◆新着記事

  • 07/21 とうとうようやく我が家に Nintendo Switch オン!  
  • 07/06 日本時間7月6日23時より 『スプラトゥーン2 Direct』 放送決定!  
  • 06/23 3DS『アライアンス・アライブ』を買ってきたついでにブログを更新する  
  • 04/20 MHXX : プレイしつつのつぶやきあれこれ。  
  • 04/11 Switchタイトル2本を中心とした『Nintendo Direct 2017.4.13』朝7時より放送決定。  
  • 03/28 『けものフレンズ』最終話直前。 思いつく“謎”について並べてみた。  
  • 03/22 『けものフレンズ』 3話の小さな冒険が描きだしたもの。  
  • 03/21 シリーズ初期3作を1本に収録。『聖剣伝説 コレクション』6月1日にSwitchで発売決定!  
  • 03/21 3DSで完全リメイク『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』発売決定!  
  • 03/21 モンスターハンター ダブルクロス : ハンター稼業、再開しました  

  • 任天堂、3DSソフトのダウンロード販売についての詳細を発表。DL版購入キャンペーンも実施。

     2012-07-22
    edit


    DLstart.jpg
    ◇ニンテンドー3DSカードソフト ダウンロード版について|Nintendo
    ◇ニンテンドー3DS「ダウンロードカード」取り扱い店舗一覧



    以前から告知されていた、3DSパッケージソフトのダウンロード販売。
    28日からの開始を前に、その詳細についてと、DL版開始のキャンペーンについてが公式サイトで掲載。
    「店頭でのDL権購入」という、家庭用ゲームとしては面白い試みもあるので、その流れについても。


    ◆開始時期

    7月28日発売の『Newスーパーマリオブラザーズ2』・『(前略)鬼トレーニング』から開始。
    以後、任天堂の3DSソフトについては、原則としてパケ版・DL版、両方を販売する。

    つまり後に出る「新絵心教室」や新作「とびだせ どうぶつの森」もDL販売あり。うれしい。
    ほか、過去の任天堂ソフトのDL対応や、他社製ソフトのDL参入については現状では不明。
    シアトリズムとかいきもの図鑑とかマリオカートもDL版欲しいね。





    ◆DL購入方法

    最終的にはeSHOPでダウンロードすることは同じだが、購入手段は3パターンある。


     1. eSHOP上でニンテンドーポイントを使って購入。そのままDL。  ( 値引きなし )
     2. 一般の店頭で、「ダウンロードカード」を購入、記載のコードをeSHOPに入力。  ( 値引きあり )
     3. オンラインショップで「ダウンロード番号」を購入。                   ( 値引きあり )


    注目は、2,3のように店頭や通販でもDL権を購入できるというところ。
    利点としては「店ごとの値引きが利く」「ポイント購入の手間や残高を気にしなくていい」といった辺り。
    特に、パケ版と同じように店ごとに10%オフだとか15%だとかの値引きがあるというのが嬉しい。

    DLカード店頭販売に対応する小売については上記の一覧を参照。
    コンビニではセブンイレブン、電器屋ではビックやヤマダ、デオデオ、ジョーシン、他ゲオやドンキホーテなど。
    店によっては28日より前から販売開始するところもあり。

    オンラインショップでの対応店は後日発表とのこと。





    ◆DL版スタートキャンペーン

    クラブニンテンドー 夏のダウンロード版スタートキャンペーン
    ◇クラブニンテンドー 夏のダウンロード版スタートキャンペーン


    そしてDL版のスタートダッシュ&促進キャンペーンも開催。
    非売品のDLソフト「ドンキーコング オリジナル版」やクラニンポイント2倍、さらにボーナスポイント付与など。

    「鬼トレはDL版買うけどマリオはパケでいいかな」という人へのちょっとしたゆさぶり的な。
    特に自分的にはポイント2倍が大きい。クラニンサントラが欲しいけど微妙にポイントが足りないので…






    ダウンロード販売のメリットと、小売店の利益や効果、両方を兼ね備えようとしているこのこころみ。
    ネットが普及した今となっても店頭での販促効果というのは重要重大なもので、
    小規模なゲームやマイナー(失礼)なソフトについてはそういう壁も大きい。


    「これはDL版でやりたい」といったソフト個々の利点だけでなく、
    パッケージ発注が絞られがちなソフトに関しても、在庫リスクのないこの施策により目にする機会が増え、
    活性化に繋がればいいなあ……という淡い期待。





    関連記事


    タグ : ゲーム情報 3DS

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://nokonokoya.blog109.fc2.com/tb.php/1012-3ffe13e6

    ブログパーツ