◆新着記事

  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  

  • 第2次スパロボZ 再世篇 : 久しぶりにプレイ中。IFルート50話~53話。

     2012-11-13
    edit
    第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇




    1周目クリアから実に半年。
    第二次OGを前にして、今更も今さらな感はあるけれど、再世篇を再プレイ中。
    当初は二周目を進めてIFルートにいくつもりだったものの、


      ・ふつうに2周目をやってるとOGまでに終わりそうにない
      ・2周目は表舞台よりで進んでいるのでアニューとかを助けられない
      ・1周目のIF分岐データ取ってあったからもうそこからでいいや


    などの理由により、未プレイだったIFルートは1周目50話の分岐時点よりプレイすることに決定。
    しかしこれはこれで難点があるもので、何分半年前のデータなので育成・強化・使用方針や状態の確認がまた一手間。
    とはいえ撃墜数の調整や全員エース化などを目指す必要もないので、楽といえば楽な部分があるのもたしか。
    てなわけで、手探り直しの再プレイ中。 内容も前ほどガッツリは書かずに軽めで。






    ◆第50話 『 超合集国決議第壱号 』
    ◆第51話 『 戦乱の王ピースクラフト 』
    ◆第52話 『 決死のエンドゲーム 』
    ◆第53話 『 最後の勝利者 』


    積み重ねたフラグにより、「ゼロを信じる」ことで進むこのルート。
    "IFルート"というのは通称だけど、ゼロ=ルルーシュと敵対しないことを大きな違いとしたこのルート、
    それに伴って、地球圏の明日を担う者を決めるこのパートでは、他の部分にも状況の変化多し。


    地球での抗争を一度落ち着かせ、そして地球人類の頭を押えるリボンズを倒し、
    その上で心置きなく皇帝ルルーシュとの決戦に臨んだのが原作ルート。
    それに対し、皇帝シャルル→シュナイゼル殿下とギアスの話にまず決着をつけ、
    なんと直接手を組んだミリアルドとトレーズとZEXISが激突してウイング関連と地球話のシメとするこちらのルート。
    救世主気取り・リボンズをブチのめすのはまた後になるようだ。

    余計な介入を排除した上で敗者を決めるもの(原作)と、地球の変革の芽を出した上でその上の障害を排除するもの(IF)と、
    全体的な流れとしてどちらでも筋は通っていて悪くはないのではなかろうか。



    しかしどうにも、シチュエーションの違いこそあれ、何となく原作ルートよりも話としての印象は弱い気がする。
    Zでも原作/IFそれぞれのルートでエピソードの再配置による印象の変化はあったけど、それが目立つような。

    原作ルートでの話のピースの噛み合い具合が良かっただけに、組み替えると粗さが目立つというところだろうか?
    ゼロやスザクたちを長い間自軍で使えるのは良いんだけども、「ナイトオブゼロ」の名もブシドーの思いつきで、
    ナイトオブワンを越えたゼロでありゼロの騎士であることに比べると、「空っぽの騎士(しかも思いつき)」ではちょっと薄いし。
    スザクが沙慈の背中を守るためにブシドーとの一騎討ちを買って出るとかの場面場面はかっこいいんだけどねぇ。


    ミリアルドとトレーズが直接的に再度手を組むという展開も一瞬驚きはしたものの、
    よく考えてみれば原作ルートではトレーズ亡き後にルルーシュとミリアルドが結託しているのだから、
    ゼロが離脱していない分をトレーズ自身で単純に埋めただけとも言えるし。


    驚いたと言えば、一番はユーフェミアまでもが生きていたことだけど、シャーリーに比べてこれも印象が薄い。
    …というか「なんでだよ」感が強いかも。ネゴシエイターと快男児の活躍で運命が変わったまさにその瞬間が描かれたシャーリーの時と違って、何で生きてたかがすっ飛ばされたからだろうか? 生きていたことは嬉しいかもしれないとはいえ、何でもかんでも生かしときゃいいってもんじゃないだろ感とのせめぎ合い。

    状況的には小競り合いのような時に出てきて、一大決戦の場でありながらそこに満ちる偽りを力にするでもなく、
    たった二人の心の仮面だったりと相対的に扱いが落ちた気がするアイムことハーマル氏については…まあ別にいいか。
    アイムさんだし。


    ともあれ、パーツを組み替えたことにより、
    不整合とはいかないまでも、流れが違うせいか何となくしっくりこない感はあった。
    世界情勢やシナリオの中核にまで影響しうるルルーシュのポジションが、良くも悪くも一兵士となったことによるものか。
    そこが抜けた分のインパクトを埋めるものがあんまりなかった的な?
    まあ一度クリアしたゲーム、それも半年も経ってのプレイ再開で勢いが途切れたせいというのが大きそうだが。


    漏れ伝え聞く感想によると、他にも原作ルートと状況が大きく異なるキャラがいるようだし、
    話の筋よりも、キャラクター個々の状況の違いを楽しむことがメインになりそうな感じ。


    できれば今週中には終わらせたい…かな?



    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1186-3082e996

    • まとめ【第2次スパロボZ 再世】【まっとめBLOG速報】
      1周目クリアから実に半年。第二次OGを前にして、今更も今さらな感はあるけれど、再世篇を再プレイ中。当初
    【2012/11/14 18:25】
    ブログパーツ