◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    【3DS】 プロジェクト クロスゾーン2 : せがた三四郎など新登場キャラほか、OP&EDテーマ情報など公開。

     2015-09-13
    edit
    PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)


    PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD|バンダイナムコゲームス公式サイト
    『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』特設サイト





    > 『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』せがた三四郎など新登場キャラクター続々、『TOV』ザギ、『.hack//G.U.』葬炎のカイトなども!? - ファミ通.com




    11月12日発売のプロジェクトクロスゾーン2。
    ナムカプから10年ぶりに零児&小牟を主人公として送られる今作について、新たな情報が公開。
    今作からの新登場キャラや、前作からの続投、ほかライバルキャラや、OP&EDテーマソングについてなどなど。






    ▼ キャラクター

    前作PXZに続いて、エンドオブエタニティの三人組が参戦。
    ただし前回とは組み合わせが変わり、ゼファーとヴァシュロンがペアに、リーンベルはソロユニットになっている。
    今回は通称「リア充爆破した」必殺技はやらないのだろうか。


    ほかソロユニットではおなじみ三島平八や、ナムカプぶり(?)となるキャプテンコマンドー、
    新規にスターグラディエーターから登場するほか、何と言っても驚きなのがせがた三四郎の参戦。
    いちおうゲームも出ているものの、ストライクゾーンギリギリを突く変化球のような剛速球のような、もちろん声は「藤岡弘、」氏。






    ▼ オープニング&エンディングテーマ


    OP 『世界は一つの舞台』
    ED 『月灯りのカーテンコール』


    二曲ともに、作曲は古代祐三氏、作詞はディレクター&シナリオ担当である森住惣一郎氏。
    ナムカプと同じ布陣であり、さらにはその曲名からはナムカプのテーマを強く意識せざるを得ない。


    「すばらしき新世界」と
    「世界は一つの舞台」、


    「いつかきっと、月の下で」と
    「月灯りのカーテンコール」、


    そして小牟の台詞である、「世界はつながっておるんじゃ。いつかきっと、月の下でな」の全てが渾然一体となって、
    ナムカプからの10年を凝縮したようなタイトル。最強にだるかったけど最高に面白かったナムカプの、
    いろんなキャラクターがモリズミックワールド解釈描写されて、そのみんなの前に立って引率していた零児らはやっぱりその顔で、
    彼らの活躍と、その締めくくりを表した「月の下」の「一つの世界」を今もって忘れず外さずいてくれることのな… このな…

    10年前のデビューから少しずつ、されど着実に印象的に出番を繋いで、10年越しのメインストーリー主人公、
    そしてこのタイトルときて、キャラクター自身もここまで見てきた自分たちの思い出も大事に大事にしてくれてるような感じがして、
    本当に胸に迫るものがある。まさかここまでナムカプへの思い入れが強かったとは自分でも思わなかったが、
    テーマソングそのものを聞く前から、タイトルだけで嬉しさで涙が出る始末である。



    というわけで、せがた三四郎の参戦というサプライズなネタよりも何よりもそれよりも、
    ただ曲名と作詞作曲が公開されたに過ぎないOP&EDテーマの方が個人的には大きなニュースだった今回でした。



      


    関連記事


    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1755-0d7a95f4

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。