◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    モンスターハンター4G プレイ記録 : G級昇格への道。ウカムルバスとご対面。

     2014-10-31
    edit

    モンスターハンター4G

    CAPCOM:モンスターハンター4G 公式サイト
    モンスターハンター4G | 公式Webマニュアル
    モンスターハンター4G|ダウンロードコンテンツ


    ◆ 進行度 ◆
    村クエスト: ドンドルマに到着
    ハンターランク : 75




    購入してからしばらくになるMH4G。
    なんのかんのと色々あって何やかんやしてますが、プレイし始めて真っ先にし始めたのは主にふたつ。

    「G級昇格への緊急クエスト・ウカムルバスをソロでこなす」
    「新生チャージアックスの肩慣らしも兼ね、上位強化の終わってない武器を済ませ、新しい生産武器を揃える」
    の二点。
    G級クエストや、ドンドルマを中心とした新たな旅団上位クエストを本格的に進めるのはそれからといういつものこだわり。

    それにしてもチャージアックス、4版が未完成すぎて今回でようやく完全になった感があるけど使ってて面白い。






    ■ vs ウカム・観察編。


    まず何事も、敵を知らねば始まらない。
    というわけで、まずは適当な武器、4のプレイ終盤で結局メイン武器に返り咲いていた太刀で様子を見に行く。
    持ち込むのはシャガル太刀の上位最終版・THEジャスティス。 防具は新しいのを作る気がないのでラングロ装備で。

    水と氷に弱いラングロ装備で、見るからに氷っぽいウカムへ挑むなど自殺行為なのではないかという感じもするが、
    よくよく思い出すと、3Gの時の緊急ナバルデウス亜種の時もほぼ同じことをやっていた模様。
    その時にできたのなら今回もできるということだ! (屁理屈)



    とにもかくにもまずはクエストに飛びこんで観察開始。
    シャベルが如きアゴの持ち主、巨大な体躯が白銀の中でうねるウカムルバス氏にご対面。
    アゴ見てたらウラガンキン採掘主任が懐かしくなってくるオマケもついてきた。



    それにしても、よく跳ねるわ跳ねるわ動くわ動くわ。
    基本的に動きがのっそりのっそりで鈍重だったアカムさんとは大違いのアクティブぶり。
    潜航中も、背ビレだけ氷上に出して氷をかきわけながら執拗に追跡してきて丁寧にダメージを与えてくれる熱心さ。
    氷塊を跳ね飛ばしながら撃ち出してくるブレスレーザーくらいは大人しいかなーと思ったらそんなことはなかった、
    必殺の前方に弧を描いて薙ぎ払うレーザーに体力満タンから即死。ちょっとこれどうしたらいいの。

    攻めたら攻めたで、前述のアクティブぶりに翻弄されてついていくのがやっと、
    太刀のゲージもなかなか維持できず、前腕とアゴの頑強ぶりに阻まれる始末。



    こりゃあちょっと厳しいぞ… と途方に暮れつつ、
    乗りダウンでサブターゲットを達成して、柔らかいしっぽだけは切断しつつ、
    時間切れになる前にとおよそ45分のところでサブタゲ帰還することで観察終了。








    ■ 準備。


    というわけで、その結果を踏まえての準備へ。
    太刀の鬼人斬りで弾かれ無効にしつつの攻撃はできるけど、如何せんゲージを維持する余裕(=火力)がないので、
    当初の予定どおり、かつビンというストック制で細かく溜めやすく、かつ戦術の幅が増えたチャージアックスに武器を変更。
    同じくシャガル武器の上位最終版・THEサプレッションで。


    アイテムの持ち込みは、基本の回復薬や秘薬、鬼人・硬化薬、モドリ玉と調合素材に加え、
    雪まみれになった時のための消散剤、潜航追跡から逃げ切るスタミナが欲しいので強走薬グレートも追加。


    極冠という特設フィールドではあるものの、
    3Gのナバル亜種ほどのギミック活用もなければ水中でもなく、
    特段やることや工夫することが増えるわけでもないので、用意は程々にしてこれで2度目かつ決着のつもりでチャレンジ。


    なお、生存力重視でオトモは2匹とも回復トレンドで。







    ■ vs ウカム・本番編。


    というわけでここで決着をつけるつもりで臨んだ第二戦。


    相手の攻撃については、
    ・前方薙ぎ払いレーザー:こちらから見て右から左に向けて弧を描くので、懐左側を意識して飛びこむ。
    ・ダメージ付き咆哮:レーザー予備動作との区別がつき難いが、レーザーを受けるよりはマシなので大人しく貰っておく。
    ・潜航追跡:強走薬服用で必死で逃げるか、対応策があったので後述。

    という方向で。


    普段は憎らしい相手のデカさも、とにかく当てること優先で解放斬りの狙いをわざわざ付けなくてもいい今回はありがたい。
    後ろ足から尻尾にかけて貼り付きつつ、地道に剣&斧で攻撃、余裕があれば榴弾ビン攻撃を前腕に当てて破壊を狙いつつ、
    ストックが溜まったら属性強化状態に適宜チャージし、威力を増した盾アタックや斧攻撃でなお地道にチクチク。
    盾突きの追加で大きく増えた連携の幅を楽しみつつも頑張って削っていく。


    そして迎えた勝利の時、およそ35分で討伐完了!
    45分かけて勝ち目が見えなかったのはなんだったのか(ひょっとしたら結構削っていたのかもしれないが)、
    恐るべきは属性強化状態と新アクションの追加されたチャージアックスの火力効率か。


    また、属性強化状態では剣盾時のガード性能が強化されるのも隠れた利点。
    そのガード能力と、「一度被弾判定を貰ったあとはくっついてても同じ攻撃はダメージにならない」という仕様を活かして、
    潜航追跡から逃げずにいっそガードしてしまうことで立て直しのチャンスにしつつ相手の次の行動も促したりといいことづくめ。
    ひょっとしたら、これが時間短縮の最も大きなポイントだったのかも。太刀だとガードできないから逃げ回るしかないしね。
    逃げ回らずに相手をさっさとフィールド端に当たらせると早めに出てきてくれるっぽいし。
    「一度当たったらその後は被弾判定出ないらしいよ」と教えてくれたフォロワーさんに感謝。








    というわけで、慣れもあるのだろうけど、3Gの時よりはずっと苦労せずにG級昇格完了。
    とはいえナバル亜種のフィールドと水中戦が好きだったので、あっちの苦労が恋しいのもまた事実。
    いつかもっと要素を磨いて水中戦が復活してくれればいいなあと思いつつ、引き続きMH4がG級を楽しみたい。


    そしてとにもかくにも、今回ようやく完成を見たチャージアックスの立ち回りがとても楽しい。
    いずれ「どこのどういう要素でこんなふうに変わってこう面白くなった」と記事を書いてみたい。
    とか言ってるとだいたいやらないまま終わるんだけど。

    この緊急クエストだって二週間も前のことを今さら記事にしてるし。




    関連記事


    タグ : MH4冒険記

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1656-f1d3e991

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。