◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • 第三次スパロボZ 時獄篇 : オリジナル主人公&プロローグ公開。 PV第2弾は3月上旬!

     2014-02-14
    edit
    http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/

    第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
    http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/




    順調に情報公開が進む時獄篇、今回はいよいよオリジナル主人公が登場。
    今回早いなー、と思いつつも、発売から2か月前という時期はそれほど早くもなかった。
    しかし、12月末の発表~1月頭の公式オープンからすると1月少々のことなので、昔に比べると迅速なのには違いなし。



    「スーパーロボット大戦」HDリメイク版PV公開 | 公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」
    http://blog.spalog.jp/?eid=863640


    また、初代スパロボHD版のPV公開されついでに、時獄篇のPV公開予定についても掲載。
    PV第2弾は三月上旬とのこと。 発売約一か月前とすれば恒例のペースだ。





    ▼ オリジナルキャラクター

    ・主人公『ヒビキ・カミシロ』 ( CV:村上龍 )
    ・パートナー『西条涼音』 ( CV:柚木涼香 )

    > オリジナルキャラクター | CHARACTER | 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇

    今作のデザインはおなじみ河野さち子女史ではなく、
    大張氏が代表を務めるスタジオG-1NEO所属の大籠之仁という、
    アニメ・OGIN(ジ・インスペクター)ではカイ・ギリアム・レーツェルなど教導隊連中のデザインを手掛けていた人。

    「高校二年の転校生」という情報にミスマッチな風貌、
    転校前は並行世界からやってきた害獣を駆除するビーストハンターをやっていたという経歴、
    人当たりは悪くないが心の底では他人を遮断しているという為人など、
    要素が盛り盛りで一見しただけではなんとも言い難い感じな主人公。
    戦闘セリフはワイルドな風貌に反して敬語口調だったりと、実際はどういう感触なのやら。

    そして特別教育実習生という設定のヒロイン21歳。
    年上ヒロインかと思いつつも、主人公は年齢が開示されていないために「21歳高校生」という可能性も捨てきれない。
    一部の人たち待望のメガネヒロインだが、戦闘SSを見るに、戦闘中はメガネをはずしている模様。
    それにしても、名前が漢字の日本名表記というのが少し気にかかるが、何か意味はあるのだろうか。



    ・主人公機『ジェニオン』

    > オリジナルメカニック | CHARACTER | 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇

    主人公とヒロインの二人乗りの複座型らしい主人公機。
    リアル系っぽい風貌ではあるがマッシヴな力強いラインが特徴的。
    Z2ではプレイヤーの選択により後継機のスタイルが変わったが、今回はどうなるだろう。

    並行世界間活動企業「DEMコーポレーション」や「エージェント・AG」、
    戦術システム・次世代型次元力制御機構「TS-DEMON」や次元断層防御「D-フォルト」など、
    こちらの設定紹介文と主人公の設定文には今の時点から気になる単語が割とてんこ盛り。

    前作Z2の主人公機のカテゴリ「DM(次元獣)バスター」と関連するのかや、
    次元獣の持つ防御能力でもあった「D-フォルト」を機構として搭載していること、
    思わせぶりな名前の次世代次元力制御機構など、アクシオンやインサラウムの次元獣研究の流れはあるのだろうか。

    そもそも「並行世界間で活動する企業」というもの自体が初出の概念で、
    そのエージェント(ロボらしいが)「AG」という存在など、ゲームを始めるまでは予想もできなさそうな謎だらけ。
    AGと言われるとどっかのアマルガムを思い出すのだけども。





    ▼ プロローグ

    Zシリーズの多元世界誕生と、Z1・Z2で描かれた戦いについて、改めて流れを語ったもので、
    クリスマス生配信の時に言われたように「ZEUTHが時空の穴アビスを通って元の世界に帰ろうとした」所から始まるほか、
    Z1でZEUTHのいた世界がUCW、Z2のZEXIS世界がADWと新たに名付けられた以外に目立った情報はなし。

    「今作の舞台となる世界はどのようなorどの世界か」などの疑問・気になる点について、
    「プロローグが公開されたら少しは何か判るかな?」期待していたけれども材料は特に増えず。

    新出の単語が散りばめられて、情報というか材料というか要素だけは増えたもののそれ以上はさっぱりな
    オリジナル関係と併せ、これは発売まで待つしかないか。



    ▼その他

    ・これまでの画面写真にはすでに出ていたが、サブオーダーシステムの続投があらためて明言。
     今回は1項目6人までに枠が拡張されている。
    ・「トーラス2機あるからヒルデもいるか?」と思われていたが、サブオーダー画面に存在を確認。ほかエマさんも。
    ・今回の新規紹介ユニットはガンダムハルート、紅蓮聖天、ブラックゲッター。




      






    関連記事


    タグ : スパロボ情報

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1559-f6975ffe

    ブログパーツ