◆新着記事

  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  
  • 02/24 スーパーロボット大戦V [プレミアムサウンドエディション]を買ってきました。が…  

  • クラウド技術を活用して実現した3DS版『ドラゴンクエストX』、9月4日発売決定。

     2014-07-09
    edit
    ドラゴンクエストX オンライン

    ニンテンドー3DSソフト「ドラゴンクエストX オンライン」発売決定!! (2014/7/8) |目覚めし冒険者の広場
    http://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/6aca97005c68f1206823815f66102863/




    Wiiにはじまり、WiiUやPC、Yahooゲーム版、
    スマホdゲーム版と展開を広げてきたDQ10、今度は3DSにも対応したバージョンが発売決定。
    発売日は9月4日で、価格は3,800円(税抜)。


    ▼ 商品内容 (公式引用)

    ・専用アプリダウンロード番号
    ・60日間利用券引き換えコード
    ・特典アイテムコード (レモスラボードプリズム、経験値の古文書大×5、カジノコインチケット金)
    ・ポスター
    ・ふくびきカード






    ▼ クラウド技術

    この3DS版の特徴としては、何よりも、スマホ版と同様にクラウド技術によって実現しているというところ。

    簡単に言えば、ゲーム上の処理を、ゲーム機ではなく全てネットの向こう側の公式サーバーで行い、
    手元のゲーム機を「映像の表示&ボタン入出力」だけの役割にしてしまうという仕組みで、
    通信環境さえ整っていれば端末の性能如何に関わらずゲームがプレイできるというのがクラウドゲーミングというもの。
    な、わけですが、その仕組み上どうしても避けられないのが遅延の問題。

    例えば、ひとつの操作を例にとっても、
    ボタン操作 → (通信) → サーバー上の処理&画像生成 → (通信) → 画面表示
    という構造なために、操作してからその結果を目にするまでのタイムラグがどうしても通常のゲーム以上に発生するため、
    コンマ秒の反応や操作に関わるアクションゲームなどには向いてるとは言えないのが現状のクラウド式ゲーム。

    その点ドラクエ10は… まあよほどの強敵ボス相手でもなければある程度の遅延は許容できる仕組みなので、
    「端末の性能に関わらず遊べる」というクラウドの利点・恩恵を、ユーザーを広げるために活用できるとは言えるかも。

    とはいえ先例として既にdゲーム版(ドコモのスマホサービス)があるものの、その評判はいまいちという感じ。

    ・要求される通信品質が高い
    ・速度が一度一定レベル以下になると、速度が回復しない限りプレイできていたとしても切断される
    ・映像のコマ飛びに悩まされたりする
    ・日課をこなすくらいなら十分だけど、戦闘はほぼサポート仲間任せ


    などの不便さ・欠点が聞かれるため、最低でもその辺りは解消していて欲しいところ。
    常に動画をストリーミング再生しているようなものだから、どうしたって映像については悩まされそうだけど。



    ▼ 料金について

    ついで、利用料金について。
    オンラインゲームであるDQ10は月額いくらで利用権を購入する必要があるわけだけども、
    3DS版については、3日間350円、10日間650円、30日間1500円 (いずれも税抜) と、Wii/WiiU/PC版の月1000円に比べ割高。

    料金が割高なのは、同じくクラウド式のスマホ版も同様で、
    何故かというとクラウド式ではどうしてもサーバーの負担と維持・管理・運営の費用が大きくなるためだろう。

    60日間利用権コードが付属しているとはいえ、継続して長期プレイするならちょっと負担が大きそう。
    「出張とか旅行の出先でちょちょっと触りたい」くらいの時に3日間利用…とかの使い方なら便利そうだけども。
    でもその場合もプレイ環境・通信品質の問題が付いてくるので、前述上記の問題と不可分な感じ。



    ▼ 利点について。

    問題点や懸念材料について並べる感じになってしまったので、逆に「どういった利点があるか」について考えてみる。

    ・スマホ版と違って物理キーがある
    ・3DSの画面解像度240×400(800)に合わせるなら、映像のサイズ・通信料は格段に低そう
    ・3DSならもともと持ち歩き推奨だし、出先で「ちょっと触りたいことができた!」という時のために
    ・なんだかんだ3DSは普及してるから、「ちょっとやってみたい」という人に


    …と、考えてみたはいいものの、
    「普通にWiiかWiiUかPCで良くね?」「持ち歩きたいならノートかタブレットPCで良くね?」
    「ちょっとやってみるにはいいかもしれないけど、その先続けようと思うと負担高くね?」
    などの反対論も即座に考え付いてしまう始末。

    まあ「他の機種やノートだのタブレットPCだのを都合よく持ってる人ばかりではない」というのも確かなので、
    そういった場合、そういった人のためのアクセス手段が増えるのならば悪くない…か?



    ▼ 最終的に思うこと。

    「懸念や不安点は多いけども、それらが解消されているならばやってみたい」と、興味はあるところ。

    が、それよりも何よりも、


    3DS版おでかけツールの更新まだですか!?




      


    一方で、1stディスクと2ndディスクがひとつになったオールインワンパッケージが8月7日に発売予定。
    値段もお安いので、据置プレイ環境がある方は是非にこちらをという感じ。

    関連記事


    タグ : ゲーム情報

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1600-752f9fe9

    ブログパーツ