◆新着記事

  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  

  • 第二次OG : どうなる!? 今回のシナリオ展開予想/期待・後編。

     2012-11-27
    edit
    第2次スーパーロボット大戦OG



    余りにも長くなりすぎて二分割したシナリオ展開予想(という名の特に予想してない何か)
    第2次α・MX・EXの辺りに触れた前編に続き、D・RRR・第三次α・その他についての後編。
    もはや前書きで言うこともないので以下より。




    ▼D
    MXと並んで初報から扱いの大きかったDキャラクター。
    中盤からの登場ではあるが、「地球と宇宙の隔離」というネタ(原作ではあっさり解消されたけど)もあって扱いに期待。
    Dではゲペルニッチに「いざとなったら地球ごと消すぞ」と言われた南極門もどう処理されるか。また誰か特攻するのか。
    ところでラキやウェントスは両方仲間になるんだろうか?なればいいなあ。
    その辺り、「作られた存在」としてラミアやイング、アリエイルなどとの関係、寿命ネタについても行く末に注目。
    これまでに前振りのないまっさらからの登場なので、OGなりに丁寧に描かれれば嬉しい。


    ▼RRR
    OG2の時から「アルトの手足が無理矢理もがれたのはRRRの布石では?」といわれて6+1年、ついに登場のRRR。
    上半身とコアパーツのみだった本体に、アルトの手足ジャンクを流用して完成したフリッケライガイストと、
    理想人類創造計画の試験体であり、3年の寿命しか持たなかったアリエイル、これだけ見ても絡めそうな要素がモリモリ。
    「継ぎ接ぎ」という機体名が類似しているラピエサージュとの関係を期待する向きもあるようだが、個人的にはどっちでも。
    「寿命3年」設定は原作最後では解決されたような描写もあるので、ひょっとしたらラキウェントスもそれと一緒に…?
    どういった経緯で出てくるのかも気になるが、自分としてはそれよりもマグナムステークなどの武装に期待。


    ▼第三次α
    4主人公のうち、第二次αから継続しているクスハを除き、
    新たにトウマ&雷鳳の登場は確定している第三次α的部分。
    封印戦争が主舞台なので、宇宙に進出しバルマー本星を相手取る第三次α的展開が来ることはないだろうし、
    そもそもトウマ(とクスハ)くらいしか確定ではないけど、とりあえずはこれまた主人公ごとに。

    ・トウマ
    雷鳳とともにPV第4弾に登場し、その姿で沸かせた彼。
    α3との大きな違いとしては、幻のDGG3号機・ジンライが登場することがある。
    忍者型ロボを前身とする「DGG3号機にはなれなかった機体」雷鳳とジンライが一体どういう関係になるのだろうか。
    単にジンライ→雷鳳となるのか、ジンライとは別に雷鳳が作られることになるのか。
    AI制御に対して暴走前提の有人システムLIOHは対照的。
    大雷鳳になるには足早過ぎる気がするのでまだならないような気がしつつも、なってもまあいいや。

    ・クスハ
    龍人機や黒い虎王機などの要素で、基本的には第二次α基準的要素の多いクスハ。
    しかし妖機人の跳梁や四神・雀武王の復活と敵対もあり、もしかしたら孫光龍なども出てくるかもしんないし、
    この辺りは第三次的な要素に近いとも言えなくもない?(まあ孫光龍は今回まだ陰も形もないけど)
    …というよりは、今やOGに本格的に組み込まれ連載も再開する龍虎王伝奇の系譜と考えれば、
    第二次第三次αといった括りにこだわる意味は薄いかもしれない。
    前篇でも言ったけど、超機人の操者として、またイルイらに絡んで強念者=サイコドライバーとしての掘り下げも
    そろそろ行われそうなころかしら?


    ・セレーナ
    特殊部隊チーム・ジェルバに所属し、ミッション・ドールの下にイルイの身柄確保の任についていたセレーナ。
    それら任務中にゴラー・ゴレムに出くわして壊滅の目に遭い、第三次αではその復讐に生きることになっていた。
    現状では全く影も形もないが、今回を前日譚として出てきてもいいんじゃないなあと個人的には思っている。

    というのも、ミッション対象のイルイに関して。
    どうしても版権スパロボより状況パターンが乏しくならざるを得ないOGにおいては、イルイを保護・同行するのならば、もう少し理由や説得力を付加するものが欲しいなーと思うところ。自軍・バラル・権力側・その他などで「地球を護る剣は誰か」を争いそうな今作では、三つ巴四つ組になってイルイの身柄の確保に必死になることがあれば、なんだじゃあ元々自軍も知らないところで暗躍していたジェルバは権力側からの手として適任じゃないか、と思った次第。あと、セレーナは元々スレイと交流のあるキャラクターだったので、今回やさぐれ傷心気味のスレイと関わりがあればいいなあとかも思ったりしています。


    ・クォヴレー
    因子が足りない。




    ▼その他

    ・ラスボスは何になるか?
    ペルフェクティオやAI1、ガンエデンなどラスボス候補には困らない今作。
    果たしてそのままストレートにどれかがラスボスになるのかどうかも注目のところ。

    OG1ではノーマルラスボスにジュデッカ、ハードラスボスにメテオ3ことセプタギン。
    OG2ではノーマルにノイレジセイア、ハードではホワイトスターを呑み込んだシュテルンレジセイアなど、
    OGでは"ならでは"の捻りが加わっているラスボス関係。

    自分としては、そのままどれかがラスボスになるよりは、やはり何かしらのOGならではが欲しいところ。
    AI1は何となく、原作MXとは違った形でさらにタチが悪くなりそうな予感。


    ・イルイ
    封印戦争のキーキャラクター、イルイについて。大概は各キャラのところで書き切ったので細かくは省略。
    クストースのような敵もいるし、封印戦争というからには登場はするだろうと思われるが…

    登場したとして、自軍にアットホーム感あふれてる版権作・第二次αと違い、
    軍事・軍隊色が比較的濃いOGにおいてはどうすれば自軍に同行しうるか、そして誰と関係を深めていくか、
    なんとも予想しにくい。単に追われていて、何となく懐いて、でもいいと言えばいいが。
    自分としては、ただ傍観者・観察者であるよりも、積極的に取り巻くキャラクターを掘り下げる要素にもなって欲しい。




    ▼敵について
    各作品の敵に加えて、気になるのがOGの世界情勢に根ざした現存勢力。
    基本的にOGは旧次シリーズをシナリオの流れのベースになっているし、EXストーリー収録に加えて「その後の地上」の話も続けて描かれることになるので、つまり「EX→第4次」に相当するだろうとも考えられ、加えて「地球を護る剣となるのは誰か」もテーマらしい今回、その辺りを踏まえて。

    ・ノイエDC&DC残党
    もはやお馴染み、DC関連。
    ムラタやモンテニャッコなどがまだ健在であるなどいい加減そろそろ始末したい感はあるが、
    上記のように「地球を護る剣は誰か」となると、そろそろ決着が付きそうな気配もなくもない。
    しかしケジメを付ける相手がムラタ共だというのはいかにも役者不足の感大きく物足りないし、
    このまま流れで今いる連中を潰すだけよりはもうひと工夫が欲しいところ。(とはいえ今さら大物を後付けするのも難しいが)
    個人的にはそろそろエルザム(とゼンガー)に「正しくDCの志を継ぐ者」としてビッとキメて欲しくもある。
    いや敵対しろという意味ではなく、ちまちま影の実行力として残党潰しをするだけではなくてまともな理念を持ったものをちゃんと拾い上げていって力とするような「最後のDC」たる様子もそろそろ見せてほしいっていうか。
    その上で最早「偽のDC」でしかないヤツらを叩きのめして欲しいっていうか。残党潰しとあまり変わらない?気にするな。がんばれ統合軍司令の子にしてDC親衛隊長。そのゴーグルそろそろ取れ。

    そういや旧シリーズDCといえば、FでのDC支配階層(ザビ家)のクローン復活を思い出したりもする。
    OGでは…まともなのはそれこそビアン博士くらいしかいないか。ううむ。


    ・大統領・権力側
    コードネーム「GS」の名のもと編成されつつあるグライエン大統領下の直轄部隊。
    「敵」に加えてはいるけど、敵対すると言われてるわけではない…が、「新たな剣となり得るのか」と問われ、
    第4次やF、αなどあらゆるシリーズで体制側の強権的部隊との対決はお約束なので、まあ対立はするでしょう。
    その上で注目なのは「構成員はどうなるか」というのと、「どういう理由で対立するか」ということ。特に後者。
    自軍としてはOG2でクーデターが起こっても「上がどう変わろうと下の我々がやることは変わらん」という姿勢、
    なので自軍らが反動勢力認定に追いやられる危険を背負ってまで反目姿勢をとるならばその理由づけも気にしておきたい。
    ヴェルターのような国連直轄部隊やZEXISのような監察権を保持する部隊でもないし。ノリとか。
    (方針が全く合わないながらも明確に対立はせずなんか勝手に自壊とかいう可能性も無きにしも非ずだけど)

    ところで「GS」って「ガイアセイバー」とかだったりするんでしょうか。


    ・イスルギ私設部隊
    グライエンとつるみつつも、独自の思惑を持って手駒となる私設部隊を揃えている様子のあるミツコ社長。
    サイリオンやケルベリオンなどやPTの特徴も備えるAMマスカレオンなど、どっちかというとメカ方面で興味あり。
    PVにいた簡易アーマリオンもどきもその系列だろうか?


    ・ゾヴォーグ・ゲスト系
    EXシナリオに続くその後の話もやる以上、登場候補ではあるのがゲスト勢。
    現時点での情報は全くないがインスペクターもそうだったし、布石自体はゼゼーナンのチラ見せなどで既に。
    もはや登場は既定路線なので、後はどのタイミングで出てくるかか。
    ライグゲイオスやグルード、レストグランシュに3将軍の機体が今ならどうなるか楽しみだなぁ。


    ・バルマー系
    OG1でホワイトスターが登場して以降、勢力としては音沙汰の無いゼ・バルマリィ帝国。
    GBAの時は本星滅亡してんのか?という疑いすらあったが、その後OGSでは描写が変わり、
    ユーゼスらしいゴッツォ仮面が顔を出し「愚帝」や「我らゴッツォ」などと口にしていたので、
    国家としては存在している模様。その時に「地球人が太陽系外に進出したことで結界が解かれた」とも言ってたので、
    結界を張って守ろうとするといえばガンエデン、そのガンエデンが出てくるであろう今回以降の動向に注目。
    自分としては本星・本隊と事を構える前の先遣隊にでも出てきてほしい。ゴラー・ゴレムの連中とか。


    ・おまけ
    気になっているのが異星人系の動向。
    現状「内側の敵」「裏側からの敵」はいても「外側からの敵」についてが事前情報ではまったく不明な段階、
    そしてその地球外・異文明圏に対する姿勢がガンエデンやGSとの関わりにおいても重要な部分だろうと思われるので。
    予定調和的に登場するであろうゲストでもいいけど、そういったある種の対等の相手だけではなく、
    例えばα2でいうバーム星人のような流民が来た場合にはどう対応するのか?というのが気がかりな点。
    吹っかけてくるゼゼーナン勢力=ゲストに応戦するのは半ば当然なので、そレとは違う立場の弱い相手ならどうするか、
    強行に排除するか融和姿勢をとるか、そういった部分が描かれないものかなあとか思っているところ。
    その辺、バルマーが滅んででもいてくれれば生き残りが流れ着いて…とか想像なりできたけども。
    おん出された「愚帝」一派が流れ着いて、自軍GSバラルバルマーの4者争奪戦とか面白そうだなーという妄想。


    ・それも私だ
    「我が十重二十重の計画を今度こそこの世界で」とか言っているユーゼスっぽい人さん。
    OGの他媒体展開(アニメや漫画DW、RoATX)などで出番が重なるたびに着実に露出が増えていて、
    そろそろ動き出してくれないと焦らしすぎの生殺し感が強い。まあ出番は次くらいだろうけども。






    と、想定以上に長くなったため2回に分けて送ったシナリオ予想という名の予想ですらないなにか。
    最後の方はもはや今作について関係なくなってきてる感があるけど特に気にしてはいけない、気にしない。
    未だまずはマサキ・リューネどちらのルートに行くか決まらないながらも、明日にまで迫ってしまった発売と
    実際のプレイを楽しみに待ちたいと思います。願わくば良い意味で驚かせられる・唸らせるものであってほしいなあ。




    関連記事


    タグ :

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1200-545eaa11

    ブログパーツ