◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • 魔装機神F : だいたい中盤に入るあたりまでに感じたプレイ上のポイント。

     2014-09-03
    edit
    スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END 数量限定生産版

    スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
    http://srw-ogsf.suparobo.jp/



    全40話~50話とすると、確実に半分以上は進んだであろうと思われる我が魔装機神Fプレイ状況。
    基本的には、2・3はなんだったのかと思うくらいに楽しんでいるけども、中盤でダレ気味になってきたので、
    ここまでのプレイで気付いたこと、気にした方が楽になるかもしれないポイントについてまとめることで、頭の体操にするの段。
    というか半ば自分のプレイスタイル自己紹介。





    • 中盤までにオススメのユニットは?

      魔装機神と言えば、
      激しい分岐と、そのたびに変わるメインメンバーで、なかなか運用ユニットを決め辛かったのが特徴。
      しかし今回はメンバーを分割するような分岐はほとんどなく、入れ替わりもほとんどないので使うユニットは決めやすい。
      サキト含むアルメラ国の面々は中盤まで強制出撃の機会も多いのでその辺を中心にするだけで当面はOKで、
      それ以外にもぶっちゃけ好みのユニット使い込めばいいよで済みそうだけど、それでも一応。


      レイブレード&サキト
      今回の実質的主人公。 話の上で中心になることが多く、強制出撃の機会も多い。
      段階的にパワーアップしてどんどん強くなっていくので、使っていて損はない。
      この時点では近接向きで、移動力に優れ、加速も覚えるので、その高機動力を活かした運用に自然となりそう。
      近接ランクアップ武装クリスタライザーは、LFモードへのパワーアップ以降は射程1~3になるので優先度高。
      射撃の方もRUまで改造しておけば遠近両対応の万能ユニットになるので、さっさと二つとも改造しておくと楽。


      ヴァルシオーガ
      最序盤からいる壁役・兼・アタッカー。
      高い装甲とHP10%回復、RU前から射程1~2あるディバイングレイブなどで、前線に出して戦わせやすい。
      一見足が遅そうだけど、ティールが加速を持っているので問題なく斬りこめる。


      リジェリオールCL
      あまり固くはないので前線に出しすぎると危険だが、
      エリシアが集中を持っているのである程度は囮運用が可能。
      その際は回避UPのスキル電光石火や、強化パーツのAGアジャスターやエーテルチャフも活用すべし。
      技能「一撃離脱」をLv20台後半で覚えるので、長射程武装使いとしては高レベルの使いやすさ。
      また同じくLv20後半で激励を覚えるので、その為にも使い続ける意味はある。


      ディーグリッド
      パイロットのライオネルが幸運もちなので、極力資金を稼ぎたい場合は中盤までメインのボスキラーになる。
      少なくとも、初期最強武装のトライシューターはランクアップするまでは改造しておくと楽。
      武装もステータスも穴がないので、単純に戦力としても高水準。
      移動力を補強するとなお良し。


      ガリルナガン
      P射程1~5という、出る作品を間違えたんじゃないかという設定のトライスラッシャーや、
      射程3~8のバスタックス・ガンで、砲台にも、斬りこみ役にも、援護役にも、撃ち漏らしの処理もなんでもござれ。
      アーマラが集中や加速を持っているので、回避能力を強化すれば前線での囮運用も可能。
      しかし、バスタックス・ガンはPN消費もついてくるので、撃ち過ぎた時のガス欠・弱体化に注意。
      トライスラッシャーをメインにするなら弾数の補助もあった方が使いやすくなる。
      武装はランクアップするものがない(=個々の改造費が割高)点にも注意。


      ノルス・グラニア
      性能・能力ともに高くはないけども、ポイントは何といってもLv28くらいで覚える「祝福」。
      必殺技セレスティアルウィスパーや、プラズマソードRU武装ピアッシングナックルなどを使って、
      コツコツと地道にザコ狩りでもしつつLvを上げるべし。


      リジェリオールAR
      序盤のテュッティやフィリスが登場する機体。
      基本的には修理・補給ユニット運用となるのでオススメ機体というほどではないが、
      のちに改造費が返還されるので、ランクアップするライフルだけでも改造しておくと戦力にもなるので楽になる。
      最大武装のアーマードバスターもP1~3射程、低燃費で使いやすく、意外とそこそこには使えるし、
      パイロットが二人とも技能「PN貫通」を覚えるので、数値以上にダメージは出せる。






    • 改造はどこを優先するべきか?

      機体ステータスの改造に加え、武器が個別改造のスパロボにおいては毎回頭を悩まし、
      さらにランクアップ(RU)制のある魔装機神においては「使える武器」の見極めに慣れを要するこの点。
      今回はどんなものかというと。


      ・ HP / MG / 装甲と、項目が少ないためか、機体の改造費がかなり高額 (フル改造するのに50万弱~60万弱)
      ・ 反面、武器改造はRUも含めて数、段階が多くなるせいか、個々の武器改造費用はかなり割安
        RU前の武器ならば4段階くらい改造してもせいぜい2~4万、RUまで持っていっても6万~8万程度。
        ただし、中盤から増えてくる、いわゆるラングランの正魔装機は割と改造費高め。
      ・ 武装をランクアップさせてもRU前の武器は残るので、ランクアップさせればさせるだけ武装の幅が広がる。
        特に格闘武器は、RUさせると射程2以上になるものが多いので、使いやすさが格段に向上する。
      ・ 前作のようなファッキンバランスではないので、機体は改造していなくても、
        単機で突出するようなプレイをしていなければ問題ない。


      というわけで、オススメの方針としては、
      機体改造は控えめにして武器の改造に主に投入する方向がいいかと思われます。
      少なくとも、30話前後までは機体改造に全く手を付けなくてもいいくらい。

      とはいえ「ランクアップしない武装」「ランクアップ後の武装」は改造費が高額になるので、
      闇雲に改造せず「ランクアップする武装」「ランクアップはしないけど主力になる武装」を中心にするくらいの注意は必要。

      また、発売前にボイススパログで進行の原道太郎氏が言っていた通り(寺田Pはフォローして濁していたけど)
      今回はかなり資金の入りが多く、主力機体のランクアップ武装を全部RUさせても余るくらいには余裕がでるので、
      本命ユニットを改造する最低限の貯蓄は残しながらも、ガンガン資金は使っていっていいと思う、という感触の現在。

      自分は前述のオススメユニット全般や、それ以外の参入ユニットもほぼ全機の武装をランクアップまで改造して運用中。





    • 操者育成はどのようにすればいいか?

      前作3より導入された、PP制の技能育成システム。
      同じPPという名前ではあるが、本家スパロボやOGとは全く違う独特の内容になっている。

       ・ 取得・育成した技能をスロットにセットすることで効果が発揮。
       ・ 取得・育成させた技能も、ポイントを払い戻してレベルを下げたりリセットすることが可能。
       ・ 技能をセットするスロットの数や、取得できる技能の数は、レベルアップに従って増えていく。
        ・ パイロットごとに差はあるが、Lv15前後と、Lv20台後半でそれぞれスロット数&技能が増加。

      つまるところ、使った分のポイントをいつでも元に戻せる、
      PPを使うことにリスクが全く無いので、あればある分だけどんどん使ってしまうのがベスト。

      「封殺(一定確率で攻撃を無効化)」をとりあえずセットしといてもいいし、
      「PN貫通」「PN打破」(攻撃対象の防御力プラーナ補正を減少)で打撃力を上げてもいい、
      「電光石火(回避力UP)」と強化パーツを合わせて単機突出運用をムリヤリ可能にしてもOK。
      無難かつ便利な「援護攻撃」をとりあえず取得するのも良し。

      とにかくいくらポイントを使っても振り直しでやり直しが利くので、どんどん試すのが楽しくて良し。







    というわけで、今のところはこんなところか。
    今回はとにかく、基本バランスの改善でしっかり楽しめるようになっていることが大きいのと、
    武器改造を優先、機体改造を後回しにするようにシステム側からも費用設定により仕向けられていることで、
    ガンガン武器をランクアップさせてバリエーションを楽しみつつも、(比較的)満遍なくユニットを使えるのが面白さの要因か。

    というか、機体改造が
    コストパフォーマンス悪い・プラーナ補正の方が大事・フル改造ボーナスが面白くないのでする気にならないのだけども。 折角の最後&費用高いんだし、1のフル改造ボーナスなみに強力でもよかったのになあ…


    関連記事


    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1642-820eba99

    ブログパーツ