次のページへ



TMZ2さんから 同人誌『第一次スーパーロボットコメンタリー』 を頂きました。

 2014-12-28
edit
B5sNPWNCYAE1thO.jpg  B5sNPyGCYAEAu9K.jpg


今年も完売御礼!C87参加レポ | スパロボをこよなく愛するTMZ2のブログ
http://ggglove.jugem.jp/?eid=3099


今年のコミケ/C87の1日目にサークル『TMZ2出版』として参加されていたTMZ2さんから、
頒布新刊『第一次スーパーロボットコメンタリー』をいただきました。

まあ『いただいた』とはいっても、
郵便送達&振込でやりとりをして事前に買わせてもらったという話で、
表現に正確を期するなら『事前に通販させていただいた』というのが適切なのですが。
22日発送の25日着。 事前に貰っといて、告知広報にもならないタイミングで紹介するたあどういう了見なのか。
はい、反省します。







PC283334.jpg  "スパロボ風"表紙集合絵もポイント。


去年にTMZさんが制作された『はじめてのスパロボ』と並べて。
前作『はじスパ』は「これからの人のための入門書」&「シリーズの歴史をイチから最新まで振り返る」というもの。

本作『第一次スーパーロボットコメンタリー』は、後者の要素をより拡充。シリーズの一作一作の概要や背景をより細かく解説し、
また普段ブログでなされているような、個々の参戦作品ごとの物語上のポジションや使用感についての感想といった形で、
シリーズのうち初代から旧シリーズ、コンパクトや64までについてを紹介していく一冊。別の目安でいうと「αより前」まで。

ゆえに『第一次』で以下続刊なのだけれど、『第二次(仮)』となる次からは参戦作品数が激増していくため、
それを一つ一つ書く労力を思うと、自分の事でもないのに身体が震えてきそうである。
毎日ブログ更新してるTMZさんのコツコツと重ねる継続力と執筆力に頭が下がる思い。


一作品一作品で異なる参戦作品の紹介や運用をひとつひとつつぶさに、
偏りを感じさせない公平な語り口、しかしあるあるネタやユーモアを忘れずに書き表していて、
当時を知らない人でも、その空気とリアリティを追体験しつつ読み進めていける濃厚な一冊。

"そうそう、「ウィンキーバランス」は有名ではあるけど全部が狂っていたわけではなく、
F完が飛びぬけてインフレしてたけどFは割と均衡のとれた内容だったよね"というのが自分的MOST頷きポイント。

SNS全盛で「自分の感じたことをアーカイブ的に残しておく」ことがさほど重視されなくなってきた感のある昨今。
流れるに任せるのではなく、感じたこと思ったこと考えたことを個々人が書き表し書き残し書き貯め、
それを振り返り、またヒトの書いたものを目にする楽しみを改めて思い出させてくれたような気がします。


委託の予定はないものの、今後のイベント参加時には既刊として頒布することも検討されているようなので、
手に取る機会のある方、シリーズファンの方には是非ともオススメしたい。



>> [記事の全文を表示]

タグ :

3DS版 ファイナルファンタジー : クリア後の全体的な細かい感想あれこれ。

 2014-12-25
edit
B5TGn53CUAIrT_u.jpg





前の記事で言った通り、感想の大枠&細かい部分を改めて書くの巻。
「そのうち」とか言っていると絶対に先延ばしに延ばしたまま放置すること間違いなしなので、感覚が新鮮なうちになんとか。
リメイク版全体に共通する話と、本3DS版に対する話が混在しているけども、まあ適当に切り分けてください。
大枠の感想を前記事から流用しつつ、細かい部分を付け加える形で。




▼ 大まかに。


自分が前にプレイしたのはまだ魔法回数制の頃で、
MP制への変更ほか、様々な部分が刷新されたバージョンは今回が初プレイとなるので、新鮮な気分で楽しめた感じ。

ステータス数値が戦闘力へ影響する度合が強くなり、
味方が全体的に強化されているので、難易度としては回数制の頃より大きく低下。
しかし、あの頃の氷の洞窟の地獄を今も味わうよりこんくらいでいいんじゃねーの、って気もする。
魔法が使いどころを考えるという次元ですらなく、ポーション99個を大量保持して乗り切ってた時代を美化してはいけない。


ただ、ザコ相手なら軽く蹴散らせる今の按配でいいとしても、本編ボスの手応えが少々弱いのは改善の余地ありと思える。
主力にヘイスト(攻撃回数+)とストライ(攻撃力+)を振って何回か殴ればあっけなくKOというばかりなのは少々味気ない。
「本編ボスはもう少しHPを増やす」か、「ストライやインジビプロテスによる強化には回数上限を設け、それ前提でボス調整」か、
そういったボス向けの調整があればなお良かったと思う。 味方強化の方向性は良いので、それを維持して活かしつつ、
特に後者の例のように大味すぎる部分を抑えれば実に俺好みの戦闘バランスになる、そんな気がする。するだけ。


とはいえ、この辺の戦闘バランスについては今の仕様の元になったGBA版の頃からの話だし、
PSP、スマホ版、そして今回の3DS版となっても変わっていないことなので、
内容がほぼ単純移植の範囲に収まる限りは今後も刷新されることはなさそうだ。

「オリジナル版の方がいい!」という人もいるので、
ヨソのリメイク作品のように「オリジナルモード/アレンジモード」としてそれぞれ収録、
FC・PS・WS・アプリ版のシステムとGBA・PSP・3DS版のシステムでゲームモードを切り替えられるようにする…
という発想もアリだと思うけど、そんな手間をかけることもしないだろうし。



閑話休題、「PSP版と同等の内容である」というのは良いことであると同時に、
「PSP版と同じのままでしかない」ということでもあるで、PSP版をプレイして充分だったという人には物足りないかも。
しかし、単品配信はそう高くはならないだろうし、DLソフトとして手軽にプレイできるので、個人的にはオススメ度・高。
単独配信が始まったら是非とも。




>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

3DS版 『 ファイナルファンタジー 』 、(ひとまず) クリアしました。

 2014-12-23
edit
FF1C1.jpg  FF1C2.jpg


WS版、PS版や携帯アプリ版、
GBA版やPSP版にスマホ版と来て、
このたび3DS版として登場したFF1をプレイすることおよそ17時間。

追加要素分をまだ残しながらも、ラスボスを倒し一応のゲームクリアまで辿り着きました。
最後の一撃は白魔道士がマサムネでカオスの首を刎ねて終了。


注意としては、ラスボス後にセーブ可能なクリアデータ。
これをロードすると、ラスボス直前から再開とか、次周回を選べるとか、そういうものはなく、
問答無用でニューゲームが始まってしまうので、クリア直前データで追加ダンジョンを攻略したいという人は、
間違っても既存データに上書きしてしまわないように注意されたし。

また、最終セーブ可能な地点はラストダンジョンに入る前のフィールドなので、
ラスダンで入手したものについては、一度脱出してセーブしないままクリアしたら再度入手し直しとなるのも注意。
私はこれでマサムネを取り直しに入りました。 まあ、さほど手間はかからないからいいっちゃいいんだけど。



そして気になっていた追加要素について。
GBA版で追加された、地水火風の各カオス討伐後の4つの追加ダンジョンに加え、
PSP版でさらに追加された、ラストダンジョンと同タイミングで入れるようになる時の迷宮の存在も確認。
すなわち今回の3DS版は、PSP版と同等の内容+立体視・二画面調整の、リメイク版としては現状最豪華版と言っていいか。

とはいえ、「PSP版と同等の内容である」というのは良いことであると同時に、
「PSP版と同じのままでしかない」ということでもあるで、PSP版をプレイして充分だったという人には物足りないかも。
しかし、単品配信はそう高くはならないだろうし、DLソフトとして手軽にプレイできるので、個人的にはオススメ度・高。



>> [記事の全文を表示]

タグ :

3DS版『ファイナルファンタジー』をプレイしています。

 2014-12-21
edit
B5TGn53CUAIrT_u.jpg



しています。
現在プレイ時間4時間くらい、ようやっとアストスを倒して外海へ出られるようになった辺り。


『FFEX』こと『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』、
その初回生産分に期間限定で付属している3DS版FF1がどうしてもプレイしたくなって勢いのまま購入してまいりました。
とは言ってもこの3DS版FF1、来月にはeSHOPにおいて単品販売の予定ありとのことなので、今買う必要は全くないのですが。
どうしても今やりたくなって我慢できなかったのだからしょうがない。

肝心のFFEX本体は放置中だが、買った以上はいずれやらねばなるまい。





(※クリア後のお話はこちら)

3DS版 『 ファイナルファンタジー 』 、(ひとまず) クリアしました。|のこのこや
http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1675.html

3DS版 ファイナルファンタジー : クリア後の全体的な細かい感想あれこれ。|のこのこや
http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1676.html






>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

【3DS】 ロストヒーローズ2 : 公式サイト更新。∀ガンダムなど新登場キャラ、およびシステム紹介など。

 2014-12-19
edit


 

◇ロストヒーローズ2 | バンダイナムコゲームス公式サイト
◇コンパチヒーローシリーズ ポータル | バンダイナムコゲームス公式サイト




発売の待ち遠しいロストヒーローズ2。
今週の雑誌情報&公式サイト更新にて、どどっと大量に情報が公開。
新参戦キャラからシステム紹介、限定版の収録曲の残り紹介まで様々。



▼ キャラクター

  • ウルトラ
     ・ウルトラマン レオ new!!
     ・ウルトラマン メビウス

  • ライダー
     ・仮面ライダー オーズ
     ・仮面ライダー W 

  • ガンダム
     ・∀ガンダム new!!
     ・ゴッドガンダム


ウルトラマンレオと∀ガンダムが新規キャラとして、そしてその他が続投キャラとして今週公開。
ボルジャーノンやカプルやフラットの姿から確実視されていた∀だけども、正式公開で一安心。
レオは既にPVに出演していたが、改めての紹介。


他にはサブ・アシストキャラとして「アストラ」「仮面ライダーなでしこ」「ライジングガンダム」が新たに公開されているほか、
画面写真にはビギナ・ギナやカプルが写っているのもあるので、彼女(?)らもアシストで使えそうな気配。
またビギナ・ギナの後ろの辺りにウルトラセブンっぽい頭部が見えているので、もしそうならばセブンも続投だろうか。
ガンダムで言えばゼータやウイングゼロなどはどうなるのか、気になるところだ。





▼ 限定版:プレミアムエディション

また、今回のキャラクター紹介追加と同時に、限定版収録の曲目についても更新。
上記のキャラクターの担当曲が追加され、全20曲が出揃った模様。





▼ システム紹介

 ・チップ&フォース
 ・スキルツリー
 ・ステータス
 ・装備強化


今回の更新で、大幅に追加された部分。
とはいえ前作とほぼ共通の内容を一括して載せただけのようなものなので、新たな材料というのは少ないが。


個人的な注目ポイントとしては、ステータス画面の項目。
前作では「間接攻撃」「間接防御」といった名前だったステータスが「EN攻撃」「EN防御」と改められているほか、
前作では「腕力」「技術」「気力」「集中」「速度」「精神」「運」と、雑多も雑多だったステータス項目が、
今作では「技術」「精神」「速度」「運」とざっくりごっそり削られシェイプアップしている点。
ゴチャゴチャしていたところで良いことはないと思っているので、これは良い感じ。





  

タグ : 3DS ゲーム情報

第三次スパロボZ 天獄篇 : 公式サイト更新&予約受付開始中。 次回更新は1月8日。

 2014-12-18
edit
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 (初回生産限定 「第3次スーパーロボット大戦Z 連獄篇」をダウンロード出来るプロダクトコード 同梱)

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇|公式サイト
http://srw-z3-tengoku.suparobo.jp/



来年4月2日発売のスパロボZ3天獄篇、
ほぼPV掲載のみの仮オープン状態だった公式サイトが本格稼働開始。
ABOUT(商品概要)とキャラクター(参戦作品など)が公開されている。


現状で公開されている戦闘画面のスクリーンショットは主にPV第一弾の内容のものだが、
その一瞬一瞬のアングルやポージングを確認し直すのもいいかもしれない。


個人的な注目ポイントとしては、
「クアンタの動き、劇場版にはない演出だけど、なんかセブンソードっぽいな…」とPVを見て思っていたら、
「本当に武装名からしてセブンソード・コンビネーションじゃねーか!」 と公式サイトを見て思わずツッコんだ辺り。
半独自攻撃までひねり出してくれるのなら、時獄篇で地味だったダブルオー勢の最終決戦仕様も今回は期待できそうだ。

というか、真ゲッターは「トマホーク・コンビネーション」だし、
マジンガーは「ロケットパンチ・コンビネーション」だし、「コンビネーション武装多いな!」というのも一つのツッコミどころ。
これは「武装一斉攻撃」だの「一斉射撃」だの味も素気もない武装名になっていた種ガンダムズにも注目。



そして次回更新は来年の1月8日予定との告知もあり。
こうして目安を付けやすくしてくれるのは有難いので、これからもお願いしたいところだ。




  


予約受付も開始中。



タグ : スパロボ情報

Zシリーズ最終作『第三次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』、4月2日発売決定!

 2014-12-12
edit



第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇
http://srw-z3-tengoku.suparobo.jp/



というわけでフリから外さず、大方の予想から外れず、シリーズ最終作『Z3天獄篇』発売決定!
発売は4月2日で、機種はPS3/Vitaのマルチ展開。よかったVitaは外されてないぞ。

また、初回限定特典として、前篇『時獄篇』と後篇『天獄篇』の間をつなぐ、
『連獄篇』なる外伝シナリオのダウンロードコードが封入される予定とのこと。
セツコやクロウを中心としたオリジナルストーリーで、全15話ほどだとか。
ランドも出るには出るようだが、言葉の濁されぶりが少々不穏である。
単品販売は無いようなので、入手には天獄の早期購入は必須。







▼ 新規参戦
 ・装甲騎兵ボトムズ 幻影編
 ・装甲騎兵ボトムズ 孤影、再び
 ・トップをねらえ2!
 ・フルメタル・パニック (原作小説版)
 ・ヱヴァンゲリオン 新劇場版:Q
 ・翠星のガルガンティア



▼ 復活参戦
 ・無敵超人ザンボット3
 ・無敵鋼人ダイターン3
 ・機動新世紀ガンダムX
 ・∀ガンダム
 ・創星のアクエリオン



参戦作品については、全部書き出すのが面倒なので新規・復活を記述。
このようになっており、形としては前篇から約10作品もの追加となっている(ほとんどが続編・関連作だけど)
ガルガンティアのこのタイミングでの出演と、エウレカやキングゲイナーなどのバッサリカットは少々意外。
プルトゥエルブのプルというのは何のことなのか、とても気になるところですね。

他に気になる内容としては、


  • PS3版の操作性は、左スティックを十字キー同様に使えるなど改善。
  • いわゆるカスタムサウンドトラック機能によるBGM設定は、武器ごとに可能に。
  • ガルガンティアのチェインバー(&レド)や、トップ2組は早めの加入
  • ノノは気力が上がるとバスターマシン7号として出撃(変身?)できる



などと言ったあたりか。思い出し次第追記。



『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』寺田貴信プロデューサーインタビュー - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201412/13067723.html

電撃 - 『第3次スパロボZ 天獄篇』4月2日発売決定。『Z』完結を迎えた寺田プロデューサーの心境は?
http://dengekionline.com/elem/000/000/971/971125/

また、ゲームニュースサイトにて、寺田Pのインタビューが掲載。
ファミ通は今作の内容について通り一遍、電撃の方はシリーズ自体の成り立ちから辿って濃く送る内容になっている。



今回のPVで印象に残ったのは、復活したダイターンやザンボットの異様なまでの格好よさ、
Zのロングサーベルの美しさ、どう見ても見たことのない動きをするクアンタ、頭身の上がった∀、
今回の性能(主にサテライトキャノン)が気になるDXなどなど。

離脱組を偲びつつ、発売を楽しみにしたい。












タグ : スパロボ情報

MH4G プレイ記録 : エピソードクエスト第5弾 『 彼女たちの真剣勝負 』 配信開始。

 2014-12-12
edit

モンスターハンター4G

CAPCOM:モンスターハンター4G 公式サイト
モンスターハンター4G | 公式Webマニュアル
モンスターハンター4G|ダウンロードコンテンツ


◆ 進行度 ◆
旅団クエスト : ほぼ終了
ハンターランク : 200
古文書解読 : 終




本日12月12日配信のエピソードクエスト、
三人の看板娘の意地の張り合いに巻き込まれる第五弾。


三人娘の競うアレとは何なのかはさておき、
そんなことよりもようやくG級のリオレイア希少種と戦えるというのが最大のポイントな今回。
銀旦那やG級ミラボレアスやダラ原種はまだか。




>> [記事の全文を表示]

タグ :
| ブログTOPへ戻る | 古いページへ

ブログパーツ