◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • スパロボUX : システム感想@戦術指揮

     2013-05-25
    edit
    スーパーロボット大戦UX (初回封入特典:「キャンペーンMAP」&「ツメスパ」をダウンロードできるダウンロードコード 同梱)
    スーパーロボット大戦UX |バンダイナムコゲームス公式
    戦術指揮 | GAME SYSTEM | スーパーロボット大戦UX




    戦術指揮 とは。


    スパロボUX感想、今回は戦術指揮について。
    インターミッションの専用項目で特定の指揮官や小隊長級のキャラを設定することにより、
    戦闘MAP中、味方全体に固有のプラス効果を与えられるという、今回から導入の新システム。
    また戦闘開始直前などの台詞が選んでいるキャラによって変わるのも面白いところ。

    なお指揮官・小隊長級とは言ったものの、
    シナリオ途中のなりゆきで戦術指揮から戦術指揮/応援バージョンアップ(?)し、
    リーダー格以外にも設定可能キャラがドカンと増えるという展開もゲーム中にあり。

    その結果、孔明や司馬懿、周瑜などの戦略級軍師、スメラギさんやロミナ姫などの艦長格、
    オズマや森次、グラハムなどの隊長級、果てはランカやシェリル、フェイなどのアイドルポジション、
    チャムやエレボスなどの賑やかし役など、多種多様多彩なキャラを選ぶことができて実によりどりみどり。
    いやまさか、覇道瑠璃やフェイ、リナまでも使うことができるとは。


    ちなみに「孔明の罠」でおなじみ、戦術指揮でも猛威を振るう諸葛孔明、自分はあまり使わず。
    「自ターン攻撃力+10%」「サイズ差補正無視」「地形適応1段階上昇」など見るからに便利に決まっていて、
    サイズ差補正無視で命中回避の不利を帳消し、さらに地形適応上昇で命中回避攻撃防御すべてがパワーアップなど、
    こんなものに頼っていたら自分はダメになると思ってあえて自粛。

    そこで自分がもっとも愛用していた指揮キャラは中盤まで森次さん、中盤からはグラハム隊長。
    防御スキルをできるだけ活用したいので「発動率+25%」は手放せず、射程3と4の間に埋めがたい差がある今作に置いて、
    何といってもグラハムの「射程+1」効果が大きかったのがチョイスの理由。あと単純に好きなので。
    とはいえ生存条件を満たせずに特攻死させてしまったので、結局ラスト数話は孔明先生に頼ることに。
    次こそは隊長を生かしてみせる!




    ▼ここはこうだったら。

    基本的な仕組みについては満足だけど、一つ不便というか不満な点があり。
    それは、ステージMAPに入ってからの戦闘準備画面では設定キャラの入れ替えができないということ。
    基本的にインターミッション時にしか変更ができないので、ステージに入って「敵の種類を見て指揮官を換える」
    「シナリオ展開を踏まえたキャラを設定する」ということができないのが少々不便。IM時点では分からないことだし。
    一度ステージを開始してからリセット、前のIMに戻って設定し直せばいいんじゃないかと言えばいいかもしれないが、
    「その種の敵の対処に長けた指揮官にバトンタッチする」という対応が、ある程度は自分の手で臨機応変にできた方が、
    単純に便利でもあるし、よりゲームへの移入感も高まると思う。

    また今作での隠しキャラ加入条件の一つに、「特定のMAPで特定の指揮官をセットしている」というのがあり、
    そのほとんどはそのMAPのシナリオ展開に合わせたものになっている。そういった点においても、
    「あ、このMAPは○○の作品の話メインだから、○○のコイツを指揮にしよう」とやりやすく、
    より自然に満たせる仕組みであればよかったなあと思うのです。




    ▼総じて。

    直接戦闘に関わるキャラのみならず、いつもなら存在感の薄い非戦闘員なキャラの存在感も急上昇、
    効果の種類・キャラごとの組み合わせも実に豊かで、個性と実用性とユニークさを兼ね備えた実にステキな新要素。
    またシナリオの進行やイベント、仲間の加入によって設定可能人数が増えていったり、
    段階的に効果がパワーアップしていったりと、小刻みに変化があるのもプレイに弾みがつく良いポイント。
    今作に数多くある「小さな変化ながらもそれによって弾みが生まれ、それが積み重なってよいテンポになる」部分の一つ。

    個性表現として・実用性として・プレイ感覚を向上させるものとして、全てに渡って良い効果があると言えるこのシステム、
    できればこれからも継続して採用、または他のシリーズにも導入して楽しませてほしいと思います。特にOG(略)







    スーパーロボット大戦UX パーフェクトバイブル (ファミ通の攻略本)スーパーロボット大戦UX パーフェクトバイブル (ファミ通の攻略本)
    週刊ファミ通編集部

    エンターブレイン 2013-05-17
    売り上げランキング : 374

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools



    ちなみに先日発売された攻略本は割と好評めな模様。
    付属ツメスパは報酬が全く大したものではないのでそれを目当てに買う必要はないけど、
    隠しキャラ条件の確認やオリジナルキャラの豊富な資料目当てなら買って損はなさそう。


    関連記事


    タグ : ゲーム感想

    コメント
    システムでの不備?(不満な点)は次のシリーズでは改善される事が多いので、多分次作では改善されるでしょう。

    逆に楽せず、縛りプレーするのも面白いかもしれませんね。
    【2013/05/27 19:44】 | カンタム #- | [edit]
    シナリオを進めると強化されてとても便利でしたね
    ここはαシリーズなんかをUXのシステムでリメイクして頂きたく…

    なんて考えてしまいますね
    【2013/05/27 19:53】 | あーよん #- | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1340-4bd610ee

    ブログパーツ