◆新着記事

  • 10/06 フレポ召喚10連と聖晶石10連ピックアップを間違えて引いた結果  
  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  

  • 第2次スパロボZ 再世篇 : 久しぶりにプレイ中。IFルート最終話!

     2012-11-17
    edit
    第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


    今週頭にプレイを再開して早5日。
    毎日2話のペースで進め、ついにIFルートもクリア完了!


    59,60話の次元獣の大群を見た時は本体ごと投げそうになったものの、
    落ち着いて蜃気楼・∀・ウイングゼロ・ブラスタB・ストフリなどのMAP兵器ユニットで蹴散らし、
    再動・期待持ちのマルグリットさんにまぐろまんやブタモグラステーキをたらふく食わせ、
    バサラの縦横無尽なシャウトやAB効果で弾けるオズマ、ヒイロや刹那や竜馬やシモンやシンで確実に叩くなどの
    堅実かつミもフタもない力押し戦法でエンディングに到達。これを以て、再世篇・再プレイひとまず終了!






    ◆第59話 『 大逆のインサラウム 』
    ◆最終話 『 再世する次元 』


    原作ルートとは違い、ガイオウをインサラウムの聖王として迎え入れた"IF"のこちら。
    最後には乾坤一擲の好機を見出したユーサーがやはりガイオウに反逆、しかし力及ばず斃れる…という展開。
    大筋としては余り変わらないけど、分かりやすいユーサーの偽悪ぶりが既に見た他作品の展開と被っていて
    しつこさを醸し出してた原作方と違い、国を滅ぼした破界王と、力に溺れ敵に降った暗愚な皇子(のフリ)と、
    二人に役を分担してガイオウをクッションとしたこちらのIF展開の方が好みかも。

    まあ、愛と勇気に目覚めた清廉な聖人君子の皇子様とその臣下らの成長(?)を
    これ見よがしに描き続けてた以上、どちらのルートにせよ腹案バレバレで茶番のようなものではあるが、
    ネタ被りとわざとらしさがちょっと鼻につくほどだった原作ルートよりは、こっちの方が口当たりがマイルドだったと。

    ついでに名目上とはいえ、破界⇔再世と対照的な二つの名を、ともにガイオウが戴くというのも収まりがいい …かも?
    アサキムをZONEに封印するのにクロウ・ランド・セツコに皇子も加えての4人がかりなのも燃える状況だった。


    そして、これを見るための再プレイだったと言っても過言ではない、待ちに待ったエンディング。
    スットコことカルロスまでもが生きていたのは、もうスットコだから何でもありでいいや、という思いとともに割と嬉しい。
    享楽的な破滅願望持ちは嫌いじゃないし、自分の犯した行いの責任は取ろうという一本筋の通った部分も良し。

    ED途中に「女嫌いを返上する / しない」 → 「エスター/マルグリット/トライア」の誰を選ぶかという、
    クロウに関しての選択肢が挟まるのも面白い。セーブロードを繰り返して全部の場合を見たけれど、
    マルさんの場合はあまり口を濁さずに「ここに居ない相手の名前を言ってもな…」と裏返しながらある意味で明答、
    エスターの場合は「じゃあエスターで」と歯切れ悪く、チーフの場合は「無難な選択肢を選んだだけだろ」とバッサリ。
    選んだ場合の本気度はマルグリット>エスター>トライアという感じだろうか。ちなみに自分はチーフ派。
    まあ続編に影響与えることもないだろうし、軽いお遊びの選択という感じだろうか。



    そして自分的に一番の見所、シンの口から「向こうの世界でステラとレイが待ってる」と語られたこと。
    どうやらこのIFルートでは、前作Z1でもIFルートを通ったことになっているようで、自分にとっての最大の収穫。
    ぶっちゃけ噂に聞いたこの部分を確認するためだけの再プレイ・IFルートクリアでした。

    シナリオ的に正史上にあるZ-SPDではZは原作ルートクリア基準が採用されており、
    すなわちレイも死亡している、そしてステラも助けられなかった扱いになっていたことがとても残念だった。
    そこに見えた一縷の希望がこの部分。続編(第三次Z?)ではまたシン・ルナ・レイの3人で組まさせてください。
    そしてBGMに「君は僕に似ている」の復活を! 何ならDLCでもいいから!
    Zでこの曲を背景に描かれたシンとキラ、シンとレイの模様が好きだったので。






    というわけで、半年間積み残していた再世篇IFルートプレイ、これを以て終了。
    しかしまだ終わっていないPXZや最近サポート稼ぎが溜まる一方なDQなど、なかなか落ち着きそうにない。
    しかも2週間ちょいでWiiUも発売ときて、OG周辺が忙しすぎる!


    WやK、破界篇や再世篇などの携帯系はその辺りの公開が多かったし、
    次の版権スパロボも、年明けくらいには発表されるといいなあ。
    エーアイ系やさざなみ系のをそろそろやりたい。







    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1190-d6185657

    ブログパーツ