◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    魔装機神F : だいたい序盤が終わった辺りのプレイ感想。

     2014-09-02
    edit
    スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END 数量限定生産版

    スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
    http://srw-ogsf.suparobo.jp/



    現在魔装機神Fプレイ中、じわじわと進み、序盤は終えたとそろそろ言ってもいいでしょう。
    というわけで、ゲームシステムやバランス、シナリオなどそれぞれについて、現時点での感触や感想、手応えなどをだらだらと。
    現在20話近く、10話過ぎまでほぼ無改造で進み、その辺りからちょくちょく武器を改造しだしたりしつつ進んでおります。



    • 「魔装機神」が帰ってきた。

      「あー、これだよ、これが魔装機神だよ」って感じの気分でプレイしております。主にゲームバランス面で。

      短射程の格闘P武器と、有射程の非P武器で厳密に役割分けされてて、(最初は)チクチク細かく戦うの。
      基本的にはそれも魔装機神のいいところで、OGやスパロボ本編が縦横無尽にガンガン動いてバカスカ撃ちまくりなのも
      それはそれでいいけど、こういう差別化があるからそれぞれ楽しめる。

      敵が異常な数値・武器特性設定なわけでもなく、こちらも改造が進んでいない中のコツコツ堅実バランスが楽しい。
      序盤だからというのもあるだろうけど、1話1話をサクッと区切り、どんどん進むのも良い。

      とはいえ、話が進んで改造も進めばハデなダメージ大盤振る舞いで大味になってくるだろうけど、それもそれで良し。
      「今回は超強い」という魔装機神ズが後半に帰ってくるのも併せて楽しみなことだ。




    • いつもと違う新鮮な視点。

      今回はアルメラ共和国という新たな国から話が始まり、
      実質的新主人公のサキト君を中心に、独自の目的のもと動くシュウと共に、封印された王都ラングランを目指す序盤。

      発売前の対談やボイスパでも触れられていたけど、従来のマサキ視点から一新、
      明白な世界の危機のもと、いつもと違うメンバーに始まり、明確な目標を持って話が進み、
      緊迫した状況下ゆえに詰まらないおちゃらけ騒ぎもネタもなく。

      正直なところ、2などでは「緊張感のない日常部分が一番つまらなかった」し、
      「適当な導入で散発的に発生する事態に散発的に対処、突然起こった急転直下をとりあえず収めて終わり」という構造が
      低評価の主要因だったので、それらが解消されている今回は今のところ普通に面白い。

      マンネリ感を含むこれまでのシリーズのシナリオ的不満点の逆を行っているので、少なくともそうである間は、
      新鮮で不満点の少ない話と、前述のような魔装機神というゲーム特有のシステムの持ち味で楽しめそう。




    • いつもより遊びやすい。

      ユーザーインターフェース面はあまり変わっておらず、
      相変わらず本家に比べては扱いにくさが残るものの、前二作に比べてはかなりプレイしやすい印象。
      PS3特有のデータ管理は第二次OGやZ3時獄篇ではダルさの塊でかなりの不満点だったけど、
      なぜか今回はセーブ・ロードも早く、他作品では手動で行わされていたシステムデータセーブも自動で済ませてくれる。
      画面の切り替えや戦闘前の読み込みも待ち時間は無いに等しくストレスがなく、Rボタンでの早送りは快速快適。




    • ひとまずの結論。

      大きな危機の中、「ヒーローは遅れてやってくる」構図にしたことが一石二鳥の良効果を生み出している今回。
      「当面の大きな主目的を軸に、その道すがらに出会う人々や事件を、初々しいサキト君とその一行の目線で見ていく」
      という構成は狙って作られたようだけど、それがちゃんと効を奏している感じ。
      もはやベテランのマサキに対する実質的新規主人公サキト君の配置は話の上でも新鮮味があり、
      ユニット運用面でも愛着がわき、話を進める意欲を促進してくれる好循環。
      それでいてマサキの登場も楽しみになる。

      総じて、
      魔装2の中盤以降からダレてしょうがなかった人や(主に自分)、
      魔装3にはもはや絶望しか感じなかった人(主に自分)にも、
      充分「やっていいんじゃないコレ?」と言えるものになっているかと思います。
      「魔装2くらいはやってないと厳しいかな?」と思うものの、3をやってないくらいならついてくのに問題ないと思うし。
      とはいえ今更そんな方々がやる気になるかは疑問ではあるけども。


      あと最後に忘れてはいけないのが、

      レイブレードとヴァルシオーガ超かっこいい

      という辺りでしょうか。
      特にヴァルシオーガかっこいいし頼りになるし強いし大好き。





    スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE ENDスーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END

    バンダイナムコゲームス 2014-08-28
    売り上げランキング : 157

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連記事


    タグ : ゲーム感想

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1641-5ced5b63

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。