◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • スパロボBX : プレイ開始直後のあれこれ。

     2015-08-20
    edit
    スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード) スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

    スーパーロボット大戦BX|公式サイト
    http://srw-bx.suparobo.jp/



    ついに発売日を迎えましたスパロボBX。
    パッケージ版を買うかDL版を買うか迷ったものの、
    店に買いに行く手間も惜しく、また開店を待ちきれなかったので、今回はDL版を購入。
    発売日の0時から配信開始なので、自分と同じくせっかちな方は今後の選択肢にいかがでしょう。



    そんなこんなでプレイを開始していますが、どれだけ進んだかというと進んでません
    10時間ほど従来より早めに買った甲斐はあるのかないのか微妙なところだけれど後悔はしていない。
    というわけで、いつものようにプレイし始めで気になった点、変更点や新要素についてメモ更新。







  • ダウンロード版の初回特典コードの受け取り方について。

  • 3DSのeSHOPを起動し、左上のメニュー項目から利用記録を選択。
    スパロボBXの明細を開くと、ページの中ほどに特典DLコードが載っているので、後はパッケージ版と同様に、
    ゲーム内特典はゲーム内の追加コンテンツ欄から、第二次FC版はeSHOPのその他欄から「ソフトの引換」でコードを入力する。
    それぞれ別のコード、別の入力場所であることには注意。






  • 初回特典キャンペーンマップ&ツメスパについて。

  • その初回特典のキャンペーンマップとツメスパはプロローグ終了後に利用可能。
    キャンペーンでは各作品の初期主人公機たちを、ツメスパ1では騎士ガンダム、アレックス、剣士ゼータと闘士ダブルゼータを、
    それぞれ本編の登場に先駆けてツマミ食い的に使うことができるので、本編登場が待ちきれない!という方はどうぞ。






  • 『バトルレコード』の追加。

  • PS系でいうトロフィー条件や、XBの実績と、Zシリーズにあるコンバットレコードなどを複合したようなもの。
    ゲーム開始やゲームクリア、シナリオコンプ、エースの育成や一定以上のダメージ達成、果ては中断メッセージ視聴など、
    一定の条件を達成すると「バトルレコード」が達成され、「部隊ポイント」が加算されるというもの。
    部隊ポイントが一定以上溜まるとボーナス資金やアイテムが支給される。

    なお、項目の中には「ゲームオーバー後のリトライをせずにクリアする」ノーリトライプレイという項目があるので、
    これを狙いたい場合は全滅プレイ愛好者の方は注意。






  • 拡張スライドパッドに対応。

  • 旧3DS&LLの追加アタッチメントである、拡張スライドパッドにも対応。
    今ではNew3DSに標準で右パッド(Cスティック)とZR/ZLが追加されているので、そのためと思われる。

    使用したとしても、PS2~PS3系のスパロボでいうR2/L2操作をZR/ZLで行えるようになるくらい、
    従来のDS系ではX+L/Rで対応してた操作をワンボタンで行えるという程度なので、使用しなくても全く問題はない。
    しかし、普段から拡張パッドをグリップ代わりに使っている自分としては使い道があって嬉しいところ。






  • 音量の項目別調整が実装。

  • 前作UXまでは単純に総音量を大きいか小さいか選ぶしかなかったが、
    今回BXでは、音声/効果音/BGMで個別に音量を調整できるようになった。


    UXでは各項目の音量バランスが悪く、SEやボイスの音質も良いとは言えなかったので、
    BGMを大きく聞きたいからと音量を上げるとSEや声が耳に痛いという問題があったが、
    こうして個別に調整できるようになると問題は無くなるのでとてもありがたい。
    今からでも前作にアップデート配信で追加しませんか。






  • 新パラメータ「特性」について。

  • 今回からの新たな能力項目「特性」について。
    機体ボーナスとは別に各パイロットに設定されているもので、従来でいえばOGSの「属性」に近い。

    パイロットによって「格闘」「射撃」「命中」「回避」「防御」「技量」などの属性が設定されており、
    それに応じて、隣接したパイロットへその能力値へプラス補正を与えるというもの。

    旧来の属性と異なるのは、同PU間だけでなく、隣接する機体すべてに影響し、また効果も大きいという点。
    さらに同じ効果の特性を複数隣接させた場合、その数の分だけ加算されるようなので、
    今回は意識して布陣する利点が増えている。






  • ステータス画面からスキル効果が確認できるように。

  • これも前作UXでは、検索機能で表示されるスキル一覧からしか効果の説明文を見ることができなかった点が改善。
    キャラクター・ロボットのステータス画面でスタートボタンを押すことで、すぐに説明文を見ることができるようになった。
    スキルアイテム使用時にも効果を確認しながら選択できるようになったことも併せて、地味ながら良いところ。
    まあ他のスパロボではだいぶ前からできるようなことなんだけど、こうして目に見えて改善を重ねるのは良いことだ。






  • 改造などの方針について。

  • 基本的には、序盤はほぼ改造しなくても大丈夫なので、バランスに慣れながら資金を溜めるとよい。
    しかしやはり多少は強化をした方が楽に進められることには違いないので、その辺りについて。


    ここのところのスパロボの例に倣って、照準値は優先的に改造しておく候補。
    精神の節約にもなるし、戦う機会の多い小型無人機やバジュラを相手にする時にも当たらないストレスとオサラバできる。


    次いでEN。序盤ではあまり燃費に悩むことはないが、
    プロテクトシェードの発動機会が多く、メイン武装がEN消費型でゴリゴリ減るガオガイガーはENを改造しておけば特に効果抜群。
    またガオガイガーは、装甲に少し手を加えればシェードで防げる攻撃の幅が増えるので、ぐぐっと打たれ強くなる。



    今のところとしてはこんなもの。
    あとは記事にしたい内容が思いつけば追々。





    関連記事
    タグ : ゲーム感想

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1749-4f16814a

    ブログパーツ