◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • モンスターハンター4 プレイ記録 : 黒く蝕み地を染めん。打倒、黒蝕竜ゴア・マガラ!

     2013-11-11
    edit
    http://www1.capcom.co.jp/monsterhunter/4/index.html
    CAPCOM:モンスターハンター4 公式サイト
    モンスターハンター4 | 公式Webマニュアル
    モンスターハンター4|ダウンロードコンテンツ


    ◆現在の進行度◆
    オフ : ☆ 4
    オン : ☆ 2




    一度目は嵐の船上で不意の遭遇。
    二度目は筆頭ハンターを助けに向かった未知の樹海で相対。
    そして三度目、とうとう決着の時来たる!


    …とはいえまあ、装備作成のために何十匹と狩ることになるんだけど。

    それにしても今回、看板モンスターがすごくちゃんとライバルしてる気がする。
    ジンオウガやラギアもライバル的といえばそうだったんだけど結局は前座感否めないし。
    今回はシナリオの立て方や看板の看板っぷりにけっこうこだわっている気がする。






    ▼準備


    CA3F1584.jpg


    相も変わらず防具はランポス。
    だけど鎧玉は使ってるし見た目も悪くないしもう上位までこれでいいかなって。
    しかし3Gのフロギィ装備が恋しい。

    武器はチャージアックス、無属性のカイゼルべアラー
    火弱点のようだからレイア斧ディア=ルテミアでも良かったんだけど、なんとなくいつもの武器で。
    レウス斧・アクセリオンも欲しいけど、作成に必要な紅蓮石が未だない。火山行きたいなー。


    準備とは言っても激しい金欠、かつ道具をあまり活用していないので揃えられるものは少なく。

    ・回復薬&G
    ・砥石や肉
    ・鬼人薬
    ・硬化薬
    ・大小タル爆弾
    ・ウチケシの実
    ・落とし穴&シビレ罠
    ・いちおう秘薬
    ・ペイントボールやモドリ玉

    などの無難なセットを持ち込み、いざ勝負。





    ▼決闘、ゴア・マガラ


    何これ…


    遭遇&開幕早々、いきなりの形態変化。
    翼を大きく広げそこから伸びる新たな二本の腕と、ツノのように伸びる触角。
    黒いなにかをまき散らし辺りを染めるその様に唖然とするばかり。

    行動パターンも全く変わり、これまでの二戦である程度は理解できたと思ったところから振り出しに戻る。
    いかにもケダモノじみた凶暴かつ豪快な動きになり、地面を踏み割るわ大爆発ブレスブチかますわ、
    被弾しようものなら4割くらいは持ってかれるし、こちとらもう這う這うの体で逃げ回る有様ですよこのやろう。


    というわけでこちらも基本に立ち戻り、逃げながら動きを見る、とにかく見る。
    するとなんとなく分かってくるもので、着弾後に爆発するブレスは横に広がるから思い切って飛び込んだ方が被弾しにくく、
    地面ブチ割りも同様、砕いた岩が周囲に広がるので、懐へ懐へと避けていった方がやり過ごしやすいなどなど、
    なんかこの辺り「ヘタに逃げた方がやられるので前のめりに」というのは3Gのブラキディオスを思いだす。
    怒りモードとはまた別の形態変化はジンオウガの超帯電状態を思いだすし(変わり様は比較にならないが)
    なんとかダメージを与えて怯ませたところこれまでに見た通りの通常形態に戻るのも同じようなものだし、
    なんだかこれまでの看板系のハイブリッドな感じ。


    戦いは通常形態に戻っても続き、なんとか尻尾を切り、翼を壊し、顔に傷を入れた辺りで再度狂化。
    「サブターゲットの触角破壊とかどうすればええんや…」と思っていたところ、オトモが見事に達成してくれる。
    初めてオトモがいてくれてよかったと思った瞬間であった。
    にしても、今回はジャンプ攻撃からの乗りでダウンを奪いやすい→そこから部位破壊も狙いやすいからいいけど、
    そうでなかったら狂化時にしか出ない触角とか正攻法でなかなか壊せる気がしない。
    罠→爆弾コンボがいちばん安心かしら。


    というわけで戦いは続き、最終局面へ。
    順調に行ってる様な書き方をしているけれど、ここまでで実に既に2死
    ゲーム開始して以来、初の体力ゼロを経験。ああ屈辱。

    とにもかくにも必死で食い下がり、足を引きずるところまで追いつめ、
    寝床に戻ったところで寝込みを襲い、持ちこんだ爆弾を使うことも忘れたまま、
    何というか必死すぎる戦いぶりでもうひと踏ん張りしてなんとか勝利


    ああ… 疲れたけど… 充実感のあるいい勝負だった…








    というわけで、幾度にも及んだゴア・マガラとの戦いもついに終幕。
    だけど旅はまだまだ終わらず、これまで頑なだった筆頭リーダーとも固い握手を結び、
    一行は本来の目的である「団長の謎のアイテム」の真相を探る旅へ。

    なんでも目的地だったシナト村は遥か高い山々の中にあり、船で行くのはもともと土台ムリだったということ。
    目論見外れもそれがどうした、なら次の方法だと揺らがず真っ直ぐ進み続ける我らの団長。
    とはいえ一行だけではどうにもならないので、船の時と同様にナグリ村へと進路をとる。


    陸・海と制覇(?)して…… 次は、空だ! 


    なんとも破天荒な道のりよ。




    関連記事


    タグ : MH4冒険記

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1500-1d73b2ef

    ブログパーツ