◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • 【3DS】 モンスターハンター4 : 公式サイトリニューアル。新武器"操虫棍"ほか、新アクションが大公開!

     2012-09-08
    edit
    モンスターハンター4 |CAPCOM公式サイト
    ◇モンスターハンター4 |CAPCOM公式サイト




    2013年春、ニンテンドー3DSで発売予定のモンスターハンター4。
    東京ゲームショウを前に、公式サイトが大幅リニューアルして本格始動。
    新武器だけでなく、今ある武器に追加される新アクションも大公開!




    ◆新たな武器種"操虫棍"

    "猟虫"と呼ばれる虫を操り、モンスターから吸収したエキスを使って自己を強化できる武器。
    機動力に優れ、動きも軽快、薙ぎ払いや切り上げなど連続した攻撃を得意とするようだ。


    また、特筆すべきは、今作最大の特徴である立体的なアクションについて。
    この武器"操虫棍"は、周囲の段差や地形によらずとも、単独で跳躍やジャンプ攻撃を行えるという利点があるとのこと。


    名前だけ聞くと何のこっちゃな感じだけど、公式サイトの説明やビジュアルつきで見ると、思いのほかかっこいい。
    既存の武器と比較するなら、狩猟笛辺りがいちばん参考になるだろうか?

    比べると自己強化特化・高い機動力・棍という割に斬属性っぽい?などといった差異があり、
    単独でもジャンプアクションを行えるなど、なんとも使って面白そうな感じ。


    操虫棍|CAPCOM:モンスターハンター4 |武器紹介


    ◆新アクション

    また、既存の武器についても新アクション目白押し。

    大剣ジャンプ斬り・強なぎはらい
    太刀ジャンプ鬼刃斬り
    片手剣ジャンプ斬り上げ・突進斬り・溜め斬り
    双剣空中回転乱舞
    ハンマージャンプ溜め攻撃
    狩猟笛連音攻撃・ジャンプ叩きつけ
    ランスジャンプ攻撃・突進ジャンプ・振り向き攻撃
    ガンランスジャンプ叩きつけ・砲撃
    ライトボウガン
    ヘビィボウガン
    ジャンプリロード
    剛射
    スラッシュアックスジャンプ変形斬り


    などなど、一覧するとこのような感じ。
    今作最大の要素である立体地形アクションに絡んだ要素が多めだが、
    片手剣の突進や溜め斬り、ランスの振り向き攻撃、笛の連音攻撃や弓の剛射など、それ以外の新要素も多数ある模様。
    なかでも突進斬りで機動力の増加、溜め斬りで一撃の重さが増加しそうな片手剣が自分的に注目なところ。



    ◆遠距離武器の新操作


    ボウガン 照準 …
    従来型:Rボタンを押した時にプレイヤーの向いてる方に照準
    新操作:Rボタンを押した時にカメラの向いている方向に照準
    弓 新操作…
    通常撃ち: Rボタン(押し続けて溜め)
    武器だし溜め:R+X+Aボタン
    照準モード:Xボタンで切り替え、十字ボタンやタッチパネルで操作可能

    といったように、新たな照準モードへの変更と、攻撃ボタンをRに変えることができる新操作モードが実装。
    特に弓の方は嬉しい人も多そう?






    などなど、ゲームの中軸を為すアクション要素や、新モンスターについてが大きく公開された今週。
    モンスターについては別に回すとして、今回はとりあえずアクションについてを引用。


    やはり具体的にどういった動作ができるのかが想像できるようになってくると期待も段違い。
    とにもかくにも段差などを使った立体的なアクションがキモになりそう。
    その辺りは東京ゲームショウでの試遊版プレイアブル出展を楽しみにしたい。




    関連記事



    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1101-aeb76a06

    ブログパーツ