◆新着記事

  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  

  • 第三次スパロボZ 天獄篇 : そろそろ終盤にさしかかっての現在のプレイ感想。

     2015-04-20
    edit
    第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 (初回生産限定 「第3次スーパーロボット大戦Z 連獄篇」をダウンロード出来るプロダクトコード 同梱)

    第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇|公式サイト
    http://srw-z3-tengoku.suparobo.jp/



    発売されてからおよそ二週間とすこし、
    ようやく40話を越えて終盤に入ってきたかなーというところ。



    第三次スパロボZ 時獄篇 : プレイしながらの感想箇条書き。|のこのこや
    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1576.html


    モバロボのイベントをしたり刀剣乱舞にちまちま浮気していたものの、
    時獄篇の時はこんなに進み遅かったっけ…と思って自分の過去記事を見直したところ、
    前回は1週間で40話くらいは進んでいたのでやっぱり今回は倍も時間がかかっていると再確認。




    そんなこんなで、前回のように、現時点でのインプレッション的なものを。
    ところで蛍丸くんと三日月おんじが欲しいです。






    ・ 導入から序盤の展開でプレイヤーの勢いと出鼻を挫き
    ・ 20話まではプレイが苦痛になるくらい話が動かず退屈で
    ・ 20話越してからどうにか状況が動き始めて面白みが出てきて
    ・ 30話を越えてからやっっっっとプレイヤーの感覚と展開が一致してきて
    ・ 40話まで来てからようやく普通に楽しめるようになってきてここからが本番な感じ

    ・ 細切れにして引き延ばしたステージ水増しで
     「前半だけでも第二次OGを越えるシリーズ最大ボリューム」とか豪語されても困る
    ・ 正直オリジナル関係が敵味方ともこれまでになくキッツい


    from 第三次スパロボZ 時獄篇 : プレイしながらの感想箇条書き。|のこのこや

    と言ったのが前回・時獄篇のとき。
    今回はというと、

    ・ プロローグ文章でインスタントに支配されひっくり返る世界情勢に腰砕けし
    ・ 30話を越えるまで退屈で退屈でしかたないのは前回と変わらず
    ・ 40話近くになってようやくさくさく進むようになってきてやっぱりここからが本番

    ・時獄篇ほどの胸糞さはないものの、一年戦争地獄ならぬ、
    「サイデリアル地獄」と言わんばかりにオリジナル勢力ばかりを相手にしたステージが連続するのがツラい

    ・ライター氏の筆風が全開で、修飾過剰の装飾過剰、
    台詞で語りすぎな「過ぎたるは及ばざるがごとし」「あまり強い言葉を使うなよ、弱く見えるぞ」的
    あまりに表現が過ぎるために逆に説得力を感じられない強さ描写

    ・もはやクセとして諦めるにしても、一本調子に似たようなネタをあんまりにもワンパターンに繰り返し過ぎでクドい

    ・ヒビキくんは部分的には光る場面も出てきたが、依然として過積載された要素・記号が相変わらずとっ散らかってて、
     色恋沙汰が結実しても、それまでの煮え切らないフラフラ態度のために「よくぞここまで」という感じもしない
     このトライアングラーモドキ要素いるかこれ?という具合

    ・もはや脈絡もなく現在地ワープさせたり作品を取ってつけて剥がすためだけのツールと化した多元世界観と時空震動
     
    ・はいはいアドヴェントアドヴェントクロノクロノ



    という感じでなかなかにキツいものがあるのが本音。
    幸い、40話も越えて終極に向かって話が流れ込みだしてきたので、
    ここまで来ると資金やPPの入りも多くなって勢いをつけて進められそうなのが救い。
    改造や育成が進まず、話がダレダレの極致にある序盤~中盤までが本当につらかった。


    ランドやセツコ、クロウなど歴代主人公勢の加入によりそれなりに気分は盛り返し、
    ヒビキ君も彼らとの交流でようやく部分的にキャラクターがしっくりくるようになってきたし、
    贅肉のように余分なアレコレを頭の中で無かったことにすれば最終形としては悪くない形に落ち着いた感じはあるので、
    あとは勢いのまま、ラストまで走り抜けて終わりよければ何とやらで決着することを期待したいです。






    ▼ いいところ・改善点

     ・PS3版の操作性が時獄篇から幾分か改善された。
     ・タクティカルコンボの仕様が変更。
      前回は「敵を撃墜する」以外の全ての行動で(移動などでも)コンボランクが下がっていたが、
      今回はあくまで「敵を攻撃して倒し損ねた」時だけに下がる条件が緩和された。
     ・戦闘項目の決定から、戦闘アニメor簡易戦闘画面に入るまでの妙な間が無くなった。
     ・新技能「戦術待機」の便利さと有用性、そして波及して生み出される種々の効果がすばらしい。
     ・SRポイントの獲得条件に単純な早解き以外もけっこう増えた。
     ・新規の育成要素(?)であるZクリスタルとその効果。




    ▼ いやんなところ

     ・タッグに比べて圧倒的不利、コマンドが使えないだけ下位互換でしかないシングルの仕様がそのまま。
     ・「戦術待機」以外の新規技能のパッとしなさと、養成技能の全体的なイマイチ感。
     ・復活登場ユニットの武装欄が寂しいことになってるのが何体か。
     ・ライアット・ジャレンチのトドメはちゃんとスーパープレスしろよ!
     ・だから精神コマンド数を6つに戻せと。



    とくに戦術待機についてはそれだけでひと記事書けるほどのお気に入りぐあい。
    あんなこんなそんなこんな思うことはありながらも、とりあえずはクライマックスに向けてゴー。





    関連記事


    タグ : ゲーム感想

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1717-1c85b339

    ブログパーツ