◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • 【3DS】 ドラゴンクエスト7 : 発売直前! リメイクでの新規・変更点をまとめてみた。

     2013-02-06
    edit
    ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
    ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち 公式プロモーションサイト



    ついに明日、2月7日に発売を迎えるドラゴンクエスト7。
    12年半の時を経てリメイクされた今作、さまざまな部分に手が加えられ、相当に力が入っているご様子。
    かつてプレイした人も、初めてやる人も新鮮に楽しめるようになっているという。


    自分としては買うつもりはあまり無かったものの ( DQは自分の好きなようにキャラを作れる方が好き )
    TVCMやPVなどでぐいぐいとそそられて次第にその気になり、いつ買うかを思考する段階に。
    ダウンロード版も発売するので、買うならそちらかしら。



    社長が訊く『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』|Nintendo
    3Dの“ぱふぱふ”は必見!? 圧倒的に遊びやすくなった3DS版『ドラゴンクエストVII』の開発裏話インタビュー
    ヨドバシ.com-スペシャル情報-12年以上の歳月を経て、シリーズ話題作がニンテンドー3DSで復活!


    というわけで、
    どこが変わったのか気になる人のため、その気になりつつある自分の背中を押すため、
    今回の変更点や新規要素などについて、これまでの情報をもとにさっくりとまとめてみた。





    『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』プロモーション映像 - YouTube

    こちらのプロモーション映像も、あわせて是非見るべし。




    • 『分かりやすく、迷わないDQ7』
      …というコンセプトのもと、謎解きをクリアした時の爽快感は残しつつ、数や難易度を調整し、
      特に序盤のエスタード島はオリジナルから大きく変わり、最初のバトルまでかなり早く進むとのこと。



    • ヒントやレーダーなど、石板探しにもサポート充実。

       ・助言をくれる「占い師のおばあさん」も健在
       ・新キャラクター「石版案内人」によるアドバイス
       ・石版のかけらがあるダンジョン・MAPに入ると反応する「石版レーダー」
       ・あらすじ、ヒント機能などのアーカイブ

      大きな特長である石版システムにも改良を加え、サポートを充実させつつも
      ヒントの取得・活用は任意で「一方的に情報を与えて簡単にする」というようなことにはしていない、とのこと。




    • 最大の職業数はそのままに、より個性的に。
       ・シリーズ最大の職業数はそのまま、モンスター職も健在。
       ・転職すると、職業に合わせた姿に服装・見た目が変化し、視覚的にも楽しめる。
       ・職歴システムを廃し、各職業で覚える呪文や特技、またそれらの強さなども全体的に調整。
       ・熟練度をあがりやすく、色々な職業を極めやすく。
       ・基本職で覚えた呪文・特技は転職しても引き継げるが、
        上級職で覚える呪文・特技は他職への引継ぎが不可になった。
        これにより無個性化を防止、各職業の個性を際立たせた。
       ・モンスター職は、極めなくても初期からモンスターの姿になって戦える。




    • シンボルエンカウントになった戦闘など。

       ・敵がMAP上で見えなかったランダムエンカウント制から、
        敵がMAP上で見えていて、接触すると戦闘に入るシンボルエンカウント制に変更。
       ・オリジナルではレベルアップのペースが遅かったが、比較的あがりやすくなった。
        体感的には他のナンバリングタイトルと同じくらい。
       ・シンボルエンカウントでは戦闘回数が少なくなりがちなので、一戦ごとの経験値・Gの取得量を増加。
       ・しかし難易度を落としたわけではなく、敵の強さにはかなり歯応えがある。
       ・戦闘シーンはアクションがダイナミックになりつつも、テンポの良さと、わかりやすさを重視。




    • 通信要素、すれちがい石板や移民の町など。
       
      ・すれちがい石版
       懐かせたモンスターから3匹を選んで「すれちがい石板」をGETさせ、それをすれちがい通信で好感できる。
       集めた石板からダンジョンに入り、ボスを倒すというDQ9の「宝の地図」に近いシステムだが、
       モンスターの組み合わせによってある程度狙った中身のダンジョンを作れるなどの違いがある。

      ・移民の町
       移民の町のキャラクターも、すれちがい通信で交換できるように。
       すれちがい石板を交換する際に、石板を探したモンスターが相手の町に移民する。
       
      ・インターネット酒場
       すれちがい通信がしにくい人のための仕組みで、
       一日一回、WiFiを通じて全国のプレイヤーと移民&石板を交換できる。




    • 音楽は、豪華フルオーケストラ演奏に。

       具体的には、東京都交響楽団さんが演奏されたオーケストラ音源から、1つ1つの楽器の音を抽出して、3DSで聞いた時にきれいに聞こえる形で調整をお願いしたんです。その結果、すぎやま先生はギリギリまで3DSのスピーカーできちんと聞こえるように音を調整してくださって、今回のオーケストラ音源が実現したんです。

      東京都交響楽団が演奏、すぎやま氏が手ずから綿密に調整したという音楽も今回の大きな魅力。







    • などなど、数えるだけでも実に様々な変更・強化が為されている模様。
      自分にとって大きいのは、転職システムが楽しそうに見えることと、オーケストラ収録のBGM。
      WiiU版のDQ10も音楽がオーケストラ音源になっているというのでそちらも楽しみ。




          





      関連記事



    コメント
    発売した時は色々と言われたのは有名な話ですね。

    初回(PS)を遊びましたが、2回ほど叩き割りました(笑)
    戦闘では止まる事が多く、最終的には借りてクリアーしました。
    色々とバランスが悪かったので、今回のリメイクでの発売は結構大変だったでしょうね。

    8は据え置き機でのリメイク希望。
    【2013/02/07 21:04】 | カンタム #- | [edit]
    >カンタム さん

    「全員終われる『VII』にしよう」が目指すところの一つだったというだけあって、
    バランスから何から相当手を入れているみたいですねー。

    据置での8リメイクもいいですね。
    個人的には1~6もまた3DSで出してほしいです(4~6はDS版あるけど)
    …というか1~3が欲しい!
    【2013/02/08 19:37】 | のこや #- | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1261-a5deb5af

    ブログパーツ