◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • スパロボBXプレイ後感想 : パイロット特性 / 隣接補正

     2015-10-08
    edit
    スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード) スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

    スーパーロボット大戦BX|公式サイト



    今作の新規要素であり、過去作にもあった「隣接補正」を新たな形で復活させたのがこの「パイロット特性」。
    結論から言うと、活用すれば効果としては非常に大きく、使うと使わないとでは、全体の難易度をすら左右するほどのもの。
    しかし、公式サイトには記載されず、スパログのみでの発表&紹介と、非常に扱いの小さなものだった。


    スパロボBX 発売約一週間前! | スパロボ公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」
    http://blog.spalog.jp/?eid=863683


    お陰で、システムとしては良感触な一方、
    効果発動エフェクトもなくゲーム中での表示のさりげなさのせいで存在をほとんど知らない人、
    知っていても扱いの小ささにそこまで効果があるとは思っても見なかったという人もいるなど、
    扱う上での煩雑さは全く無いのにゲーム内外の事情で活用にこぎつけるまでの壁があるという不憫な新システムだった。
    まずそこがいちばんの大きな反省・改善点であると思う。







    ▼ 気を取り直して。

    パイロットごとに設定された
    「格闘」「射撃」「防御」「技量」「命中」「回避」の属性項目に応じて、
    隣接するユニットがプラスの効果を得られるというのがこの「特性」の仕組み。
    「回避」のアルトの隣なら回避率がUPし「命中」のリオンの隣なら命中率UP、「格闘」刹那なら格闘攻撃が威力アップ、という具合。

    ちなみに隣接さえしていれば、PUサブ機体の項目にも補正を受けることが可能。
    例えば「回避」キオ/「格闘」フリットのPUの隣にいれば、回避&格闘両方がプラスになる。
    (なおサブ機の特性については(この場合格闘)効果が半分になる模様?)



    特筆すべきは、この補正効果の大きさ。
    なんでも効果数値=キャラクターLv分とのことなので、後半に進めば進むほど強力になり、
    Lv50の回避ユニットを隣に置けば丸々50%分の回避率が常にプラスされ、戦艦ですらヒョイヒョイ回避が可能に。
    またレベルが離れ、育成が遅れているユニットも、この特性を生かすことで前線についていきやすくなるのも利点。
    無論、主力機同士を隣接させて前線でさらにドカドカ暴れさせることも可能。








    ▼ 個人的には。

    個人的には、ふたつの点で好評価の新システムであるこの特性。

    ・ユニットの運用において単騎での突出を「不便」にする方向性での「制限」ではなく、
    利用した方が「有利」になるという方向性で、複数機を使うように心理的誘導をするように働くという点。

    ・敵にはなく、味方にだけ許された、単純な能力値以上に、
    「力を合わせて戦えば実力以上のパフォーマンスを発揮できる」というゲーム上での「表現」として機能している点。



    という二点。
    単純に「味方が有利になる新システム」というだけでもお気に入りだけども、
    これひとつで二重三重の効果を導き出しているように思われるというのも好感の理由。





    ▼ 欠点としては。

    だけども、欠点というか、物足りない点もまだまだある。
    利用することでいくつもの効果を発揮できるとは言ったが、それは意識して使えればの話で、
    上述のように「あまりのさりげなさ、扱いの小ささで気付きにくい」という事情でまずひとつハードルがあることや、
    効果数値を確かめられる表示がゲーム中のどこにもない、効果の発揮状態がわかりにくいという不親切さで、
    効果の実感や意識的な活用をしはじめるまでのハードルがもう1つ2つある、というのが主な欠点と思う。
    特性属性の隣に補正数値を表示したり、またなんらかの形で効果発揮がわかるようにして欲しかった/するべきだった。




    とはいえ使ってみれば感覚良好かつよい表現になっていることには違いないので、
    次以降も変に効果を小さくしたりすることなく続いていってくれればいいと思います。













    関連記事
    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1763-427ff488

    ブログパーツ