◆新着記事

  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  

  • 『蒼穹のファフナー EXODUS』 劇場版1話・2話を見た感想のつづき。

     2015-01-11
    edit
    蒼穹のファフナー EXODUS 2 [Blu-ray]

    蒼穹のファフナー EXODUS|公式サイト
    http://fafner-exodus.jp/




    『蒼穹のファフナー EXODUS』 劇場先行放送版 1話・2話を見に行ってきました。…の、続き。
    当初は1エントリで済ますつもりだったのに、書きたいことを書いてるうちに膨れ上がり、長くなりすぎたので分割しました。
    TV放送版との比較記事も独立させちゃったし、このままでは1記事予定が4,5個分くらいに分裂増殖しそうだ。暗黒剣を持て。






    感想


    というわけで、感想つづき。
    このノーカット劇場版、何が凄いって、空気が凄い。
    脚本が替わる前後からの前のTV版ファフナー後半やROL、HAEなどに共通するものとして、
    巧く言葉にはできないが、見ている側にその世界そのものが包み込む、染み込むような場面場面の描写の力があるけども、
    それに2.5話分という多量かつ超高濃度に浸ることができて満足感がないがないってわけだよもう。

    竜宮島の美しい風景や、新たな生活を営んでいる懐かしい面々の様子について、
    穏やかに、沁み入るようにゆったりとした空気の中、今の島の様子をひとつひとつひとりひとり、
    進歩した映像表現でもって余すことなく、骨身の芯から髄まで浸らせてくれる。

    竜宮島に帰ってきたのは総士だけじゃない、俺らもなんだ… 島とその空気が、ミールが俺を迎え入れてくれたんだよ…
    と思わずポエミィになってしまうほど、ファフナーが帰ってきた、「竜宮島に帰ってきた」ことを伝えてくれる。

    そしてそう尊い日常をたっぷりと味わわせてくれるからこそ、そこからの落差も大きく、訪れた戦いと危機の連続に、
    無意識に両の掌を合わせて祈りの姿を取ってしまうほど、スクリーンに吸い寄せられてしまう程に引き込まれる。
    「またこの日常を取り戻してほしい、みんな無事で、いなくならないで欲しい」と祈ってしまう。

    まあそれだけに、別記事で触れたけども、TV放送ではその辺の空気感が大幅カットというのは残念。
    2月に早速発売されるBD/DVD1巻に収録されるようなので、ノーカット版を惜しくも見られなかった!という人は是非。




    一方、竜宮島パートに負けないほどのボリュームで描かれたハワイの人類軍攻防戦も、とても見応えがあった。
    平和という文化もなく「戦争こそが日常」である外の世界において、人類はどれほどの絶望的な戦いを強いられているか、
    その中で生きる兵士たちの戦う姿と絶望に塗れる姿、何も守れずに悲嘆に暮れる涙、こうしたものがあって、
    この世界がいかなるものであるか、より一層の厚みをもって教えてくれる。

    また単純に、人類軍ファフナー部隊の、彼らの生き様と死にざまを伝えてくれる戦闘シーン、それ自体が面白い。
    2話では島のファフナー・ノートゥング・モデルの戦闘もあるけれど、少数精鋭の防衛戦がメインの彼らとはまた異なる、
    無為に無惨に散らされる人類の当たり前の姿のもと描かれる多対多の戦闘にはまた違う味わいがある。 
    人類軍モデルの新型ファフナー自体の格好よさと、HAEを経て進化したアクションと戦闘の見応えも抜群。

    「やっぱりノートゥング・モデルじゃないとダメだったよ…」 となるのは分かり切っているのに、
    「ファフナーだ! 人類軍の進歩したファフナーがあればもう安心だ!」と一瞬錯覚するほどのメカのカッコよさ、
    ついで最初だけは優勢に戦闘を進める様子で物凄く高揚するけど、読心と同化であっさりと崩壊する落差による転落感、
    そして現れる、超巨大怪物型フェストゥムの異様な威容への恐怖感をさらに引き立たせている。




    フェストゥムといえば、もしかしたら、今回の上映で一番印象的だったのは彼らかもしれない。
    これまでのスフィンクス型や、HAEのエウロス型にしても、どこか荘厳さを感じさせる神像のような雰囲気だったけど、
    今作ではそれらとは正反対の、イドゥンや操のような人間的なものとも違う、醜悪で禍々しい怪物的な姿をした新種が登場。
    また補給路を潰して群として効果的に殺しにきたり、4体に分裂して攪乱、集団戦へ対処するなどの戦法を取ってきたり、
    苦痛や生死、人間を学習した結果、より分かり合えなくなりそうな怖さ、「本当に分かり合えるのか」という不安が胸に湧き起こってきて、その絶望感にとてもゾクゾクする。 命と共存を学んだ操たち、早く帰ってきてくれ。希望になってくれ。




    また、2話に関してはTV未放送なので細かい言及はしないけども(いずれしたいけど)
    TV版やHAEで培われてきた描写の数々が活きていると感じられるのが嬉しいところ。

    後輩世代のチームはかつてよりも格段に場慣れした戦いぶりを魅せるけども、
    それでもなお「お互いが助け合わない」欠点が残っていることを咲良が叱責するところなど印象的。

    また、衛の後を継いでマークフュンフに登場する堂馬広登くんについて。
    TV前期ではお騒がせ担当、HAEでは「衛のように戦う」ことの意味を履き違えて暴走気味で、
    救出された里奈や、最後に島を守る活躍を見せるものの、良い印象を与えられる機会が少なかった彼だけど、
    今では落ち着きと下の世代を思いやる度量を見せ、また戦闘面でもかつての衛を彷彿とさせるような頼りがいを発揮。

    フェストゥムとの戦いが終わってから「まだ、分かり合えないんだな、お前らと」と悲しそうに呟くなど、
    HAEラストで土に崩れゆくフェストゥムが最期に遺した「痛い、助けて」という言葉を読みとったことや、
    芹との交流があるらしいことなど、これまでの描写が活きて、今の成長した人物描写をすんなりと呑みこませてくれる。
    そしてロングブレードを振り回して「戦闘スタイルが変わった!?」かと思いきや最終的にはやっぱり突撃する芹ちゃんに安心。

    TV版からHAEでは大きな成長を見せ、今回はさらなる優しさを身に着けた剣司についても外せない。
    戦いに参加するこのとできない一騎には「見ているだけってのは、辛いな」と声をかけ、
    未だジークフリード・システムに搭乗し、戦闘後にはフィードバックに苦しむ総士を医師として診察、
    皆に絶えず気配りし、もはや大きな包容力さえ伺わせる剣司の姿は、見ているだけでもじんわり来る。
    咲良と一緒に幸せになってくれ頼む。 果たしてファフナーパイロットに復帰することはあるのだろうか。



    そして自分として、何気ない部分ではあるのに、何故かウルっときてしまった場面がひとつ。
    将軍が「ミールと交信する能力を持った人間のことを、我々は"エスペラント"と呼ぶ」というシーン。
    「人類が人工的に作り出した、分かり合うための言葉だ」とエスペラント語について評する、なんてことない台詞なんだけど、
    わかりあうための方法はある、しかし分かり合えない、生き残るために希望を持ちたい、色々なものを象徴しているようで、
    これから先に待つ苦難と、それを乗り越えた先にあるのかどうかも分からない未来に思いを馳せたくなるからでしょうか。



    「細かいことはいわねえ」と言いつつたっぷり細かいことを言ってる気がするけど、
    これらは2話で感じ取れる魅力のほんの一部に過ぎないので問題はないのだ。たぶん。



    そんなこんな、ひとつの記事にまとめきれない感想と充実感が溢れて止まらなかった劇場版1話・2話放映。
    2話のTV放送での反芻を楽しみに、そしてそこから先に待つ物語に、期待と不安を抱きつつ今年前半を乗り切ろうと思います。
    死んでた俺の心を竜宮島のミールが蘇らせてくれたぞ! でもまた場合によっては死にそうだぞ!







    イグジスト(アニメ盤)イグジスト(アニメ盤)
    angela

    キングレコード 2015-02-11
    売り上げランキング : 299

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    そういえば2話ではまだOP主題歌は流れませんでしたね。
    EDテーマ「暗夜航路」は流れましたけどもとてもいい曲でしたので、OPが流れる3話以降を曲も映像も楽しみにしたい。




    関連記事


    タグ : アニメ感想

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1682-6d89dcdb

    ブログパーツ