次のページへ



スポンサーサイト

 --------
edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今日から僕も冒険者。『ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD』を買ってきました。

 2017-03-14
edit
C64Erf4VAAAV7s0.jpg  C64Erf5V0AAARlk.jpg





というわけで:雄大な世界で繰り広げられるヒャッハー感にいても立ってもいられず買って参りました。

SNSでそれぞれの経験やノウハウ、エピソードを持ち寄ってワイワイしている「冒険者の酒場」感に惹き寄せられ、
同じ大地を冒険する、ひとつとして同じもののない冒険譚をそれぞれに秘める冒険者たちのひとりとなるべく遅参。
とりあえずどこまでも旅をしたい。



ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド | Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/zelda/



それにしてもこの公式サイト、
ムービーと商品基本情報以外ほぼ何もないという、もはや挑戦的ですらある姿勢がすごい。
「すべては己の目と手で確かめてみよ」と言われてるかのようだ。



















PVを見た後の「これは…なんかすげえぞ…」というワクワクに誘われるまま、
それ以上を叩きつけられる期待を求めてさあ開始だ。



>> [記事の全文を表示]

スポンサーサイト
タグ :

3DS版 ファイナルファンタジー : クリア後の全体的な細かい感想あれこれ。

 2014-12-25
edit
B5TGn53CUAIrT_u.jpg





前の記事で言った通り、感想の大枠&細かい部分を改めて書くの巻。
「そのうち」とか言っていると絶対に先延ばしに延ばしたまま放置すること間違いなしなので、感覚が新鮮なうちになんとか。
リメイク版全体に共通する話と、本3DS版に対する話が混在しているけども、まあ適当に切り分けてください。
大枠の感想を前記事から流用しつつ、細かい部分を付け加える形で。




▼ 大まかに。


自分が前にプレイしたのはまだ魔法回数制の頃で、
MP制への変更ほか、様々な部分が刷新されたバージョンは今回が初プレイとなるので、新鮮な気分で楽しめた感じ。

ステータス数値が戦闘力へ影響する度合が強くなり、
味方が全体的に強化されているので、難易度としては回数制の頃より大きく低下。
しかし、あの頃の氷の洞窟の地獄を今も味わうよりこんくらいでいいんじゃねーの、って気もする。
魔法が使いどころを考えるという次元ですらなく、ポーション99個を大量保持して乗り切ってた時代を美化してはいけない。


ただ、ザコ相手なら軽く蹴散らせる今の按配でいいとしても、本編ボスの手応えが少々弱いのは改善の余地ありと思える。
主力にヘイスト(攻撃回数+)とストライ(攻撃力+)を振って何回か殴ればあっけなくKOというばかりなのは少々味気ない。
「本編ボスはもう少しHPを増やす」か、「ストライやインジビプロテスによる強化には回数上限を設け、それ前提でボス調整」か、
そういったボス向けの調整があればなお良かったと思う。 味方強化の方向性は良いので、それを維持して活かしつつ、
特に後者の例のように大味すぎる部分を抑えれば実に俺好みの戦闘バランスになる、そんな気がする。するだけ。


とはいえ、この辺の戦闘バランスについては今の仕様の元になったGBA版の頃からの話だし、
PSP、スマホ版、そして今回の3DS版となっても変わっていないことなので、
内容がほぼ単純移植の範囲に収まる限りは今後も刷新されることはなさそうだ。

「オリジナル版の方がいい!」という人もいるので、
ヨソのリメイク作品のように「オリジナルモード/アレンジモード」としてそれぞれ収録、
FC・PS・WS・アプリ版のシステムとGBA・PSP・3DS版のシステムでゲームモードを切り替えられるようにする…
という発想もアリだと思うけど、そんな手間をかけることもしないだろうし。



閑話休題、「PSP版と同等の内容である」というのは良いことであると同時に、
「PSP版と同じのままでしかない」ということでもあるで、PSP版をプレイして充分だったという人には物足りないかも。
しかし、単品配信はそう高くはならないだろうし、DLソフトとして手軽にプレイできるので、個人的にはオススメ度・高。
単独配信が始まったら是非とも。




>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

3DS版 『 ファイナルファンタジー 』 、(ひとまず) クリアしました。

 2014-12-23
edit
FF1C1.jpg  FF1C2.jpg


WS版、PS版や携帯アプリ版、
GBA版やPSP版にスマホ版と来て、
このたび3DS版として登場したFF1をプレイすることおよそ17時間。

追加要素分をまだ残しながらも、ラスボスを倒し一応のゲームクリアまで辿り着きました。
最後の一撃は白魔道士がマサムネでカオスの首を刎ねて終了。


注意としては、ラスボス後にセーブ可能なクリアデータ。
これをロードすると、ラスボス直前から再開とか、次周回を選べるとか、そういうものはなく、
問答無用でニューゲームが始まってしまうので、クリア直前データで追加ダンジョンを攻略したいという人は、
間違っても既存データに上書きしてしまわないように注意されたし。

また、最終セーブ可能な地点はラストダンジョンに入る前のフィールドなので、
ラスダンで入手したものについては、一度脱出してセーブしないままクリアしたら再度入手し直しとなるのも注意。
私はこれでマサムネを取り直しに入りました。 まあ、さほど手間はかからないからいいっちゃいいんだけど。



そして気になっていた追加要素について。
GBA版で追加された、地水火風の各カオス討伐後の4つの追加ダンジョンに加え、
PSP版でさらに追加された、ラストダンジョンと同タイミングで入れるようになる時の迷宮の存在も確認。
すなわち今回の3DS版は、PSP版と同等の内容+立体視・二画面調整の、リメイク版としては現状最豪華版と言っていいか。

とはいえ、「PSP版と同等の内容である」というのは良いことであると同時に、
「PSP版と同じのままでしかない」ということでもあるで、PSP版をプレイして充分だったという人には物足りないかも。
しかし、単品配信はそう高くはならないだろうし、DLソフトとして手軽にプレイできるので、個人的にはオススメ度・高。



>> [記事の全文を表示]

タグ :

3DS版『ファイナルファンタジー』をプレイしています。

 2014-12-21
edit
B5TGn53CUAIrT_u.jpg



しています。
現在プレイ時間4時間くらい、ようやっとアストスを倒して外海へ出られるようになった辺り。


『FFEX』こと『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』、
その初回生産分に期間限定で付属している3DS版FF1がどうしてもプレイしたくなって勢いのまま購入してまいりました。
とは言ってもこの3DS版FF1、来月にはeSHOPにおいて単品販売の予定ありとのことなので、今買う必要は全くないのですが。
どうしても今やりたくなって我慢できなかったのだからしょうがない。

肝心のFFEX本体は放置中だが、買った以上はいずれやらねばなるまい。





(※クリア後のお話はこちら)

3DS版 『 ファイナルファンタジー 』 、(ひとまず) クリアしました。|のこのこや
http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1675.html

3DS版 ファイナルファンタジー : クリア後の全体的な細かい感想あれこれ。|のこのこや
http://nokonokoya.blog109.fc2.com/blog-entry-1676.html






>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

3DSダウンロードソフト 『魔神少女』 をプレイしています。

 2014-08-09
edit


ニンテンドー3DS 魔神少女
http://insidesystem.in.net/mjsj/


8月6日に配信開始の3DSDLソフト、『魔神少女』を現在プレイ中。

「INSIDE SYSTEM」なる国内のインディーズゲーム開発サークルが制作し、
『魔女と勇者』の3DS版販売や『ガンマンストーリー』の国内販売などを手掛けるフライハイワークスより発売中。

公式HPのストーリー説明は独自の用語が多くナカナカに頭痛がするような文面になっているものの、実際はいたってシンプル。
"魔神の少女"ジズーを操作し、奪われた魔法の鉱石"シェガー"を取り戻すために奔走するという内容で、
かわいらしいドット絵が魅力の2D横スクロールアクション、価格は400円と中々リーズナブル。
ロックマンとあと何かいくつかのゲームを足して割った感じというと分かりやすいか。ボスを倒したら新武器貰えるし。
例えを借りると、「ロックマン+グラディウス+魔界村/3」みたいなんだそうで。
確かにステージ中のパワーアップの仕方や敵の動きの覚え方はシューティングゲームっぽいところがある。


何度も繰り返しながらパターンを掴んでいく死に覚えゲーだけど、パターン自体は掴みやすいのと、
やられてもキャラ強化に使うポイントは減らないので、行こうと思えばキャラ強化からのゴリ押しで行けるのもいい塩梅。
またそれだけでなく、「無強化クリア」や「ノーダメージでボス撃破」などのいわゆる"実績"的な評価機能もあり、
やり込みを目指すモチベーションにも気を遣われているので、ライトにもヘビーにも楽しめそう。
豊富なオプションで自分好みの操作に変更できるのも良いトコロか。


自分的なプレイ上のポイントとしては、

・スキル強化は「最初はライフ底上げがオススメ」と書かれてるけどトレース(強化ポイント)入手量UPの方がいい
・基礎入手量を上げた方が、ステージ中でもインストール(パワーアップ)しやすくなるし、強化に使う累積入手量も増える
・試行錯誤しながら溜まったトレースでお好みの順で上げる


というあたり。
基礎ステータス強化に使う累積トレース数はステージを出ようがゲームオーバーになろうが使わない限り減らないので、
トレース入手量UPと残機UP(+ステージ開始時の初期ポイント増加)を上げてしまえれば、
探索してるだけでもどんどんトレースが溜まるしどんどん強化してどんどこ楽にしていける。

400円という値段相応以上には楽しめることを(多分)保証できるので、
この暑い夏、さらに手に汗握りたいACTゲーム好きにオススメ。かも。



タグ : ゲーム感想

シリーズ初体験、GBAソフト『メトロイドフュージョン』をプレイ&クリアしていました。

 2014-03-03
edit
http://www.nintendo.co.jp/nom/0303/32/  メトロイドフュージョン





ここ1週間ほど、GBAソフト『メトロイドフュージョンをプレイしていました。
GBAソフト実物ではなく、3DSの初期にアンバサダーソフトとして配信されたものを利用しての、シリーズ初体験。
終盤はボスにボッコボコにされながらも限りないリトライの果て、所要時間4時間20分アイテム収集率46%にてクリア。
体感上は10時間くらいやってた気がするけど、カウント上は意外に短かった。それくらい中身を濃く感じたということか。
体力エネルギータンクなど半分以下しか取れていなかったとか、道理でボスの攻撃が超痛いわけだよ!



>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

自分的3DSオススメソフト紹介@ 2013 : その3.スパロボUXほか編。

 2014-01-17
edit
セーフ!


13日過ぎたけどキャンペーン登録期限も18日まで延びたからセーフ!



まあ最初っから締切とか別にないんですけどね。

というわけでキャンペーンにかこつけたお気に入り・オススメソフト紹介の第三回にして最終回。
今回は任天堂以外のソフトメーカー作品について主に。
出来る限り1つごとの文章は短く行きたい。







▼ スーパーロボット大戦UX
スーパーロボット大戦UX スーパーロボット大戦W(特典無し)


長年続くスーパーロボット大戦シリーズ、
その中のいわゆる「携帯機シリーズ」の3DS最新作。
ぶっちゃけこれだけのためにここまで紹介書いてきた感ある。

シリーズの中でも抜群の完成度と評判を誇るシナリオと、
1機で戦うシングルと2機で組んで戦うパートナーとを使い分けるなど、
多少煩雑ではあるけどもだいぶやりやすくなってきたシステムなど、
「スパロボをやったことない人に進めるならまずこれ」と挙げられる一本。

「でもロボットとか知らないし」「知ってる作品が登場してないし」という方も大丈夫。
プレイすることで知っていけばいいんです。

一つも知らないなら逆に好都合、ふつうのゲームと同じように、
「スパロボUXという作品に登場するキャラクターたち」という形で触れていけばいいんです。

一つか二つしか知らない…という場合も、それはそれ、
「知ってるキャラクターや作品を中心にして馴染んでいく」感じでいいんです。

知ってる作品やキャラがあるからプレイするというのもアリだけど、
それ以上の「これまで知らなかった作品の魅力」「ひとつのゲームとしての楽しみ」も味わえるのがスパロボの醍醐味。
初めての人に、久しぶりの人に、熟練の人に、どの人にも声を大にして勧めたいのがこのスパロボUX。


ちなみに、DS作品ではあるけれど、数作前の「スパロボW」もオススメです。
UXと同等以上にシナリオが高評価な作品で、システム的にはUXよりもだいぶシンプルで簡単。
「はじめてのスパロボ」としては、UX以上に適した作品でもあるので、W→UXという順番でもいいかも。
なにより3DSにはDS互換もあるのですぐにでもプレイしやすい。ぜひご一考。



>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

自分的3DSオススメソフト紹介@ 2013 : その2. ほか任天堂タイトル編。

 2014-01-08
edit
http://www.nintendo.co.jp/mou1pon/index.html
ニンテンドー3DSソフト2本買うと“もれなく”もう1本プレゼントキャンペーン
http://www.nintendo.co.jp/mou1pon/index.html




キャンペーンにかこつけてオススメソフトをまとめてみよう作戦、頓挫寸前。
なにせこのキャンペーンが1月13日までなので期間残りあとわずか、無事に終わるだろうか。

前回はキャンペーンのプレゼントタイトル内から紹介したけれども、
今回はそれ以外の任天堂タイトルと一部その他から個人的オススメを抜粋。

記事題には2013とあるけども「2013年時点でのオススメソフト」というつもりだったので、発売年は限定しない方向。
てかもう2014年になっちゃってグダグダ気味だけど、まあまだ1月頭だしいいよね、うん。



  • スーパーマリオ3Dランド

  • マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー

  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

  • モンスターハンター3G




>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

自分的3DSオススメソフト紹介@2013:その1.任天堂キャンペーンタイトル編。

 2013-12-31
edit
http://www.nintendo.co.jp/mou1pon/index.html
ニンテンドー3DSソフト2本買うと“もれなく”もう1本プレゼントキャンペーン
http://www.nintendo.co.jp/mou1pon/index.html




10月から来年1月13日までを期間とし、
クラブニンテンドーに登録したソフト2本につき1本のプレゼント対象ソフトをDLできるというこのキャンペーン、
これにかこつけてまたオススメ3DSソフトのピックアップ紹介とかやんべ」…とか考えていたものの、
気付けば残りあと一月。 そろそろ始めねば、書きはじめる前にキャンペーンが終わってしまいそうな時期に。
ようやく重い腰を上げて開始することにしてみましたとさ。 何回まで続くかは未定。


というわけで第一回、まずはキャンペーンのプレゼントタイトルの中からオススメソフトの紹介。
14タイトルどれもだいたいは好評だけど、そのなかでも自分の手で勧めたいものをいくつか。




  • スターフォックス64 3D

  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

  • 新・光神話 パルテナの鏡

  • ファイアーエムブレム 覚醒

  • ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング

  • 新 絵心教室


具体的にはこれらのタイトル。
また個人的な縛りとして、1タイトルにつき5行くらいでまとめたいと思います。
そうしないといつまでも長々と書き続けて段々苦痛になるし読むほうも読みづらそうだし。
ていうか短くまとめた方が文章的にもマシなものができる気がする。
詳しい内容は公式サイトとか見てください。






>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想

『逆転裁判5』クリア! シリーズ初体験でも問題ないおもしろさでした。

 2013-08-20
edit

逆転裁判5

CAPCOM:逆転裁判5 公式サイト



先ごろにヤケ食いならぬヤケの衝動買いしてきたうちの一本、逆転裁判5、本編クリア完了。
「成歩堂のことは何となく知ってる」「1~3と違い4の主人公はオドロキ君」程度の予備知識でシリーズ初体験ながら、
おおよそ問題なく楽しめたと思います。 というか想像以上のハマリ力でこれからシリーズを遡っていきたい勢い。
まずは4、そしてその後に1~3じゃろうか。



以下よりとくに語りたい部分について。


>> [記事の全文を表示]

タグ : ゲーム感想 3DS

ピクミン3はじめました。

 2013-07-14
edit
790071481.jpg



てなわけで発売を迎えたピクミン3、この日曜よりプレイ中。
6時間ほどぶっ続けで遊び、現在ゲーム内日数にして11日目、ようやくアルフ・ブリトニー・チャーリーの3人が合流。

止め時を見失う…というより、疲れを感じ始めてもプレイを止めるという発想が出ないくらいに熱中していた現状、
ここまでゲームに没頭できるのはいつ以来だろうか。ピクミンパワーすげえ。



任天堂の宮本 茂氏に聞く,「ピクミン3」の魅力――「インタラクティブメディアは,“自分”が関わっていることが一番面白い」
宮本茂はどういうふうに構造をつくっていくのか。 - 樹の上の秘密基地 - ほぼ日刊イトイ新聞

こちらは発売に際して公開された対談企画やインタビュー。
非常に面白いので一読を是非オススメ。そのうち気になったところを引用とかしてみたい。とか言ってると大体しない。
4gamerはこういった非常に鋭いインタビューをしてくれるし、情報を得たい人にはオススメのサイトのひとつである。
国内のゲームサイトとしては某通などとかよりもよほど頼りになるし。





130714_2058~01 130714_2054~01

タイトル画面。ループごとに朝~夕で変わる。




>> [記事の全文を表示]

タグ :

プレイ後感想:あつめて!カービィ

 2011-11-01
edit
あつめて! カービィ
◆あつめて!カービィ
開発 HAL研究所
発売 任天堂
ジャンル 群体アクション
価格 3,800円(税込)
発売日 2011年8月4日
 ( 公式ページへ )

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





エピックミッキーとほぼ同時に購入し、クリアは先にしていたこの『あつめてカービィ』
ファーストインプレッション的な感想は既に先日書いたけど、プレイ後の感想をば改めて。
前回感想と大差ない部分はほぼ引用、その上でクリア後の意見を含めた総合的な感想を。
気付いたら星のカービィWiiまで発売してるという。







前にも言ったけど、
LEVEL1つ辺り10ステージ以上で全50以上のステージを収録し、中ボス&ボスもバラエティに富む大ボリューム、
そしてシリーズお馴染みながらも、やたら作りこまれ充実しているサブゲームのゲームも数々。

これが3,800円というのはやはり破格。




>> [記事の全文を表示]

| ブログTOPへ戻る | 古いページへ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。