次のページへ



3DS『モンスターハンター4G』、2014年秋発売決定! 4からのデータ引継ぎもアリ。

 2014-01-26
edit
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/4G/
CAPCOM:モンスターハンター4G 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/4G/





1月26日の「モンスターハンターフェスタ’13 決勝大会」にて、MH4Gの発売が電撃発表。
発売は今年、2014年秋となる予定で、MH4のセーブデータが"ほぼ"引き継げるとのこと。





3DS『モンスターハンター4G』 制作決定発表映像 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?f&v=QxFcG3Zsdm8


また、製作決定映像も同時に公開。
映像の最後の方には砂漠らしきMAPの様子が映し出されている。


「もう出るのかー、早いなあ」と一瞬思ったものの、過去のペースを見返してみればそうでもなかった。
MH→Gが8か月、MHP2→P2Gが1年1ヶ月、MH3→MH3Gとすると2年ちょい、MHP3→MH3Gと考えると1年間隔なので、
昨年9月の無印4発売から、今年秋(10月か11月か)の4G発売というのは、ペースとしては妥当だった。
MH4自体が3からちょっと空いたのと、13年春から13年夏(9月)まで延期したこともあるかもしれない。

砂漠的な新MAPが追加っぽいので、ディアブロスほか砂漠的なモンスターの復活や新規もありそう。
テオに対するナナや、ほか素材交換にしか名前のないモンスター系の復活も期待。
あとは樹海周りやチャージアックスの調整などの望みも込めたい。



タグ : ゲーム情報 3DS MH4G

第三次スパロボZ 時獄篇 : 公式サイトシステムページ更新。タッグやコンボの詳細掲載。

 2014-01-24
edit
http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/


スパロボZ3時獄篇、木曜日のファミ通記事公開に続き、
金曜日には同ゲームシステム情報がより詳しい内容とともに公式サイトにも掲載。
公式サイトへの追加にもやたらと時間がかかっていた昔に比べ、最近は手早くなったもんだ。

内容としては、「タッグバトル」「タッグコマンド」「タクティカルコンボ」についてがより漏れなく…
というか、ファミ通では抜けがありすぎた分を補完した完全な情報として記載されている。こっちも最初誤記あったけど。



先日より補完されたものとしては、

 ・「残り援護攻撃回数でダメージUP」
  「サブのアシスト武器は全て移動攻撃」などは、センター攻撃もワイド攻撃のどちらにも適用される。
 ・ALL武器による全体攻撃は、隣接ユニットから援護を受けることができる。
 ・4つのタッグコマンドのほか、テンションMAX時に使える特別なコマンドは他にもある


といった辺り。

ALL攻撃に援護攻撃が可能になったことによって、
これまでに最強武器がALL属性だったユニットの不利がなくなるが、
「援護攻撃にALL武装が使えるか」までは一応まだ不確定ということで心の隅に留めておきたい。

また、連続行動≒マルチアクション等、4つの『タッグコマンド』以外にも、
タッグテンションMAX時に使えるコマンドがあるというのが朗報&気になる点。
キャラクター&ロボット固有のコマンドも割り振られたりするのだろうか?






第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (初回封入特典 スパロボシリーズ第1作目「スーパーロボット大戦」のHDリメイク版をダウンロード出来るプロダクトコード 同梱)第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (初回封入特典 スパロボシリーズ第1作目「スーパーロボット大戦」のHDリメイク版をダウンロード出来るプロダクトコード 同梱)

バンダイナムコゲームス 2014-04-10
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Amazon等にもパッケージが載り始めた。
ちなみに先日発表されたVita版のパッケージはまだ取扱いしていない模様。


タグ : スパロボ情報

"成歩堂三部作" 『逆転裁判123 成歩堂セレクション』が3DSで4月17日発売決定!

 2014-01-23
edit
http://www.capcom.co.jp/gyakutensaiban/123/

CAPCOM:逆転裁判123 成歩堂セレクション 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/gyakutensaiban/123/





昨年にはシリーズ最新作『5』が発売された逆転裁判。
その原点となる『成歩堂龍一』主人公の3部作が高解像度化・立体視対応の上で3DSにて発売決定。

『逆転裁判 蘇る逆転』『2』『3』の全14話を収録し、英語版へも切り替えが可能とのこと。
発売は4月17日で、価格は3,990円。また、限定版も発売予定。
そちらには描き下ろしパッケージと成歩堂・御剣が主人公の完全新作ドラマCDが付属する模様。



“成歩堂3部作”が高解像度グラフィック化! 『逆転裁判123 成歩堂セレクション』が2014年4月17日に発売決定
http://www.famitsu.com/news/201401/23046953.html



ちょうど昨年、5からシリーズに入り始めた自分にはちょうどいいところの1・2・3移植。
GBA→DSとかつては移植されてきたほか、Wiiウェアやスマホでも発売されてきたが、
やっぱり5からの流れでまとめてできるのは嬉しいところ。

しかし5では一応成歩堂主人公とはいえ、存在感としては王泥喜君が立派に主役していたし、
もういっそ4まで含めてくれてもよかったんじゃないかなあと思わなくもない。贅沢だろうか。




タグ : ゲーム情報 3DS

第三次スパロボZ 時獄篇 : 今回は2機編成。「タッグバトル」「タッグコマンド」など新システム公開!

 2014-01-23
edit
http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/



スパロボZ3時獄篇、Vitaパッケージ版発売の報に続き、
日付変更そうそうにシステム面の新情報が23日本日公開。
ファミ通WEBと雑誌本誌に掲載の模様。


『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』2機ひと組のチームで戦うタッグバトル・システム! - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201401/23046773.html


今回の目玉としては三つ、
戦闘や出撃に直結する編成要素「タッグバトルシステム」、
そのタッグバトルに関係し選択に幅を持たせる「タッグテンション/タッグコマンド」、
そして敵を連続で倒すことによって特典がある「タクティカルコンボ」など。

具体的なゲームの感触に関わるシステムの公開とくれば、俄然燃え上がらざるを得ない。


(※公式サイト更新後に修正)

>> [記事の全文を表示]

タグ : スパロボ情報

01/23のツイートまとめ (主に第三次Zについて)

 2014-01-23
edit

前回のツイートまとめ同様、
スパロボ情報公開からの勢いでトゥイッターで喋っていた内容のまとめ作成。
後日なにか書く記事の参考にするためのメモを兼ねて。



nokoya


RT @famitsu: 『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』2機ひと組のチームで戦うタッグバトル・システム! http://t.co/rYOrlJvEom
01-23 00:00

リ・ガズィMS形態確認とリゼル http://t.co/C9y1HcqBVz
01-23 00:02

キングキタンかっけぇぞ http://t.co/XdPBm2FqZc
01-23 00:03

ギスはヒートロッドの後にサーベル追撃すんのかね http://t.co/gdtLb7vsSS
01-23 00:05

>> [記事の全文を表示]

タグ :

第三次スパロボZ 時獄篇 : PS Vita版、パッケージ版も発売決定。

 2014-01-22
edit
http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
http://srw-z3-jigoku.suparobo.jp/



4月10日にPS3/Vitaの両機種で発売が決まっているスパロボZ3時獄篇。
Vita版は「容量の問題」などでダウンロード販売のみと当初はアナウンスされていたが、
このたびVita版のパッケージソフトでの発売が発表。


第3次Z時獄篇 PS Vitaパッケージ版発売のお知らせ | スパロボ公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」
http://blog.spalog.jp/?eid=863639


当初、PS Vita版の「第3次Z 時獄篇」は、容量等の事情から
ダウンロード版のみの発売を予定していたのですが……タイトル発表後、
「PS Vitaのパッケージ版も欲しい」という声が寄せられました。
そのこともあって、急遽検討を行い、ゲーム内容を削減することなく、
データを圧縮する算段がつきましたので、PS Vitaパッケージ版
「第3次Z 時獄篇」の発売を正式に発表させていただきます。


 というわけで、PS Vitaパッケージ版だけロボットやキャラクターの
数、音声データの数が少ないなどということはございませんので、ご安心下さい。

とのこと。


>> [記事の全文を表示]

タグ :

自分的3DSオススメソフト紹介@ 2013 : その3.スパロボUXほか編。

 2014-01-17
edit
セーフ!


13日過ぎたけどキャンペーン登録期限も18日まで延びたからセーフ!



まあ最初っから締切とか別にないんですけどね。

というわけでキャンペーンにかこつけたお気に入り・オススメソフト紹介の第三回にして最終回。
今回は任天堂以外のソフトメーカー作品について主に。
出来る限り1つごとの文章は短く行きたい。







▼ スーパーロボット大戦UX
スーパーロボット大戦UX スーパーロボット大戦W(特典無し)


長年続くスーパーロボット大戦シリーズ、
その中のいわゆる「携帯機シリーズ」の3DS最新作。
ぶっちゃけこれだけのためにここまで紹介書いてきた感ある。

シリーズの中でも抜群の完成度と評判を誇るシナリオと、
1機で戦うシングルと2機で組んで戦うパートナーとを使い分けるなど、
多少煩雑ではあるけどもだいぶやりやすくなってきたシステムなど、
「スパロボをやったことない人に進めるならまずこれ」と挙げられる一本。

「でもロボットとか知らないし」「知ってる作品が登場してないし」という方も大丈夫。
プレイすることで知っていけばいいんです。

一つも知らないなら逆に好都合、ふつうのゲームと同じように、
「スパロボUXという作品に登場するキャラクターたち」という形で触れていけばいいんです。

一つか二つしか知らない…という場合も、それはそれ、
「知ってるキャラクターや作品を中心にして馴染んでいく」感じでいいんです。

知ってる作品やキャラがあるからプレイするというのもアリだけど、
それ以上の「これまで知らなかった作品の魅力」「ひとつのゲームとしての楽しみ」も味わえるのがスパロボの醍醐味。
初めての人に、久しぶりの人に、熟練の人に、どの人にも声を大にして勧めたいのがこのスパロボUX。


ちなみに、DS作品ではあるけれど、数作前の「スパロボW」もオススメです。
UXと同等以上にシナリオが高評価な作品で、システム的にはUXよりもだいぶシンプルで簡単。
「はじめてのスパロボ」としては、UX以上に適した作品でもあるので、W→UXという順番でもいいかも。
なにより3DSにはDS互換もあるのですぐにでもプレイしやすい。ぜひご一考。



>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

DQ10プレイ記録 : 久方ぶりのプレイで冥王に再挑戦。そしてVer.2へ…

 2014-01-13
edit
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン
ドラゴンクエストX 公式プロモーションサイト
◆大型アップデート情報 バージョン2.0|目覚めし冒険者の広場
◆目覚めし冒険者の広場






追加ディスクを買ってはいたものの、なんとなく再開しあぐねていたDQ10。
そこでフォロワー兼フレンドの某氏(DQは10からという変則派)がDQシリーズを1からプレイし始め、
10も1年ぶりくらいに復帰したのを機に自分も再開、後半キーエンブレムなどにお付き合いしつつ、
まだ倒していなかった天魔に挑戦したり、まもの使いになったり、冥王に二度目のチャレンジを挑んだり、
そしてその勢いのままVer.2相当部分のレンダーシアに突入したりしていました。


というわけで久方ぶりのDQXプレイ日記。

  • まものつかいになりました。

  • 暴君 → 怪蟲 → 天魔とキーボス攻略。

  • ふくびきで初の2等、ドラゴンガイアコインGET。

  • 二度目にして本番、冥王ネルゲルに挑戦。

  • 勢い任せでレンダーシアへ。

並べてみるとこんなかんじ。






>> [記事の全文を表示]

タグ :
| ブログTOPへ戻る | 古いページへ

ブログパーツ