◆新着記事

  • 09/12 『Nintendo Direct 2017.9.14』 朝7時より放送決定。約50分の大ボリューム。  
  • 09/10 Switch版『バイオハザード リベレーションズ 1&2』 11月30日発売決定。スイッチ版独自操作も。  
  • 09/02 Nintendo Switch Proコントローラー 、通称プロコンを買ってきました。  
  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  

  • 第2次スパロボOG : PV第三弾、配信開始。 今回のカットインはすごい!

     2012-08-24
    edit
    第2次スーパーロボット大戦OG 公式サイトへ
    機種 PS3
    価格通常版 8,379円
    BOX版 41,790円
    発売日 2012年11月29日
    公式サイト ( →オープン中 )





    8月24日夕方18時より、第二次スパロボOG最新映像・PV第三弾が先行配信開始!
    「あれ?第二弾は?」と思うかもしれないが、去年のTGSで公開したバージョンのPVが第二弾という扱いなのだろう。
    公開場所は第2次OG公式ページではなく、総合トップから行けるプレミアメンバーズクラブでの配信。


    スーパーロボット大戦 プレミアムメンバーズクラブ | スーパーロボット大戦 公式サイト[SRW]


    詳しい内容ピックアップ・感想はまた後日として、今日はとりあえずざっとした感想を。


    内容を羅列すると、

    ・OPムービーダイジェスト
    ・イング&アッシュ、グラビトンライフル
    ・イルム&グルンガスト改、アルティメットビーム
    ・クスハ&龍人機、如意金箍棒
    ・アクセル&ソウルゲイン、玄武金剛弾
    ・レーツェル&アウセンザイター、ランツェ・カノーネ
    ・シャイン&フェアリオン、ソニック・ドライバー
    ・アイビス&ツグミ&アルテリオン、技名不詳
    ・ジョシュア&エール・シュヴァリアー、バーストレイヴ
    ・ヒューゴ&アクア&サーベラス、ターミナスキャノン
    ・ファルケンのライフルBやラインのハウリング、カイ少佐ゲシュ2改Gのブラスターキャノン、
     ズィーガーリオンのブレード、コンパチのカイザーバースト、アリエイルのカットイン
     エビルのバスタックスガン、メディウス・ロクスの第二形態、イグニス、そしてシメはR-1
    などなどなどなど。
    大半は既に紹介済みの機体や攻撃で、情報量や感覚としては「三回目の第一弾PV」…という感じ。
    空いた間を取り返すほどでもなく、PV構成としても、1年ぶりにしては特に工夫もなく流すだけで、
    取り立てて喚起するものはなく極めて普通だった。再発表の5月ごろに公開するものだったならともかく、それからさらに間を空けた今では少々物足りない。もうちょっと「あらためて紹介し、周知していく」構えが見えるものだったらなぁと思う。




    しかし、そういったことを抜きに映像自体について言えば、期待と想像以上の素晴らしいものだった。
    特に、OGSでは単純・単調・画一的で不満だったカットイン演出に、バリエーションと個性が増しているのは嬉しい部分。
    今回もある程度の定型パターンはあるようだけど、前回OGSから望んでいたところが劇的に改善されてる模様。

    なかでも特に印象に残ったのが、アルテリオンとサーベラス、両者のカットイン。
    俗に「金魚鉢」と揶揄されるスーツを今回はツグミまで着込んでいるけど、それが全くマイナス印象にならない出来。
    コクピットの内部演出、カットインの画面割、タイミングなど全てが凝っていて「このレベルで雰囲気を表現できるなら万々歳」と言ったくらい。金魚鉢スーツが導入されたOGSの頃は「ただ着ているだけ」で雰囲気も意味も何も無かったものが、ここまで昇華されているならもはや文句なし。

    サーベラスも同様、カットイン割と演出がすばらしく、地味になりがちな長距離砲撃をここまで熱く見せられるとは。
    指示を出すヒューゴ、応じてコンソールを操作するアクア。二人の顔をシグナルレッドの光が照らし、砲撃に向けて
    展開されていく機体機構。そしてシメの複座カットインとともに放たれる光の奔流と、ここまで表現されるとは思ってもみなかった。

    カットインも満足に入れられないほどメモリが逼迫していたPS2の時とは違い、その辺りは解消、
    ヘタにユニットグラフィックを動かしまくるより、カットインをどんどん活用してくれるようになり、
    さらに効果的に使える方向に進んでる気がするのはとても自分好みなのでどんどん行ってほしい。
    乱舞系攻撃についてはまだ何とも言い切りづらいが、バーストレイヴを見ても期待はしたい。



    あとはやはり残る心配、「映像・内容的には何だかんだと一定ラインの安心は持てる」一方、
    最近とみに気になるのが前述のような広報・宣伝体制。映像と文字をとりあえず並べて出すだけが
    プロモーションだと思ってるならそろそろいい加減に脱却して欲しい。同じバンプレレーベルのPXZやロスヒロに比べても、
    あちらも特別なことをしているわけではないが精力的に更新・紹介・解説してる反面、こちらは鈍過ぎると言っていい。
    PVとしての構成、広報展開全体、どちらも何年前の感覚で止まっているのだろう。


    が、プロモーション企画で、先々キャンペーンをやる予定、その詳細は東京ゲームショウで発表とのことなので、
    とりあえずはそこを見守りたい。しかしその一環がよくわからない「コスプレ水着投票」なので知れたものかもしれないが、
    冷えたファンの心を燃やし、離れたファンを呼び戻し、新たなファンも取り入れられる何かであることを切に祈る。




    関連記事


    タグ : スパロボ情報

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1075-90dbe226

    ブログパーツ