◆新着記事

  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  

  • ここまで永かった。第二次スーパーロボット大戦OG本日発売&購入!

     2012-11-29
    edit
    694282822.jpg




    Time to Come !! ついにやってきた!


    ここまで新作に感じ入るのは7年前の第三次α以来のことではなかろうか。
    当時も5年追いかけたαシリーズの最終作とあり、特典DVDの5.1chサラウンド仕様のOPムービーを見て
    去来する思いに涙が出そうになったもんだ。 ふるえるぞハート。

    OG2とOVAから数えて、ストーリーの続きを待って早7年、OGSから5年。
    この万感の思い、もはや言葉にすること適わない。



    以下は、購入~プレイ開始直後までのあれこれ。
    微細ながらもネタバレが混入するので注意。





    ◆本日更新のスパログより。

     また、昨晩のバンダイナムコライブTVの番組でも申し上げましたが、
    本日夕方から配信予定のWEBラジオ「熱血! 必中! ボイス・スパログ!
    ~第2次スーパーロボット大戦OG篇」で、「第2次OG」に登場する魔装機神
    関連のお得な情報をお伝えします


     「それまで待てない!」という方もいらっしゃると思いますので、ここで少し
    ネタばらしをします。「第2次OG」序盤、舞台は地底世界ラ・ギアスへ移り、
    マサキ篇、リューネ篇という2つのルートに分岐しますが……マサキ篇なら
    マサキやミオ、テュッティ、プレシア、リューネ篇ならリューネやヤンロン、
    ザッシュの撃墜数をなるべく多く稼いでおいて下さい。

     あるシナリオまでにマサキ、ミオ、テュッティ、プレシアの合計撃墜数、または
    リューネ、ヤンロン、ザッシュの合計撃墜数が一定値以上になると……
    何が起きるかについては、「ボイス・スパログ!」でお伝えします。

    第2次スーパーロボット大戦OG、本日発売! | スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」

    だ、そうです。


    ※追記
    乱舞の太刀、円月殺法、火風青雲剣、フェンリルクラッシュや五郎入道正宗、くるみ割り人形や黒き霹靂など、
    魔装機神第2部で習得する必殺技は今回条件付きの隠し追加武装として登場。

    マサキ編:マサキ・テュッティ・ミオ・プレシアの合計撃墜数を100機以上に
    リューネ編:リューネ・ヤンロン・ザッシュの合計撃墜数を75機以上にする

    という条件を17話終了までに達成しておく。
    すると、後半地上での登場時に各必殺技を習得して出てくる。

    …とのこと。



    ◆特典・電撃スパロボSP

    まずは速攻で読み読み。
    主に今回の新規ロボット&キャラの設定イラスト、
    ゲシュペンストMk2改やジンライなどの模型作例、
    エクスバインやサイバスターなどのキット紹介、コトブキヤプラモラインナップ集、
    歴代電撃スパロボのピンナップのミニ収録集などが掲載。
    電撃本誌やWEB媒体で連載中の外伝『告死鳥戦記』の1話も収録。

    ・バイト中のトラブルで裏社会の島に流れ着いたトウマの奮闘を描く、栗橋伸祐『カラテ・ボーイ』
    ・ハガネvsヒリュウのPT隊模擬戦演習、ある意味夢の対決を描いた八房龍之助『鋼龍激突』

    そしてゲーム本編の前日譚部分を描いたこの二点の新作漫画が収録。
    クロガネが懇意にしている裏社会の要人のところに流れ着き雑用をするハメになったトウマの話も面白いが、
    自分的には後者、ハガネ隊vsヒリュウ隊を描く八房漫画が大注目。

    地味ながらも手堅い仕事をするラッセル君、
    キョウスケがACE:Rに出張で居ないため、即席でコンビを組むカチーナ中尉とエクセレンの「ランページ・オクトパス」、
    そしてリュウセイもART-1とともに居ないため、代理でR-1に乗るマイマイ、そしてガンナーとの搭乗連携など、
    もはやこの部分を見ただけで3割方満たされてしまわんばかりの勢い。
    特にマイマイ。連載中のRoATXに先んじて読切に出てくるとは。しかも超かわいい。


    ところで話は変わるのだけど、設定イラスト集のところのアーマラ&エビルの項目。
    さりげにコードネームでないエビルの本来の名称らしきものも載ってるのだが、いいのだろうか…
    ガリルナガンというネーミングは一体なんなのだ!




    ◆説明書を読んでみたりチュートリアルしてみたり。

    基本的な部分はやはり今までのスパロボ同様として。目についた部分をいくつか。

    ・技能に連続行動あり。
    ・いつもは説明書に精神を全部載っけてあるけど、今回は42個中22個のみ。あとはゲームのお楽しみか。
    ・精神『同調』は「ツインユニット解散まで有効」に効果がUP?
    ・精神『直撃』はシールドやバリアの無効に加え、「特殊効果無効」も無効化。
    ・「換装武器の一括取り外し」とか便利そう。
    ・ひょっとして、今回は換装武器の特殊弾システムがなさそうな気配。
    ・ツイン部隊編成はZのトライ並以上に補助要素があり、
     編成画面に入った時からやり直す「全やり直し」や「前詰め」が便利そう。
    ・今回、反撃はマニュアルほか、大まかな指示を選んでのオート反撃も可能。
    ・再世篇にはBGM/SE/ボイス個別の音量調整があったが、今回はBGMのみ。
    ・機体サイズの説明に「大きくなるほど回避しにくくなる」とあるが、ダメージには触れられてない。
    ・連続ターゲット、プレースメント補正あり。
    ・とりあえず量産型ヒュッケバインMk2は出てきた。
    ・インファイト、ガンファイトは今回養成なし。インファイトは先天技能で確認。




    ◆あと何かあったっけ。


    とりあえずプレイ開始。
    思い出したらこの辺に追加するかも。




    関連記事


    タグ : OG封印戦争記

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1202-e669356b

    ブログパーツ