発射中の歩行速度をこれまでと比べて約20%速くしました。

    発射中の移動速度がそれぞれ1~2割ずつ上昇するこれら。
    地味なようでいて実際ジミな感じだけど、1~2割というのは結構大きくかなり実感できるのではなかろうか。




    ・ L3リールガン
    ・ L3リールガンD    △1発で塗れる面積をこれまでと比べて約10%を広げました。
    ・ H3リールガン    △射程をこれまでと比べて約15%長くしました。
                 △1発で塗れる面積をこれまでと比べて約15%広げました。


    個人的に注目度が高いのがこれらリールガンの上方修正。
    他の「ボタンを押しているあいだ撃ち続ける」セミオート武器と異なり、ボタンを押した時だけ3連射するという性質のため、
    発射一単位ごとの塗り力が上がれば、利便性も相手の足の奪いやすさにも直結する。
    それに加え、H3リールガンでは射程まで15%も上がるため、結構な存在感を示せるようになりそう。…なればいいなあ。




    ・ダイオウイカ

    変身解除後の攻撃不可能時間が伸び、攻撃されるときの当たり判定が大きくなるなど、大き目の弱体が予想される。
    これまでは敵インク占有地で変身が解けてもテキトウに足元を塗って脱出できれば問題なかったが、
    この調整によって、迂闊な敵陣での効果終了は脱出もままならずカモられる可能性が高くなりそう。
    ちゃんと考えてより慎重に使うようにせねば。




    ・ローラー各種
    ・ブラスター各種


    今回の修正の大本命。
    それぞれ振った時の飛沫や弾の爆風による範囲的な攻撃が特長の武器種だが、
    全体的に攻撃の中心以外による被弾ダメージが低下することで、「より正確に狙わなければ殺すことができない」ようになる。
    今までが曖昧にでもとりあえず振って当てれば殺せすぎたから尤もといえば尤もな調整だが、
    これまで頼り切っていた人は苦労しそうだ。



    とはいえ、全体的には上方修正が目立つし、ローラーやブラスターについても
    「殺すためには曖昧に撃てば倒せるだけではなくなってより確実なスキルが必要になり、相対的に全体の環境は緩くなる」
    という印象。実際にどれほど変化が実感できるのか、試してみるのが楽しみである。







    他にもまだまだあるけどキリがないのでやめ。
    まあ、これまでキル武器に「頼る」という発想で使っていた人たちには頑張っていただきたい。
    それも私だ。





      

    関連記事


    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1767-cb102499

    ブログパーツ