◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • スポンサーサイト

     --------
    edit
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    第2次スパロボOG : 新システム・アビリティスロット公開。

     2012-09-13
    edit
    第2次スーパーロボット大戦OG 公式サイトへ
    機種 PS3
    価格通常版 8,379円
    BOX版 41,790円
    発売日 2012年11月29日
    公式サイト ( →オープン中 )




    11月29日の発売まで地味に地道に近づきつつ、
    東京ゲームショウでのステージイベントも予定されている第二次OG。
    果たして本当に今度こそ発売日に出るのか!? これからの広報プランにも期待。


    そして今週は、またもシステム関連の情報が公開。
    ゲシュペンストMk2改を例にしたおなじみの機体換装システムと、これまたなじみのSRポイント
    そして、本作で新たに搭載されることとなる新システム・アビリティスロットが今回の内容。


    『第2次スーパーロボット大戦OG』アビリティスロットシステム判明! - ファミ通.com


    以下、おなじみの2つは置いといて、主にアビリティスロットシステムについて注目。
    カイ少佐のゲシュペンストもタイプN・G・Cに換装できると分かったのは収穫?


    また、以前の戦闘システム系記事はこのあたりから。
    ( → 第2次スパロボOG : ツインバトルや武器換装など、システム面の情報公開! )
    ( → 第2次スパロボOG : 公式サイト更新。新紹介ユニットやシステム関連の情報掲載! )
    ( → 第2次スパロボOG : 発売日、11月29日に再決定!新戦闘システム・マキシマムブレイクなども公開。 )







    ● アビリティスロットシステム

    様々な効果をもつアビリティを、機体やパイロットが持つスロットにセットすることで発動するシステム。
    スロットは各機体・パイロットに3つずつあり、アビリティは同じものを3つ装備することで効果が発揮される。
    例えば、「格闘+」のアビリティがパイロットに一つ、機体に二つで合計三つセットされていれば「格闘+」効果が発動。
    無論、機体に三つ、もしくはパイロットに3つという形でまとめて装備させてもOK。

    またツインを組んでいるユニット間でも有効で、
    例えばユニットAが命中+を二つ、ユニットBが一つ持っていた場合、
    ツインユニットとして編成すると合計3つとして数えられ、命中+のアビリティ効果が発揮される。
    つまりツインユニットならば最大で4つのアビリティ効果を得ることができる模様。

    他、
     ・機体とパイロットに最初から装備されているデフォルトセットはある。
     ・格闘、射撃、反撃、ビーム、実弾、援攻、念動、CRT、命中、装甲などの各種効果あり。

    といった辺り。




    一見、面倒臭そうとっつき難そうよくわからない感じのこのシステム。
    要はOGSにあった機体の属性システムを細分化、発展させたと考えて良さそう。

    ロボットそれぞれに格闘や命中、汎用などの属性が設定され、
    ツインユニットを組んだ際に属性に応じたボーナスが発揮されるというのがOGSや外伝での機体属性の仕組みだったが、
    今回のアビリティは、それにカスタマイズ性を加えたものと思えばよいだろう。
    機体だけの要素だった前作と違い、パイロットにも関わってくるというのもポイントか。

     ・付け替えによるカスタマイズ
     ・最大で単体2つ、ツインで4つ同時に発動可能
     ・同属性ボーナスはなく、同じ効果は二つ以上重複しない

    違いとしてはこんな感じ。



    と、理解すれば面白そうには思えてくるのだけど、やはり第一印象としては面倒臭そう

    1組-2機-12スロットの単位で見るにしても、ユニットAとユニットBにアビリティを散らして装備させ、
    その上で組んで初めて効果を発揮…という形で使う必要性が感じられないし、仮にそうした場合は
    固定ツインユニットでの運用が主眼となって、OGSでは魅力だったフレキシブルな編成換えは死んでしまいそう。
    なので単に各ツインまたは各パイロット・各ロボット単位でアビリティを固めるのが有効となるだろうし、
    効果を発揮することに困ることはなさそうだが、これでどういう楽しみをもたらしたいのか、
    正直なところ、この仕組みがどういった方向性を狙っているのかがよくわからない。


    なのでぶっちゃけ、「これもうスパロボLの機体ボーナス制でよくね?」と思ったりする。
    09年3月発売のKから10年11月の発売にかけて開発されたLのシステムからフィードバックの様子がないし、
    やっぱり募る「08年当時の最新システム基準で今まで来てしまい、もはや発売前から古くなっている」感。
    とはいえKも、07年発売のOGSからツインシステムの内容をまともにパートナー制の参考にできていないのだから、どっちもどっちだけど。


    システムの好みの話になってしまうが、Lの「機体ボーナス」システムは良いと思っている。
    あれなら効果を明示、かつ単体・ツイン両方に効果、そして通常のステータスでは表しきれない個性も付加可能だし。
    今回については諦めるので、次に期待といったところか。OG的な意味でも、DS系スパロボ的な意味でも。






    関連記事


    タグ : スパロボ情報

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1109-efb42655

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。