◆新着記事

  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  
  • 03/14 今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。  
  • 03/03 25周年もそろそろ終盤『生スパロボチャンネル』3月10日20時より深夜拡大SPで放送決定。  

  • プラチナゲームズ開発『ベヨネッタ2』、WiiU独占で任天堂より発売決定!

     2012-09-15
    edit
    プラチナゲームズ新作情報|PlatinumGames Inc. Official WebSite

    プラチナゲームズ新作情報|PlatinumGames Inc. Official WebSite
    Nintendo Direct Wii U Preview|Nintendo
    Wii U|任天堂公式




    9月13日のニンテンドーダイレクトWiiUプレビューにて公開された、ファン待望の続編ベヨネッタ2
    プラチナゲームズ開発のこの作品、なんと、次世代機WiiUの独占販売で任天堂より発売が発表された。
    先のE3で発表されたP-100改めThe Wonderful 101もあるが、これを誰が予想しただろう、サプライズとしては超一級。

    プロデューサーを稲葉敦志氏、ディレクターを前作のスタッフでもある橋本祐介氏が務め、
    無論のこと開発には神谷英樹氏も参加する今作。公式ブログにて経緯と意気込みのコメントを掲載中。


     前作から少し時間が開いてしまい、皆さんからも続編についての質問をたくさん頂いていましたが、
    実は水面下では着々と開発を進めておりました。今回、僕はディレクターという立場での参加ではありませんが、世界観やストーリー、キャラクターなど、深い部分で橋本と連携して、立ち上げから制作に関わっていますのでご安心ください。
     もちろん僕だけでなく、前作の制作に関わったスタッフも現場を支えてくれていて、橋本の指揮の下、次々に更新されていくゲーム画面を、毎日楽しみながらチェックしています。
    新しいハードで、クライマックス感を増したベヨネッタのアクションを、どうぞ皆さんも楽しみにお待ち下さい。

    『ベヨネッタ』ディレクター/『ベヨネッタ 2』監修
    神谷 英樹
    『ベヨネッタ 2』の開発を発表しました | プラチナゲームズ|公式ブログ



    ゲーム好きとしては"楽しみだなあ""面白そうだなぁ"というだけで期待しながら終わる話だが、
    ちょっと踏み込んで注目なのが、単に「WiiUという機種で発売する」というだけでなく、「任天堂から発売」するという点。
    どこが違うのかと思う人もいるかもしれないが、これはとても大きなことで大きな違い。

    プラチナゲームズが制作し、
    「セガの商品としてMSのXB360/ソニーのPS3で発売」したのが前作で、
    「任天堂が、自社の商品として自社の機種で発売」するのが今作。




    あれ? じゃあ前作を発売したセガは何してんの?というのも気になるだろう。
    ちなみにセガ、CS(家庭用ゲーム)事業の業績は芳しくなく、昨年度は大きな赤字。

     ・パッケージソフトの新規IPは立ち上げを停止
     ・既存のIPも、売れているものに集中する


    そこで今後の方針として株主総会で説明された内容としてこういうことがあり、

     『ベヨネッタ2』の開発がセガの組織再編に伴い中止-海外報道 - Game*Spark (2012年05月01日)
      http://gs.inside-games.jp/news/332/33211.html

    さらにこんなウワサもあったところで今回の発表。
    他に最近の海外記事でも「セガはベヨネッタ2の開発を停止していた」という内容のものが出たりと、
     ・セガから発売予定でプラチナが制作 → セガ側から開発停止 → 任天堂に発売元を替えて開発
    という流れなのはほぼ間違いなさそう。 つまり、この形でなければこの世に出ることが無かった可能性がきわめて高い。
    無事に発売まで漕ぎ着けそう、しかも新ハードの大きな目玉というポジションにまでなり得るとは僥倖なことで。

    完全新作P-100ことワンダフル101も神谷氏によるプラチナ開発で任天堂発売なことといい、相当な見込みぶりっぽい。


    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1115-d4185c3d

    ブログパーツ