スパロボOGムーンデュエラーズ、購入&プレイ開始ですことよ。

 2016-06-30
edit
P6305401.jpg



いつの間にやら発売日、というわけでやります。 うしろの立てかけブツは、微妙に浮いた金で買ってきたオマケ。
どうせ映像表現レベルは変わらないのだし、購入はPS3版。来年にはスパロボVもあるのでそのうちPS4も買わねばなるまいなあ。

プレイはまずはビギナーズモードでやろうと思います。
「条件達成の評価ポイント獲得と、敵ユニット強度調整は、まったく別々のものとして楽しみたい」という派なので、
SRポイント一定割合獲得で固くなる敵を改造も整わないうちから相手にするのは煩わしい、けどポイント獲得の楽しみはある程度欲しい、
よって一周目はポイント獲得による難易度変動のないビギナーズから。





◆ 買った直後のあれこれ

・こっちの系列まで、とうとう説明書がペラ紙一枚になってしまった。
・ライブラリー項目に、「終了メッセージ再生」あり。一度視聴した奴をいつでも見直せる。
・恒例のタイトル画面放置後戦闘デモは3巡まであり。




◆ ゲーム内容あれこれ

・「統率」が「MB発動」に変更され養成可能になった以外、養成技能ラインナップは前作とほぼ同様。
・(前日の生放送で判明したことだけど)今回も地形適応計算は、S+A=Sとして扱われる。
・またビルトビルガーやガーリオン空B。ええ加減にせーよ。

・今回も、照準値無改造では命中率がかなり厳しめ。ストレスなくプレイしたいなら優先改造したい。
・プロローグ終了時点(1話開始前)にルート選択。ビギナーモードでは選択無しで地上ルートから開始。

・地上ルートはグランティード、ソウルセイバー、コンパチブルカイザーほか、新教導隊(カイ、アラド、ゼオラ、ラトゥーニ、ラミア、ヒューゴ等)

・宇宙ルートはベルゼルートをはじめ、
PTXチーム(グルンガスト改、エクスバインボクサー、ガンナー、エグゼクスバイン)、SRXチーム(R-1~3、R-GUN、ART-1)、ハガネ

…というような配分になっているほか、
それ以外に、ジョシュアは地上に、ATXチームやヒリュウのオクト小隊、チームTDなどは宇宙の方に早く合流する。
どちらのルートに好みのキャラが早く出てくるかで決めてもいいかもしれない。が、地上の方がステージ条件などからして幾分簡単かも。
どちらにせよ第10話あたりで合流するので、そんなに深く考えなくてもOK。



タグ :

スパロボOG ムーン・デュエラーズ : 発売直前、PS番組生放送ゲスト出演でいろいろ披露。

 2016-06-29
edit
http://srwog-md.suparobo.jp/
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
http://srwog-md.suparobo.jp/



発売前日となる本日6月29日。
プレイステーション公式生放送番組に寺田Pがゲストで登場するとのことで見てみたけれど、
これがかなり後半のステージの一部実演プレイを披露し、色々なモノを見せてくれたのでこれはびっくりという次第。
どうした寺田P。熱でもあるのか。


6月29日(水)20:00から生放送! 「プレイステーション」公式生放送 プレキャス℠ | PlayStation®.Blog
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/3235/20160628-plcas.html



というわけで、見せてくれたモロモロについて、適当にまとめてみる。
グランティードなどの後継機が登場している時点のプレイ画像なのでネタバレを気にするヒトは注意のこと。
にしても、見せられる内容があるなら通常の情報公開ラインにちゃんと乗せてくれればいいのに。




>> [記事の全文を表示]

タグ : スパロボ情報

OGムーンデュエラーズ発売直前、予想とか、期待することしないこととか。

 2016-06-28
edit
http://srwog-md.suparobo.jp/
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
http://srwog-md.suparobo.jp/



いつの間にやら実感も薄いままに発売直前まで時が流れてしまったOGMD。
ひかえめな情報公開量やペースながらも、ここ1週間くらいは公式(主にツイッターの)広報による継続的なチラ見せにより、
そこそこに雰囲気は高まってきた今日この頃、せっかくなので個人的な期待材料とかそうでないのとこを記し残してみる。




>> [記事の全文を表示]

タグ :

スパロボOG ムーン・デュエラーズ : 宇宙ルート第1話『ホワイト・リンクス』プレイムービーが公開。

 2016-06-25
edit
http://srwog-md.suparobo.jp/
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
http://srwog-md.suparobo.jp/




発売直前週となる今週、公式より、
J主人公ふたりのうちカルヴィナがメインとなる宇宙ルートの第1話『ホワイト・リンクス』のプレイ動画が公開された。
第二次OGの時は緑川氏によるマサキ編1話プレイ動画を配信したりもしていたので、こういうのは歓迎。














◆見ていて気づいたことや思った点など

・Nモードの命中補正+10、「集中」による+30%、おそらく適応Aの上で、敵の量産型Mk2に対する命中率が99%や85%など。
素の命中率が70%くらいになるならば、やはり今回もストレスなくプレイするためには照準値の改造は必須か。
まあ第三次Zや第二次OGでもそんな感じだったので、最近では毎度のことみたいなものだが。


・カルヴィナは初期精神が「集中」「狙撃」、テニアは「加速」「ド根性」。


・1話から、味方増援としてイルム率いるPTXチームが登場。
前作EDで結成予定だったが今回はその通りに決定され、ネーミングはSRXチームの前身だったPTXチームをそのまま復活させたようだ。


・戦闘後のリザルトに「AP」の表記あり。
ダークプリズンで導入された、APを使用してのアビリティ購入は健在か。




168.png

・エクスバインボクサーの武装。ALL武器はないものの使い難くはなさそう。
フォトンライフルSがあくまで換装武器だったアッシュ/エグゼクスバインと異なり当ボクサーは固定武装扱いのようなので、
武器の一括改造で攻撃力が上昇するであろう射程1~5のP武器というのもなかなかいいのではなかろうか。

・ガンナーの武装も知りたかった。



170.png

・なんかメガビームライフルが妙にかっこよく見えた。
・量産型ヒュッケバインMk2の基本グラフィックも描き直されて頭身上がってますね。




167.png



いい顔だ。
タグ : スパロボ情報

25周年記念作品 『スーパーロボット大戦V』 PS4/Vitaで2017年発売決定!

 2016-06-05
edit


PS4/PS Vita「スーパーロボット大戦V」ティザーPV - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=18otfdWJlLI



OGMDとクロスオメガコーナーも終わり、25周年記念感謝イベント第一部もそろそろ終わりかと思われた頃、
これこそ真にサプライズとして、25周年記念作品第2弾として新たな版権スパロボ作品が公開された。



その名もスーパーロボット大戦V 』!!



発売予定は来年2017年で、機種はPS4とPSVitaのマルチ展開となっている。今回とうとうPS3はなし。
発表と同時にティザーPVも公開されており、新規参戦7作品を含む26の登場作品も明らかになっている。







596.png


◆ 参戦作品  (☆=新規作品)


■ 無敵超人ザンボット3
■ 無敵鋼人ダイターン3
■ 機動戦士Zガンダム
■ 機動戦士ガンダムZZ
■ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
☆ 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
■ 機動戦士クロスボーン・ガンダム
☆ 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
☆ 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
■ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
■ 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
■ 機動戦士ガンダムUC
☆ 勇者特急マイトガイン
■ 劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
■ 真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
■ 真マジンガー 衝撃!Z編
☆真マジンガーZERO vs暗黒大将軍
■ フルメタル・パニック!
■ フルメタル・パニック?ふもっふ
■ フルメタル・パニック!The Second Raid
■ フルメタル・パニック!(原作小説版)
■ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
■ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
■ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
☆ 宇宙戦艦ヤマト2199
☆ クロスアンジュ 天使と竜の輪舞







◆ 機体のみの参戦について。


598.png


PV放送ののち、解説トークコーナーについて言及された「機体のみの参戦」について。
上記フリップの通り、●印のついている作品は、「機体のみの参戦」となるとのこと。
該当作品は「閃光のハサウェイ」「鋼鉄の7人」「真マジンガーZEROvs暗黒大将軍」「新ヱヴァQ」など。


しかし近年は「機体のみの参戦」とはいってもシナリオに絡まないわけではなかったり(BXのズワウス等)、
類似例としては第三次Z天獄篇のヱヴァQも機体とパイロットのみ登場ではあるがキャラクターとしては当然周囲と関係したりなど、
「原作にある話の要素を展開するわけではない」くらいに意味するところが拡大していったりしてるのが実際のところ。
なので、「これら機体参戦作品の要素を加えた他メイン作品がどのように化学反応を起こしていくか」が楽しみとなるところである。
(厳密に「"機体だけ"参戦」だったら閃ハサ版ハサウェイとかまで登場できないことになってしまうがんなこたーないし)


クロスボーンは「鋼鉄の7人」がユニット参戦ならやはり話の中心はクラックス・ドゥガチの木星帝国と外伝になるのかなど気になりつつ、
一方でやはり注目なのこれスパロボに出せるの?との声がよく聞かれた漫画「真マジンガーZEROvs暗黒大将軍」について。
アニメ「衝撃!Z編」の方はスパロボへの参戦もそこそこに数が重なり、第三次Zでは蘇ったミケーネの神々・ハーデスとの決戦、
BXではカイザーSKLとクロスオーバーしながらの暗黒大将軍との戦いなど、独自の展開を見せてきたスパロボでの真マジンガー。
今回はZEROの要素を取り入れることで、どのように展開が広がるか、期待したいところのひとつ。

つまりグレートや鉄也さんの登場は果たしてあり得るかがとても気になるということです。





◆ その他

・タイトルについて。
先に参戦作品が決まった後に、「スーパーロボット大戦V」というタイトルはつい最近に決定したとのこと。
つまり「VってついてるのにあのVとかこのVとかそのVとか出ないのかよ!」とはあまり言ってあげるなということのようだ。
嗚呼Vガンダム。

・Vは「Voyage」の意味。


・今回は続編の予定のない、単独で完結する単発作品とのこと。





タグ : スパロボ情報

スパロボOG ムーン・デュエラーズ : 感謝祭の本日、PV最新版公開。 ムゲフロからハーケンの登場も決定!

 2016-06-05
edit
http://srwog-md.suparobo.jp/
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
http://srwog-md.suparobo.jp/










PS4/PS3「スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ」第2弾PV - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=RVK-7BOwaio




今月末に発売の迫るOGMD。
25周年記念イベントの会場&配信にて、ついにPV最新版が公開!
詳しい内容については見ていただくものとして、サプライズとともに発売までの時間の楽しみを盛り上げてくれるものとなっていた。









◆ ハーケン&ファントム、登場決定!


91.png 93.png


サプライズ枠として、そして事実上の新規参戦枠として、大きな内容だったのはやはりこれ。
ハーケン・ブロウニングと、ファントムことゲシュペンスト・ハーケンがムゲフロより登場決定!

動画情報&イベント会場トークによれば、
ハーケンはエンドレス・フロンティアから来訪し、今作のファントムは新西暦のOG世界において新規建造されたものとのこと。
そしてサブパイロットとしてアシェンも登場する模様。
また、サブはアシェンで固定ながら、メインパイロットは乗り換え可能で、他のキャラクターも搭乗できるとのこと。





99.png 102.png
104.png 107.png
111.png 113.png


公開されたアニメーション内では、PTサイズにスケールアップさせた"ナイトファウル"を振るっている。
それがまたテキサス・ホールデムをしているのだからムゲフロファンにとっては感涙もの。

にしても、元々EFのファントムはPTの設計データを元に小型レプリカとして作成されたのだから、
PTサイズの機体が作り直されるのは分かるけども、ハーケン自身の武器であるナイトファウルまでどのようにPT用として作られるのだろうか。
となると、ハーケンのもう一つの愛用武器である「ロングトゥーム・スペシャル」はあるのかどうかも気になるところ。


ほか自分の楽しみなこととしては、ファントムの持つ武装の豊富さがある。
グラン・スラッシュリッパーにグラン・プラズマカッターなどの巨大で豪快な武器や、プラズマサイズのような独特なもの、
プラズマ・ステークも装備し、今回はナイトファイルまで持っているなどすばらしく多種多様。
またニュートロンブラスター(胸ビーム)やゲシュペンストキックなども使用することができ、
事実上の「ゲシュペンスト・タイプS」の発展機のような仕様となっているので、
それがOGMDのゲーム内ではどれがどれほど使えるのか実に楽しみ。


94-5.png 95.png
97.png 98.png


またついでに思うところとしては、
「ファントムがアリなら、Mk3ナハトやMk4アーベントも逆輸入アリなのでは?」という点。
今回はムリだろーとしても、心の中のどこかで望んでいたかもしれない「アルトとヴァイスのOGでの新たな展開」にいずれ繋がればいい…かな?




◆ サイバスター&マサキについて。

公式サイトなどには姿が見えなかったものの、海外(台湾)でのイベント発言などでは言及されていたマサキ&サイバスターの登場について。
このたび国内向けでもはっきり登場が明言され、「あれ、今回マサキとサイバスターは?」と思っていた人も一安心。

となると気になるのが、シリーズ最終作・魔装機神Fのラストにおける展開を経たうえで、今回はどう登場するのかという点について。
その点も寺田Pと緑川氏のトークの中で触れられ、寺「そこは話の上でわかる」緑「そこがキモだよね」とのこと。


また第二次OG&DP→魔装2・3・F→OGMDという時系列もはっきりしたと言えるので、
(まあ第二次OGの後にマサキがラ・ギアスに帰ってからは地上に出てないのでMDで登場するならFの後という構成には元々なっているけども)
魔装2以降の武装や技(擲斬撃・偃月や虚空斬波)、ポゼッション形態などがOGMDにおいても使えるのかも気になるところ。




◆ その他。

その他、今回分かった内容やPVに含まれていた情報としては


206.png 213.png


・Jの後期機体(グランティード・ドラコデウス、ベルゼルート・ブリガンディ)がPV登場
・エグゼクスバインが乗り換え可能に (PVではユウが搭乗)
・雷鳳に新技が追加(レイジング)
・フォルテギガス、ジョッシュとラキで運用可能
・グルンガスト弐式、登場判明
・テツヤ氏、ハガネ艦長から再度副長になった模様


といったあたり。
実際のところ、ハーケン公開の驚き以外は、新しい情報の量としてはそんなに多くはないか。
とはいえ大雷鳳の控える雷鳳に新技追加というのも新しい展開としてはおおっと思えるものがあり、
また前作では専用機だったエグゼクスバインが今回は乗り換え可能というのもゲームの楽しみ方に関わるひとつのポイント。
弐式は新情報というには厳しいが、第二次OGには登場しなかったのが残念極まりなかったので、個人的にはとても嬉しい。


未だ「JとGC関連、それにOG世界独自の要素を含むにせよ、それだけではまだ話の密度に不安がないか」という懸念はあるもの、
とりあえず月末の発売に向けての期待はそれなりに膨らんだのはとても喜ばしい限り。
あとは実際にプレイして楽しめることを祈りつつじっと待ちたい。




    
タグ : スパロボ情報
| ブログTOPへ戻る |

ブログパーツ