◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • 3DS『ガイストクラッシャー』他、11月6日本日より体験版配信開始。&プレイした感想。

     2013-11-06
    edit
    ワンピース アンリミテッドワールド R(初回封入特典:限定コスチュームや追加クエストが入手できるダウンロードコード同梱)  ガイストクラッシャー

    ワンピース アンリミテッドワールド レッド | バンダイナムコゲームス公式サイト
    CAPCOM : ガイストクラッシャー 公式サイト | Nintendo 3DS



    11月21日発売のワンピース、12月5日発売のガイストクラッシャーほか、
    アイカツ!!やクッキングママなど今月末~来月頭発売ソフトの体験版が、本日より配信開始。

    というわけで、自分として興味のあるガイストクラッシャーとワンピースレッドの方をプレイしてみた。
    ガイストクラッシャーは以前より何となく気になってて、開発がトレジャーなこともあって興味倍増中。
    TVアニメを撮りためるだけ撮り溜めてまだ見てないんですけど、そっちの方は如何なんでしょう。

    ガイストクラッシャーは道中のザコを蹴散らしボスと対戦するミッションを3つ、
    ワンピースはパンクハザードでドラゴンと、エニエス・ロビーでパシフィスタと戦うミッションの2つを収録と、
    どことなくなんとなく似ている構成。






    体験版をプレイした感想としては、まずガイストクラッシャー。
    実操作を交えながらのチュートリアルモードもあるのでそれなりに親切かも。それなりに。
    Y,X,Aの3ボタンによる攻撃とRボタンでのメイル⇔ウェポンのフォームチェンジと特性の変化、
    Bボタンによるガードorダッシュが基本となり、またLボタンで敵のターゲッティングが可能。
    ONにしている間は敵に注目し続け、もう一度Lを押すとターゲット解除。左右への十字キー左右で対象切替えなど。
    ONの間は対象となる敵を中心とした動きになり、近づく&遠ざかる速度が速くなり、
    代わりに左右への移動が少し遅くなったり、この辺の使い分けも大事っぽい。

    メイルフォームでは防御と連続技に優れガードができるが火力が高くなく、
    ウェポンフォームでは攻撃力が高くダッシュで回避可能なものの隙が大きく防御力が大きく下がるなど、
    それぞれの特性を踏まえて立ち回りを意識して変える必要がありそう。



    以上を踏まえてプレイ。
    炎や氷、雷や風などそれぞれ属性と固有のアクションを持った「ギア」を選択してミッション開始。
    ザコ相手には何も考えず殴ってれば大体OKだけど、ボス相手だとなかなかそうはいかない。
    敵の予備動作を見つつ&聞きつつ適切にガード・ダッシュを織り交ぜなければすぐに攻め削り殺されるので、
    体感としてはそこそこの歯応えあり。3ボスの中では高速道路の黒い龍に特に手こずった。


    属性の相性が割と大きいようで、相性のいい属性だとダメージを受けながらもごり押しが効いたりするけど、
    相性が悪い属性を選んでしまうとザコ相手にも大ダメージを負わされたりするなどがある模様。
    「基本的には属性相性のいいものをチョイスしつつ」「敵の動きをよく見てガードorダッシュ回避」
    「属性相性が良くても技が使い難かったりで別の意味で相性が悪い場合は、属性相性の悪いものだけは避けて動きやすいものを」といった辺りが特にプレイの上で気にするべきポイントだと思った。
    特にギアごとにアクションが違うのは重要で、前述の黒い龍の場合、属性相性のいいギアでも技が自分的に使い難かったのが苦労した要因だし、「特に属性相性は良くも悪くもないけど自分的に扱いやすいギア」で行った方がよほど楽だったし。
    逆に、簡単だったのは風神様。弱点属性で行ったらごり押しで終了であった。


    またダッシュやガードは専用のゲージを消費するので、あまり濫発もできないというのもポイント。
    特にダッシュは連続して行うとすぐに息切れするので慌てて連発することがないようにしたい。
    対してガードは時間に応じてゲージ消費なので、こちらもあまり無闇にガードしっぱなしではいけないものの、
    使いすぎる心配は比較的少ないので、防御や回避に自信がない場合はメイルを中心にするとよさそう。



    自分としては

     ・メイルフォームではLロックオンを使いつつ、ガードで攻撃を受け前後の出入りで追いかけてコツコツ連続攻撃
     ・ウェポンではあまりロックオンせず、敵の攻撃直後にダッシュで懐に飛び込み攻撃&敵の攻撃からダッシュで離脱
     ・ウェポンはゲージ消費が激しいので、メイルで堅実にゲージを稼ぐ→ウェポンでゲージを盛大に使いつつ
      大ダメージを狙っていく

    というような形が自然とできていった。
    ガード・ダッシュはどちらも直前の行動を全てキャンセルして即発動するので、「危なくなったらすぐBボタン」。
    ただし使いすぎは禁物よ、と。



    総合して、全体的に大味な感じがしながらも、
    できるだけスタイリッシュなプレイ、ダメージを受けない上級プレイをしようと思った場合は、
    フォームの使い分けや切替えタイミングを意識することで途端に歯応えが生まれそうな感じ。
    ただボスを倒すだけならメイルの防御重視でガードしながらコツコツ攻撃を積み重ねればいいけど、
    それだけだと単調になってしまうし。そしてウェポンをかっこよく使おうとして大ダメージを受ける。
    ボス戦は「カッコイイ戦い方」で割と突き詰めがいはありそうだけど、ザコ戦が単調なのはちょっと気になるか。

    各ギアの収集や育成要素も加わる製品版では、全体としてどんな味わいになってるのか、まただいぶ興味が増してきた。





    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1495-159ec6c3

    ブログパーツ