◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • あれこれ:週販ランキングほか、PS4関係の記事とか。

     2013-02-23
    edit
    【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】次世代ゲーム機「PlayStation 4」をSCEがニューヨークで発表
    【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】PlayStation 4のCPUコアはなぜ「Jaguar」なのか

    プレイステーション4はどんなハードなのか? わかっていることと、わかっていないこと - ファミ通.com
    SCEJ河野弘プレジデントに直撃「PS4でゲームの楽しみかたが変わってくる」【PS Meeting 2013】 - ファミ通.com

    4Gamer.net ― PS4の正式リリース到着。ハードウェアスペックも公開に。仕様から推測されるプロセッサの正体は?
    4Gamer.net ― PS4でゲームはどう変わるのか。SCE Worldwide Studiosの吉田修平氏インタビュー

    気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)
    ソニー:PS4 の製品版スペックは未定、筐体はデザイン中 - Engadget Japanese


    目についたPS4関係の記事をメモ。
    いずれもっと細かく目を通して思ったことを書いてみたい…
    …と思ったけど、読んだところで、語る前提となる肝心要の知識がロクにないのであった。

    まあそれはそれとして、発表当日の熱も冷めてあらためて考えてみるに、
    「メインメモリ8GBって聞いた時はスゲェと思ったけど、実現のため2Gbを32枚も載せるって色々大丈夫なの?」とか、
    「"将来的には"とか"構想はある"とかああしたいこうしたいばっかだけど実現の目処は大丈夫なのか?」とか、
    つい2年前や7年前のことを思うと不安にならざるを得ないところもちらほら。

    旧機種との互換が現状では"ない"ということ自体はいいとして、
    結局のところ「このゲーム機ならではのこのゲームをぜひやりたい」と思えるようなソフトを
    早期に出せるかどうかが勝負になりそうなので、そういうものを期待しておきたいです。
    でなければ、次世代機同士の競争という形ではなく、ユーザー需要が残る旧世代市場vs次世代市場という形になっちゃいそう。
    その点においてはWiiUも未だ見ぬ次の箱○さんも同じ。





    【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2013年02月11日〜2013年02月17日 - ファミ通.com
    4Gamer.net ― 「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」が累計販売本数100万本を突破した「ゲームソフト週間販売ランキング+」

    3DS最速で100万本を突破したリメイクDQ7が光り輝くランキング。
    しかし先週同様、新作リリース数や勢いはあまりなく、全体的には落ち着いた流れ。
    とするとランキングを占拠するのは定番組で、10位までほとんどが青一色。



    スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record (3) (電撃コミックス)

    電撃ホビーマガジン連載のジ・インスペクター漫画版RoATX、最新刊が2月27日発売。
    物語はリクセント公国の占拠とインスペクター襲来まで進んだところ、やはり端々に細かな描写が光る。
    バン大佐とユウキの会話など、自身もシリーズファンである八房氏による"それっぽさ"の演出など、
    コミカライズとして一つの読み物として相変わらず面白い。



      


    関連記事
    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1284-8f03ada6

    ブログパーツ