スポンサーサイト

 --------
edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スパロボBX プレイ後感想 : 有料追加コンテンツについて。

 2015-09-30
edit
スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード) スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

スーパーロボット大戦BX|公式サイト





スパロボでもすっかりおなじみになった有料DLCによる追加コンテンツ。
UXや魔装機神3、あたりに始まり、そろそろ板についてきた感じはある。
ところでNEO-OE式の新作はまだですかね。






▼ DLC全体的な変更点・改善点

各DLCのクリア報酬は、本編シナリオ1周につき各1回、
そして本編シナリオクリア&クリアデータで周回するごとに再度獲得可能になる、というのは従来通り。

前作UXでは本編周回ごとに一度クリアしたDLCマップでも再度プレイしなければ報酬は貰えなかったが、
今作BXでは2周目以降は「クリア報酬を貰う」ボタンのワンタッチで報酬がもらえるようになっている。
Z3などと同じ仕様だが、またクリアし直すのもかなり骨が折れるので、まあ良いんじゃないでしょうか。





▼ セットまとめ買いについて

ほか今作では、(Z3等では可能だったがUXではできなかった)コンテンツの「まとめ買い」も可能に。

ツメスパなら1~12、13~24の前後半それぞれのパック、もしくは全部を収録したフルセット、
キャンペーンなら全体を3分割したボーナスシナリオセット1・2・3か、フルセットかという風に一括購入が可能となっている。
また、まとめ買いをすることで、「追加特典報酬」としてレアなスキルアイテムが追加でプレゼントされるオマケつき。

まとめ買いで追加特典を頂けることは全くもって構わないのだけど、その仕様には少々意見あり。
フルセットを購入した場合には「フルセット用の特典」と、「分割パックそれぞれの特典」が手に入るのだけれど、
分割パックを複数買って全部を揃えた場合には、かけた金額は同じなのにこっちはフルセット特典をくれないという点。
いちど各分割パックを買ってしまったら取り返しがつかない上に揃ったら買い直しもできないんだし、
「一定数揃ったら追加特典報酬」でえーじゃんって。



>> [記事の全文を表示]

スポンサーサイト
タグ : ゲーム感想

スパロボBX プレイ後感想 : BGM / 音関係について。

 2015-09-26
edit
スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード) スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

スーパーロボット大戦BX|公式サイト






前のクリア感想記事でも書いたように、今作BXを支える大きな魅力が音関係。
前作UXでもかなりの進歩を見せていたと思ったけども、今回はさらに一新、さらに飛躍したクオリティに。

「君の中の英雄」の前奏などに顕著な音の透明感や、「ガリアン・ワールド」のコダワリの間奏、
サビの盛り上がりがすばらしい「守護神」や共演のSKLともマッチする「感じてKnight」、
通常版とTVverの両方を収録していた「YOU GET TO BURNING」や「ドリーム・シフト」など、挙げれば枚挙に暇がないくらい。

前作ではマークザインのshort版などを戦闘BGMに設定できなくて残念だったが、その不満改善要望点に応えたのか、
今回はユニコーンや前述の二曲などは各版をそれぞれBGM設定可能になっていたのもまた嬉しいところ。


また、UXでは実装されず遅れていた「BGM / SE / VOICE」の項目別の音量設定が可能になったことも大きい。
前作ではSEやボイスの音質のイマイチさと、音量バランスの悪さで、せっかくの曲を楽しもうにも耳が痛くてしょうがなかったが、
個別に調整できるようになったことで、不都合・不便なく耳で楽しむことができるようになったのはありがたい。



と、基本的には改善点や良いところが多い音関係だが、一部の仕様には不満もある。
前作では機体の形態別に異なる曲を設定することができたが、今回は一方を変えれば一方も勝手に変更されてしまう。
これによりどうなるかというと、例えばSKLなら単独では「The Eternal Soldiers」、ウイングクロス後なら「LEGEND OF KAISER」、
ユニコーンなら通常時は「UNICORN」、デストロイモード時は「RX-0」で別にしたくても、それができないのである。
これは当該ユニットを使う際には気分に大きく関わる部分なので、気を利かせたつもりならば余計と言わざるを得ない。

また、よりによって歌が重要なマクロス関係のイベントで音楽が流れなくなる無音バグ(再現性・高)も多数声が上がっているので、
これら二つの点ほか特定箇所で高確率に発生するフリーズバグなどの修正を兼ねた改善データ配信でもして欲しいところだ。




BGMのクオリティなどは全く文句なく聞き惚れるレベルになっているので、
後はまた、作品の回を重ねるごとに、システム周りの改善もこれまで同様に進めていってほしい。
そして「君の中の英雄」を聴くたびに涙がにじむ体質になってしまったので、責任をとって俺を嫁に貰ってほしい。









タグ : ゲーム感想

『スーパーロボット大戦BX』クリアしました。

 2015-09-26
edit
スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード) スーパーロボット大戦BX [オンラインコード]

スーパーロボット大戦BX|公式サイト





というわけで、プレイしてました、クリアしましたスパロボBX。
前半はまれにみるハイペースでのプレイののち突如として再度モチベーションが燃え上がったドラクエ10へと浮気、
DQ10Ver.2シナリオクリアと、ついでにモバロボ部隊戦を終え、その間にもちびちび進めていたBXを一気に終わらせたのが現在。
何のかんので、結局いつものように一周一ヶ月ペースになってしまった。




それにしてもまあ、こんだけ未来への希望を燃やす健やかなスパロボというのも珍しいのではなかろうかという今回。
はっちゃけたスパロボの後は地味になりがちだけど、UXの後である今作は丁寧で落ち着いた話運びを基調にしながらも、
随所に知っているものなら嬉しい遊び心を潜ませたり、ところどころの最大瞬間風速がすさまじい快作でした。

クロスオーバーのまとまりと流れを重視しているがゆえの「ここは大盛り上がりを演出する前の一拍タメが欲しかった」
「流れに交じり切れてないがゆえに埋没しながらも逆に浮いてある意味では目立つ勢力がある」
「もう少し文量を盛って/分量を割いて一方から一方への見解や想いの裡を書いてほしかった」部分もあれど、
親から子、古代から現代へといった、世代から世代へ受け継がれるもの、異世界や異文明、異種と異種、
異なるものどうしの融和など、テーマの統一感によるまとまりと流れを重視したシナリオの読後感は良好。


また今回を語る上で外せないのが、前作までとは一新され、クオリティがさらに跳ね上がったBGMの数々。
音量のBGM/SE/VOICEの個別調整も実装されて、耳で楽しむに不都合が無くなったことも大きい。

中でもやはり、曲名にしてステージタイトルにもなっている「君の中の英雄」は、何を置いてもまず語らなければならない。
フリットのテーマでありAGEのテーマであり、ひいてはBXそのもののテーマでもあると、終わってみて胸に熱く沁みる次第。
誰もがみんな、胸の中に抱いている祈り、光、勇者、英雄のために心を焦がしながら戦っているのだ…

いやホンマ、BGMの力もあるだろうけど、41話で涙が出るくらいに心震わされた理由が自分でもわからない。
「君の中の英雄」はBXそのものを貫く要素であり、その下にそれまでの40話かけて積み重ねたものが結実していたから、
と分析のようなことはできるが、もはや理屈を越えたところに、自分のスパロボ歴はじまって以来の感動がそこにあった。


UXの時に続いて、今回も「これがある限り、まだまだスパロボの火は絶えない」と思わせてくれる一作。
そして、プレイヤーみんなの「君の中の英雄」を(概ね)毎回奮い立たせてくれるスパロボというのは、
やはり夢のような希望のゲームだ、という想いを新たにするのでありました。







タグ : ゲーム感想

【3DS】 プロジェクト クロスゾーン2 : 「ゼノブレイド」よりフィオルン、「FE覚醒」からクロム&ルキナ登場!

 2015-09-22
edit
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)


PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD|バンダイナムコゲームス公式サイト
『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』特設サイト|ファミ通




TGSイベントステージにて、サプライズ的に新たな参戦作品が特報として公開。









任天堂のゼノブレイドよりフィオルン(&おなじみゼノサーガKOS-MOSとのコンビ)、
ファイアーエムブレム覚醒より、クロム&ルキナの親娘コンビユニットが参戦発表!
中継から聞こえてくる観客の歓声もすさまじさから驚きとよろこびのほどが理解できたとともに、
ゲストの声優:杉田智和(クロムとアクセル)の叫ぶ「無くはなかったーーーッ!!」という叫びには、魂から共感せざるを得ない。





amarecco0044.jpg amarecco0046.jpg



ステージでは森住Dによる実演プレイも披露。
フィオルン&コスモスの援護技「スペルブレード」ほか、クロルキ親娘の通常技&必殺技などを見ることができた。

KOS-MOSの恒例となっている味方の技借用は、今回フィオルンにもあるのか気になるところ。
具体的にはワイルドダウンとか、人の世に!生まれし頃より!戦道!とか。
特報映像で使用しているのは複数必殺技なので、単体版を楽しみにしたい。

またクロム&ルキナは、FE覚醒ゲーム中に登場していた武器種&武器を次々に持ち替えての、
見て賑やか、目に楽しいバリエーション豊かなコンビ攻撃を次々に披露。しかしまさかルキナが今回の狐主封霊担当だとは。









また、全体的な登場キャラクターたちの戦闘模様を中心としたTGS特別映像も公開中。





>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム情報 3DS

【3DS】 プロジェクト クロスゾーン2 : せがた三四郎など新登場キャラほか、OP&EDテーマ情報など公開。

 2015-09-13
edit
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)


PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD|バンダイナムコゲームス公式サイト
『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』特設サイト





> 『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』せがた三四郎など新登場キャラクター続々、『TOV』ザギ、『.hack//G.U.』葬炎のカイトなども!? - ファミ通.com




11月12日発売のプロジェクトクロスゾーン2。
ナムカプから10年ぶりに零児&小牟を主人公として送られる今作について、新たな情報が公開。
今作からの新登場キャラや、前作からの続投、ほかライバルキャラや、OP&EDテーマソングについてなどなど。






▼ キャラクター

前作PXZに続いて、エンドオブエタニティの三人組が参戦。
ただし前回とは組み合わせが変わり、ゼファーとヴァシュロンがペアに、リーンベルはソロユニットになっている。
今回は通称「リア充爆破した」必殺技はやらないのだろうか。


ほかソロユニットではおなじみ三島平八や、ナムカプぶり(?)となるキャプテンコマンドー、
新規にスターグラディエーターから登場するほか、何と言っても驚きなのがせがた三四郎の参戦。
いちおうゲームも出ているものの、ストライクゾーンギリギリを突く変化球のような剛速球のような、もちろん声は「藤岡弘、」氏。






▼ オープニング&エンディングテーマ


OP 『世界は一つの舞台』
ED 『月灯りのカーテンコール』


二曲ともに、作曲は古代祐三氏、作詞はディレクター&シナリオ担当である森住惣一郎氏。
ナムカプと同じ布陣であり、さらにはその曲名からはナムカプのテーマを強く意識せざるを得ない。


「すばらしき新世界」と
「世界は一つの舞台」、


「いつかきっと、月の下で」と
「月灯りのカーテンコール」、


そして小牟の台詞である、「世界はつながっておるんじゃ。いつかきっと、月の下でな」の全てが渾然一体となって、
ナムカプからの10年を凝縮したようなタイトル。最強にだるかったけど最高に面白かったナムカプの、
いろんなキャラクターがモリズミックワールド解釈描写されて、そのみんなの前に立って引率していた零児らはやっぱりその顔で、
彼らの活躍と、その締めくくりを表した「月の下」の「一つの世界」を今もって忘れず外さずいてくれることのな… このな…

10年前のデビューから少しずつ、されど着実に印象的に出番を繋いで、10年越しのメインストーリー主人公、
そしてこのタイトルときて、キャラクター自身もここまで見てきた自分たちの思い出も大事に大事にしてくれてるような感じがして、
本当に胸に迫るものがある。まさかここまでナムカプへの思い入れが強かったとは自分でも思わなかったが、
テーマソングそのものを聞く前から、タイトルだけで嬉しさで涙が出る始末である。



というわけで、せがた三四郎の参戦というサプライズなネタよりも何よりもそれよりも、
ただ曲名と作詞作曲が公開されたに過ぎないOP&EDテーマの方が個人的には大きなニュースだった今回でした。



  

>> [記事の全文を表示]

タグ :
| ブログTOPへ戻る |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。