◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • スーパーロボット大戦UX、一周目クリア&感想! 近年最高のスパロボでした。

     2013-04-15
    edit
    スーパーロボット大戦UX
    スーパーロボット大戦UX |バンダイナムコゲームス公式


    今月10日ごろ、スパロボUXのプレイ一周目、ようやくクリア完了!
    誰だよ「今回は調子いいし、いつもより早くクリアできそう」とか言ったのは。俺だよ!
    とはいえプレイ感覚としては最初から最後まで飽きが来ず、ダレずにずっとのめり込んで楽しめました。

    基本的に、プレイし始めは新作をプレイするの興奮で感想が甘めに、
    進めるうちにだんだんと落ち着いてきて&あれこれ目についてきてテンションダウン、
    結局はほどほどのところに評価が落ち着いてしまう…というのが普段のパターンだけど、今回UXではそれが全く無し。
    むしろ進めば進むほど引き込まれ、システム上の物足りない部分も次第に気にならなくなり、
    勢いのまま大きな満足感・達成感とともにプレイ終了。この感覚は最近のスパロボにはなかった。


    あれですね、総合して面白いと感じていると、
    細かい部分に不満があったとしても「まーしゃーない、よかよか。次がんばろうや」って流せちゃうんですよね。
    これが総体的に感触がよろしくないと、細部の不満が同じようなものであっても途端に目に付いちゃったりしますよね。
    まさにその一線を画す多大な魅力と、それを生んだ「挑戦」と「丁寧さ」が詰まっている、それが今作。
    例え-30点の欠点があろうとも150点の魅力で全てを補って突き抜けて余りある、近年最高のスパロボと言いたい。
    自分としてはここ10年ではWと並んで最高峰、初めての人にもオススメしたいスパロボとして稀有な一本。

    と、左様に見て判るよう、自分のスパロボUX評は全体的にダダ甘となっております
    そのことを差し引くなり真に受けるなりして、各自お好みの加減でお召し上がりください。


    以下より、ちょっとしたキーワード等のネタバレを含むかも。
    とは言えもう発売一ヶ月、気にする人は少ないだろうけども、一応。


    ◇ 前回感想:スーパーロボット大戦UXプレイ中。だいたい序盤を終えたくらいの感想。






    今作を語る上で外せないのは、まず何といってもシナリオ面。
    新規参戦をはじめ、ストーリーの主軸となる作品の徹底的な追求具合と融合はもちろんのこと、
    原作展開終了後としての参戦作品も作中においてさらに描写が深められ、それぞれ今回ならではの立ち位置を作り、
    要所要所で話を引き締めてくれる頼もしい存在になってくれているなど、新規作品から復活作品、常連作品まで、
    今作の参戦作品取り扱いはあらゆる作品に見所があるのがすばらしい。

    よりシナリオを深く感じ取れるような描写と演出をスパロボの形式の上で丁寧に詰めていこう、
    最も基本的な、それでいてマンネリだった部分に、これまた基本の部分から立ち返って真っ向から味わいを深めよう
    … といったチャレンジ姿勢を感じとれる気がする。実際どうなのかはともかくそう思う。


    「事象の点と点を繋いで可能性のラインと為し、束ねて一つの大いなる力として運命を掴む」


    また最終的にこういった言葉に集約される今作のストーリー。
    それはテーマとしてだけでなく、話の作り自体や作品全体にも通底しているように思える。

    各作品とキャラの持てる要素を徹底して解釈・細分化してピックアップ、
    設定単位・キャラ交流単位・シチュエーション単位・MAP単位、あらゆる部分でクロスさせ、
    織り上げるように綿密に丁寧に描いていく構築の仕方、またその大胆さと意外性でぐいぐいと引き込まれるシナリオ。

    毎話貰えるクリアボーナスへのちょっとしたワクワク、
    何気に毎回微妙な変化とともに表示されるシナリオタイトル、
    それによって大きな変化があった時により大きく感じられる衝撃(スーパーノヴァや桜花嵐、最終話など)
    敵を倒してバラエティ豊かな個性的な能力パーツを手に入れる期待感、
    5段階・10段階改造だけでなく撃墜数でも強化され、成長や変化の機会が多くなって積極的に狙いたくなるボーナス、
    戦術指揮や特殊行動など、キャラクターやユニットの存在感がさらに増す新システム、
    K、Lを経てついに完成したと思えるパートナーユニット制の仕様とバランス、
    気軽な使用ができるスキルパーツと、これまた気軽に踏み切れる改造段階の制限と解放、
    種類が豊富でラインナップも痒いところに手が届き、切替えの演出も気が利いているBGM、
    こまめに挟まれるボイスつきイベント、普段とは違ったシナリオデモの演出。

    並べてみれば一つ一つは小さなそれらだけど、
    まさに点と点が繋がり線となり、それぞれ繋がり影響しあい、一つに束ねて織り重なって
    プレイする手と背中を押してくれる大きな魅力に、一話一話が弾むようにテンポよく進められる原動力となっている。



    まあ、不満を言うなら「編成画面が全体一望できなくてちょっとやりづらい」とか、
    「細かな分岐が多くて編成復帰がめんどい」「技能のヘルプ表示ができなくて効果が確認しにくい」
    「スキルパーツ付与してからでないと効果確認できない」「BGM/SE/VOICEの音量バランスがよろしくない」
    「いくらなんでもタッチ操作全廃はどうか」「DLCマップにもせめて最低限の会話くらい入れようよ」
    「いい加減そろそろ辞典ほしい」とか、並べようと思えば色々と出てきて並べられるんですよ。
    実際、内製のメインチームが作っているZ系などと比べてUIの使いやすさ、細かな配慮に差があるんですよ。
    でもやってるうちにそんなことはどうでも良くなるんですよ。


    大きな粗はないけど…まあ面白くはあるんだけど‥つまらなくはないんだけど…と言いつつも手が止まっちゃうゲームと、
    操作性がもうちょっと、ここが不親切だ、もっと便利にしてほしいとか言いながらものめり込んでしまうゲーム。
    圧倒的にその後者側、上にも書いたようにあらゆる不満をブッ飛ばして余りある魅力と楽しさを味わわせてくれる、
    それが今作スーパーロボット大戦UX。  あ、でもああいう不満なところは次回直してくださいね。


    個性をよりよく再現・演出できる新システムを作り上げ、
    SUとPUの長所/短所をそれぞれ煮詰め直してバランスを完成させ、
    気軽に楽しめる強化要素なだけでなく、集めるのが楽しいコレクション要素としてのスキルパーツ、
    悲劇の回避や、脚本の人をして曰く「最強の敵が最高の味方に」なってくれる膨大らしい隠し要素の数々、
    種類豊富で嬉しいBGMや、丁寧かつ大胆、破天荒にして高い完成度で仕上がったシナリオ。
    これらの相乗で携帯機系のみならずシリーズ通じてスパロボの一つの到達点と言っちゃっていいと思える今作だけど、
    絶妙に合わさっているこれらが狙ってできたことなのかどうかがわからないということが、
    次回作を待つあたって期待と同時に不安でもあるところ。だけど今作がある限りは楽しみに迎えられそう。
    「基本から見つめ直し、煮詰めなおした良作」であるこの一本で、これからのスパロボシリーズに対して
    新たに希望すら持てたような気がします。ちょいと大袈裟だけども心の底から。




    従来スパロボの一つの到達点にして編成式の完成形と思っているZ。
    スパロボシステムの新たな可能性としてのNEO。携帯スパロボの最高峰、Wに加えて新たにUX。
    自分の特別お気に入りスパロボラインナップにまた一つ加わることになった今回。
    これからシリーズがどう転がっていくかは分からないけど、まずはNEOの系譜にして新機軸のOE、
    そしてZシリーズの新作を楽しみに、ハラハラしながらもとりあえずまだシリーズにはついて行けそう。
    とりあえず、今はUXをのんびりとやり込みつつ。さあ次は二周目だ! 目標はまずグラハム隊長の生存から!






    関連記事


    タグ : ゲーム感想

    コメント
    クロスオーバーも良かったですし
    UIは周りは次回作に期待したいですね

    また、次回作では三国伝やマシンロボ、ガン×ソードやラインバレル、魔装機神やリーンの翼のクロスオーバーが観てみたいと思ってみたり…
    【2013/04/16 07:10】 | あーよん #- | [edit]
    今作は作品数が全16作品、
    前後篇やTV劇場を統合すると14作品と少なめなのも、逆にいい作用をもたらしていた気がしますね。
    作品を持て余さずそれぞれの持ち味を活かしてクロスさせ、まとまりを良くするにはこれくらいが適度な感じ。

    次回作でも、作品ごとの要素と関連性を絶妙に活かしたチョイスとシナリオを期待したいです。
    【2013/04/16 18:20】 | のこや #- | [edit]
    のこやさん、こんにちわ!

    僕も、今回のスパロボもともと買うつもりでして、いつものスパロボよりぶっつずけでほぼ丸一日とかやってたうちのひとりです。

    だからなんですかね、なんか感想が似てるふうに感じました(笑)。

    僕も、操とかイルボラとか、仲間にするの頑張ります(^o^)丿

    それでは、また!
    【2013/04/16 19:14】 | いぬかい #NOyQw49E | [edit]
    こんにちは、コメントありがとうございます! 
    今回はやり始めるとなかなか止まりませんよね。
    感想が似るのは、誰の手にもそう感じられやすいくらいに作り込まれていることの証かもしれませんね。

    自分も二周目ではラインバレルや飛影系の隠しキャラ、来栖操をぜひ仲間にしたいです。
    そして1周目では仲間にすることもできたけどあえてやめておいた翔子も加入させて、
    カノンと翔子の羽佐間姉妹を楽しみたいと思います。
    【2013/04/16 20:04】 | のこや #.oaDpd3. | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1345-7976d18b

    ブログパーツ